3才までに一生分の親孝行

吉丸房江さんの「あのね だいじょうぶ だいじょうぶ」の中に、「子どもは生まれて3才までに、一生分の親孝行をしている」とあります。

子どもは3才くらいまでは、無邪気な様子で純粋に親を慕ってくれるので、親はその愛らしい笑顔に癒やされ、親になった喜びを存分に味わうことができるというのでしょう。

これに共感するところは大きいのですが、roboの場合は、かなり事情が違いました。むしろ3才までは1番大変な時期で、子育てを楽しめる余裕などまるでありませんでした。何かと言っては泣きわめきますし、抱いても反り返るし、機嫌が良ければ、すぐどこかに消えてしまうし、家の中でも絶え間なく動き回り、手の届く範囲の物は全て触ろうとしていました。

ですから、生まれてから3才までに一生分の親孝行をroboからしてもらったとは、とても思えません。

強いて言えば、一生分の親孝行の時期は今なのかもしれないと思うことがあります。泣きわめくことも、どこかに消えていなくなることもありません。しかも、今のroboは無邪気な様子で親を純粋に慕っていると言えるかもしれません。

今のroboは精神的に成長して来ただけに、かかわりやすいですし、小学校の頃ほどは手もかかりませんから、今なら私も純粋にroboの良さだけを受け取ることが出来る気がします。また、3年間限定というのもわかる気がします。ずっとこのまま「お母さん!お母さん!」と私に付いて来るとも思えないからです。

学校の最寄り駅までの送迎も大変ですが、今だけだと思うと楽しくもあります。毎朝、roboがまだぶかぶかの制服を着て、てくてく学校に向かって歩いて行くのを見送るのも、充実した時間です。

ところで、昨年は何かと慌ただしくて、クリスマスツリー🎄を飾ることが出来ませんでしたが、今年は飾る予定です。しかも、今年はツリーの飾りを全て一新して、今までとは少し違ったツリーにしようと思っています。

すでに、飾り付けるオーナメントは、セリア(100均)で買って来ました。ツリー以外も飾るクリスマス・コーナーを作るのを、roboは毎年楽しみにしています。

こんなことを一緒に楽しんでいられるのも、今時期だけだと思います。一生分の親孝行をする時期はその子によって違うのだな、と思ったりする今日この頃です。

セリアで買って来たオーナメント達です🎅
e0365597_16085374.jpg


いつもブログの訪問を本当にありがとうございます🎄

ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると、日々の励みになります🍀
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
by robo223 | 2017-11-18 07:52