ギフテッドの後頭部と前頭部

私は少し前の記事に、今roboについて困っている点は、主に3点だと書かせていただきました。それは「実行機能の問題」「感覚過敏の問題」「感情コントロールの問題」です。そして、これらの問題は、主にギフテッドの特性に起因しているのではないかということも別の記事に書かせていただきました。

このことについて、大変参考になる英語の記事「ギフテッドの行動マネージメント」をあーちゃんママさんが丁寧かつ分かりやすい日本語に訳して下さいました。あーちゃんの大学受験でお忙しいところ、本当にありがとうございます。

まず、何より私が感動したのは、ギフテッドの人の脳が、なぜ、このような問題行動を引き起こしているのかということがはっきり分かった点です。

脳は次のような役割を担っているそうです。
脳の後頭部の機能=刺激と感情の知覚
脳の前頭葉の機能=実行機能(感情コントロール、行動や学習を促進する役目)

しかし、「幼年期の段階では、脳の前部は後部にはかなわない。後部からの情報に溢れ効率的に管理できない。」そうです。

そして、「この状態は、ギフテッドの脳では、もっと極端である。高度に効率の良いギフテッドの脳の後部は、子供の内面的・外面的な環境における情報を絶え間なく前部(前頭葉)へ送り込み、刺激攻めにしている。」ということでした。

私はこれを読んで、roboのアンバランスな行動(頭では理解しているけれど、感情や行動が制御不能)の原因がはっきり分かりました。感覚過敏、知的好奇心や知的理解力のわりに振るわぬ学業成績、感情コントロール不全などがなぜ起こるのか分かったのです。

さらに、続きの記事には具体的な行動マネージメントの方法を訳してして下さっていましたが、それは、私が今まで地道に時間を掛けて取り組んで来た内容とかなり重なる部分が多くて、嬉しさのあまり、またまた、感動してしまいました。これで良かったのだと思えることは、母親として大変嬉しいことです。

特に本人への介入について「怒りの感情は抜きで」や「子供と同調していることが大切」といったことは、最も私が大切にして来たことです。また、「先制攻撃を仕掛ける」などは私の常套手段です。

実は中学校の先生方も、roboの不思議な特性(私が問題視している3点)に戸惑う様子が見受けられる今日この頃なので、この記事をもとにレポートを作って、先生方とミーティングの場を持とうと私は思いました。


素敵なタイル達です😊
e0365597_10481444.jpg

e0365597_10494233.jpg

タイルの家具もありました。
e0365597_10502382.jpg

e0365597_10504744.jpg

こちらは、シックなタイルが木肌になじんでいます。
e0365597_10514138.jpg


いつもブログの訪問を本当にありがとうございます🍎

ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると、日々の励みになります🍀
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
by robo223 | 2017-11-07 08:28