中学生は発展途上

roboの学校では、中学3年生が夏休み中に短期海外留学に行きます。そして、その報告会が昨日あったそうです。

何人かが留学中の出来事を発表していたようなんですが、roboが驚いた様子で「お母さん、K君はホームステイ中にね、なんと、1回しか英語を話さなかったんだって!ホストファザーに『僕はコーラを飲めません。』って言っただけなんだって。」と言っていました。

私はそれを聞いて、とても納得しました。中には、物怖じせずに、ホストファミリーの方々と話せる子もいるかもしれませんが、まだまだ発展途上にある中学生が誰も彼も、どんな場所でも最高のパフォーマンスが出来るわけないのだと思います。

例えば、英会話ならまず技能が必要ですから、学校などで英語そのものを学んでいきます。でも、技能面が身に付いたからと言って、すぐにその力を100%発揮できるわけではありません。

徐々に様々な経験をしたり色々な人と出会ったりして、場慣れしたり、度胸をつけたり、自分のコンプレックスを克服したりして、人として大きく成長した暁に、自己表現といったことが少しずつ出来るようになっていく子も多いと思います。

ですから、中学生の段階の短期留学で、いきなり目に見える成果のようなものを求めるより、異文化に触れて精一杯子供なりに何かをつかんで来たことを私は大切にしたいと思います。

どのような報告会だったのかはわかりませんが、「一言しか英語を話せなかった。」と正直に言ったK君は立派だと思いますし、そうだとしても、留学した意味は充分あったとも思います。

ところで、「愛しい贈り物」のf君について、「こんなに話の出来ない子を留学させて…」というクレームがホームステイ先から学校にあったということで、学校から責められたと伺いました。非常に残念な話です。

f君は帰国してから、ママさんにホームステイ中に会話した内容を嬉しそうに報告してくれたそうですから、話さなかったといようなクレームがもし本当にあったとしたら、全く的外れな指摘だと思います。(私は、クレームの主旨はそのようなものではないと考えています。)

それに、留学の目的は、何も、外国語を話すことだけではないはずです。むしろ、言葉や人種や文化の違いを越えて交流することにあるのではないでしょうか。

ところで、roboのように様々なハンデがある場合、なおさら、今の時点では、力が発揮できないのも仕方ないと思います。それをもし、大人や周囲の人から強く叱責されるようなことがあれば、どれだけ傷つき、これから伸びようとしている大切な芽を摘まれることになることかと思います。

私自身もroboに早く成長してほしくて、せかしてしまうところもありますので、子供はどの子も発展途上にあるのだということを心に留めておきたいと改めて思いました。

そして、子供が未熟で発展途上にあるからこそ、成長する姿を見られる喜びがあるのだと思うので、待つこと、励ますこと、教えることのバランスを考え、楽しみながら成長を見守りたいと思います。


roboが学校の図書館で、『手塚治虫全集』を借りて来て、「絵がリアルですごい!」と感心しながら読んでいました📕
e0365597_16053747.jpg

e0365597_16080951.jpg


いつもブログの訪問を本当にありがとうございます🍁

ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると日々の励みになります🍀
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
by robo223 | 2017-10-18 08:22