1日で治った風邪

季節の変わり目の10月は、気温のアップダウンが激しく、巷でもお子さんが風邪を引いたり、熱を出したりしていることが多かったようです。

roboも文化祭が終わって、2連休の2日目、朝起きた瞬間から「体がなんだか重くて動かない😖」と言っていました。そして、その日はあまり食欲もなく、1日ダルそうにしていました。熱をはかると、37.1度ありました。

しかし、翌日、学校があったのですが、幸い平熱に下がり、体調も回復していました。roboも「もう、大丈夫だよ😄」と言っていました。その時、体調の良し悪しが自分でわかるようになったのだなぁと少し安心しました。

発達障害の人の中には、自分の体調を把握することが難しくて、無理をし過ぎてしまう人がいるようです。しかし、今回のように体調が悪い時に、roboは「体がなんだか重くて動かない。」と言っていて、熱も下がって元気になった時には「もう、大丈夫だよ。」と言っていましたから、少しは自分の体調を把握することができているようです。

このようなことは、自立に向けて必要な自己管理能力だと思います109.pngですから、roboには、「たまたま学校が休みだったから良かったけれど、こういう日は出来れば家でゆっくりしているんだよ。」と教えておきました。

しかし、体調面の把握が出来る人でも、精神面の把握が出来ない人も多いようです。ひどく気を遣って疲れているのに、オーバーワークを重ねて、精神的な疲労がたまり、突然倒れてしまうケースも多いようです。

また、発達障害の人だけでなく、ギフテッドの人にも、身体的・精神的な部分へのリスクがあるようです。

EGMさんが紹介して下さった資料をさらにあーちゃんママさんが訳して下さったものに、「高IQの人と精神的・身体的疾患には、関連性があること」が示唆されていました。roboは高IQという程ではないにしても、明らかに様々な外界の刺激を増幅して感知してしまい、「ファイト(闘う)」「フライト(逃げる)」などの行動を取っています。
※roboには「フリーズ(かたまる)」はまだありません。

ですから、今は私が体調面・精神面、両方の把握とケアをしていますが、将来的には自分で管理出来るように、信頼できるカウンセラーを見つけるなどの対策を考えていきたいと思っています。



母がトルコで買って来たシルクのキリムは、廊下のタペストリーにしています😊
e0365597_14000352.jpg


いつもブログの訪問を本当にありがとうございます🍁

ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると日々の励みになります🍀
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
by robo223 | 2017-10-17 08:07