roboの金銭感覚

roboには小学校3年生から毎月お小遣いを1000円上げ始めました。金銭感覚を身に付けさせたいと思っていたからです。

当時、roboは恐竜にはまっていて、小さな恐竜を組み立てるプラモデルつきのお菓子を、お小遣いから買っていました。しかし、お金を多めに出して、ただ、おつりをもらっているだけだったようで、あまりお金のことは分かっていないようでした。

なぜなら、5年生になった頃、50円玉と5円玉の区別がついていなかったり(教えたはずなのに😓)と、ちんぷんかんぷんな状態だったからです。でも、知能検査をした時に、「roboは算数障害(学習障害の一種)でしょうか?」と聞くと、「そんなことはないです。むしろ数に強いです。」と言われるので、とても不思議でした。

その時は、「脳の中で数字として理解していることを、生活上で活かすことがなかなか難しい子なんだなぁ。」と感じていました。こういったことは、数の問題だけではありません。知識が多いわりには、日常生活に役立つことに限っては、できないことばかりで、浮世離れした状態でした。

ところが、母からもお小遣いを毎月もらうようになり、自分で使えるお金がぐっと増え、本やプラモデルなどを自分で買うようになるにつれ、お金の計算や使い方がわかるようになって来ました。小学校6年生の後半からです。

今はお小遣いは母からもらうだけにして、使う分と貯める分に分けて使うように教えて、「お金をためながら使っていくということ」を実践させています。roboなりに、貯めることを考えながら使っていて、着々と貯金が進んでいます💰

私から渡すお小遣いは、補充型にしています。普段学校の学食で使う財布の中のお金がなくなりそうになったら、私にそれをroboが告げ、私から1000円を渡して補充させています。時々、学食の売店で、チーズナゲットやチョコレートワッフルなどを買って食べているそうです。また、友達と出掛ける時も、私からその都度お小遣いを渡しています。

あまり使うと、無駄遣いになると思って調節しながら使っているそうです。まかせておいても、法外には使わないので、少しは金銭感覚が身に付いて来ているのかもしれません👛

でも、全部一まとめにして管理させてしまうと、お金の減り具合を、まだきちんと把握できないのではないかと思って、今は二通りにお金を分けて管理させています。

行く行くは、金銭感覚をもっとしっかり身に付けて、全部のお金の管理が自分である程度できるようにさせていかなけれはまなりません。でも、数年前に50円玉と5円玉の区別も付かなかったわりには、少しずつではありますが、進歩が見られています。

たった数年でも、成長が見られましたから、大人になる頃には、もっとしっかりした判断力がつけてくれるかもしれないと思っています。101.png


roboの学校の文化祭でバザーがあり、バスソルトを沢山買いました。バスタイムが楽しみです😆
e0365597_09362516.jpg


いつもブログの訪問を本当にありがとうございます🍁

ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると、日々の励みになります🍀
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
by robo223 | 2017-10-09 10:02