のび太君のママにもお勧めしたいこと

roboも中学生になったのですから、私の手を離れて、そろそろ1人で勉強するか、塾に行って勉強するかのどちらかにした方がいいと思います。

しかし、そんな一般の中学生のようにはうまくいかないから、私も困っているし、将来は自力で物事を展開できるように何かとroboに働きかけているわけです。

ところで、roboが1人で勉強したり、塾に行かせられないのは、勉強に興味がないために、別のことばかり考えて、課題に集中できないことが1番の理由です。

ただ、理解力の問題だけなら(タイプにもよりますが)、専門の先生が教えてくれる塾の方が、よっぽど上手に勉強を教えてくれることだと思います。

このことは、以前、roboが中学受験をしている時でさえ、週に1回しか塾に行っていないことの理由として書いたことの繰り返しで、今もまだ同じ課題が続いているということなのです。

ところで、こういったことは、WISC4で言語能力が高くて、作業速度が標準的な子によくあることだと、北の異端児研の方が知的ギフテッドについて説明されているものに書かれていました。概念的には、高い思考が可能だけれど、実際には手先の不器用さなどから思考力程は作業がはかどらず、ついつい思考の世界に浸ってしまうというようなことでした。インプットは得意だが、アウトプットは苦手だということです。

roboは作業速度は標準域ですが、言語能力よりは、極端に低いのです。勉強の手が止まってぼんやりしている時は、必ず色々な思考をめぐらしていることは確かです。

また、ADHDの不注意も関係していると思います。

ですから、roboの場合は、誰かにお任せして、その辺の事情を汲み取って、うまく導いていただくということは、なかなか難しいことだと思っています。

そのため、私が近くで、課題への集中力が途切れないように、注意を払いながら、少しでも自力で学習を進めていけるように働きかけていくしかないと思っています。

しかも、本人の勉強へのモチベーション自体も高めておかなければ、ただ近くで声を掛けても、前向きには取り組めませんので、私は2つの側面からroboに働きかけています。

まず、1つ目は、長期的な視点で勉強への意欲がわくようにすることです。それには、日ごろから勉強をする意味についてroboと話し合っておくことが大切だと思っています。幸いroboは大学に行きたい!と言ってもいますし、それ以外にも生きていく上で学力がいかに大切かということも話しています。

2つ目は、短期的な視点で勉強に取り組む意欲がわくようにすることです。例えば、定期試験は短期的な目標としては、とても役に立ちます。また、実際に勉強している最中に、やる気がわくようにするためには、勉強の後にご褒美を設けて、意識を高く保ってとり組めるようにしている日がほとんどです。ご褒美と言っても、簡単なことです。見開き1ページ終わったら休憩とか、全部終わったらDVDを借りに行く、などです。

このような工夫は、やはり親にしかできないので、塾に入れても、なかなか効率的に学ばせることは難しいと思います。

実際、中学受験の時に通っていた個別指導塾の先生には「やる気がない!」と怒られて、2度程roboは泣いていました。しかし、残念ながら、脳機能の特性によるものなので、何度怒られて泣いても、改善することはありません。塾の先生には、roboの特性について「本当に申し訳ありませんが、幼くて受験の意味がまだ理解できておらず、やる気が示せないのです。」とお話ししましたところ、2度と叱られることはなくなりました。塾の先生もroboの意識レベルを高めようと、試行錯誤して下さっていたのです。

私自身も、小学生くらいまては、ひどく実行能力や自己管理能力が低くて叱られてばかりいましたが、気付いたらいつの間にか、力がついていて、徐々に生活態度が整い、ある程度計画的に物事を成し遂げることができるようになっていました。

これは、精神年齢が上がって、様々なことに意識が及ぶようになったこともありますが、あきらかに、脳神経自体に何か変化があったとしか思えないような違いがありました。先に知的理解力に関わる脳神経が発達して、後になって実行能力に関わる脳神経が発達してくるタイプの人がいるようですが、まさに、私はこのタイプだったのではないかと思います。

また、ADHDも年齢が上がれば、自己コントロール能力に関わる脳の部分が発達して来て、行動面の課題が解消してくる場合があるというデータもあります。(アメリカ国立精神衛生研究所2007年資料より)

ですから、脳機能の問題として考えた時、今のroboにあれこれ言っても、実現できないことだと思いますから、本人自体が成長してくることをじっくり待ちたいなと思っています。

これは、のび太君のママが、ただ「勉強しなさい!宿題をやりなさい!」と言っていても、のび太君がちっとも取り組めないのと同じだと思います。

しかし、お子さんからの反発が強い場合は、塾などにお任せした方が、かえって良い場合もあると思います。のび太君も個人塾にでも通わせて上げて、朝は遅刻しないように、支度は全部ママが手伝って上げたり、適宜声掛けをして上げればいいのに、といつも思ってしまいます(笑)まだ、実行能力や自己管理能力に関わる脳が発達していないだけなのですから。


ランボルギーニカウンタックなのだそうです🚗
e0365597_19395766.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます😌ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by robo223 | 2017-08-20 09:44