いじめられていた先生

私が中学1年生の時の担任はK先生という男の先生でした。30才前後の社会の先生でした。とても明るく優しくて、授業もわかりやすく楽しいものでした。

しかし、K先生は私達のクラスの子達に強烈ないじめを受けるようになってしまいました。先生の言うことは誰も聞かないので、掃除の時間はいつも私と2人で掃除をする程でした。クラスで1人の女の子がいじめにあった時も、私が職員室に呼ばれ、学級会で「いじめはいけない。」という意見を言ってほしいと頼む程でした。

先生にしてみれば、いじめをなんとかやめさせたいけれど、自分が言っても誰も聞いてくれない、と思っていらしたのでしょう。私も1人の女の子が「気持ち悪い」と、クラスで避けられていたことが気になっていたので、快く引き受けました。そして、その学級会以降、女の子へのいじめはピタリとやんだので、良かったなと私は思いました。

ところで、なぜ、そんなにも皆がK先生のことを嫌っていたかと言うと、先生が腋臭で思春期の生徒達にはひどく気になるものだったからです。

でも、私がT先生の味方でいよう、と思ったのは、K先生が初めて私のことを認めてくれた先生だったからです。小学校までの私は、先生方にずいぶんな言われようで自信をなくしていたのですが、中学に入学してしばらくした頃、先生が私にこんなことを言ってくれました。「お姉さんの方が勉強は出来るかもしれませんが、あなたの方が性格がいいです。僕は勉強も大事だと思いますが、性格のいい人の方がいいと思います。」

私はその言葉がどんなに嬉しかったことか。教育程度の高い地域なのに、姉は相対評価の10段階で体育以外オール10という成績で、先生方の中では秀才として有名でした。だから、何1つとしてパッとしない私の気持ちを気遣って下さったのだと思います。

さて、その後のことですが、このK先生は冬休みを利用して、腋臭の手術をされました。そして、冬休み明けの学活で先生はそのことをクラスの生徒達の前で泣きながら報告されていました。

すると、それ以来、K先生は大人気の先生になってしまいました。もともと魅力的な先生だったのですから当然です。私は本当に良かったと安心しました。2年生の時のキャンプファイヤーでは、生徒達に人気のあまり、学年全体からK先生コールが湧き起こるくらいでした。

学校という場所は、子供がいじめられたり、先生がいじめられたり、本当に厳しい環境です。その中を何の問題もなく泳ぎ回れるならいいのですが、そういう人ばかりではなく、苦しんでいる人がいることを知ってほしいです。


歴史好きのroboには、このアニメ本はおもしろいようです。中身は結構本格的な内容です📖
e0365597_13554311.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌹ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると嬉しいです🍀
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
by robo223 | 2017-05-24 08:29