ピアノの練習を再開!

roboは5才の時からピアノを習っています。手先が不器用なので、曲を弾きこなせるようになるまでとても時間がかかりますが、音感がいいし手が大きいので、楽器はそこそこ向いている方だと思います🎹

もしできれば、本格的に練習させてピティナなどのコンクールに出場させてみたいとチラッと思ったこともありますが、本人に聞くと、ピアノは本格的にやりたくないというのであきらめました。それに、ピアノより力を入れなければならないことが、roboの場合は多くて、実際コンクールへの出場などは無理だったと思います。

それでも、せっかくなので細く長く練習を続けさせて、大人になっても趣味や気分転換に演奏できるようになればいいなと思っています。また、「芸は身を助く」というので、何かの役に立つかもしれません001.gif

ところで、roboは中学受験をして、年末年始は忙しかったので、思い切って、この3か月くらいはレッスンをお休みしていましたが、昨日から久しぶりに家での練習を再開しました。060.gif全然弾けなくなっていたらどうしようとドキドキして練習に臨みましたが、意外とブランクを感じさせないくらい弾けていたので、安心しました。

しかし、roboは受験準備のための長期休みに入る直前、4冊使っている楽譜のうち2冊が新しいものに進んでしまって、かなり難しくなっているので、ほんの少し進めるだけで、2人共ヘトヘトです。2冊のうち、1冊目のソナチネがソナタに進んだのはまだいいのですが、2冊目のバッハの練習曲がインヴェンションからシンフォニアに進んだのが痛手でした008.gif

普通のピアノ曲は右手がメロディーで左手が伴奏のことがほとんどなのですが、バッハの曲は両手がメロディーなので難しいです。そして、メロディーが2つのインヴェンションでさえややこしいのに、シンフォニアはメロディーが3つや4つになるので、ややこしさマックスで、弾いていて頭はこんがらがるし、手はつりそうになります。

roboにはソナタも難しいし、シンフォニアはあり得ないくらい難しいです。私も練習に付き合っていて、頭痛がしてきたくらいです。しかし、将来、名曲をきれいに演奏するには、基礎がやはり大事だと思うので、永遠に時間はかかりそうですが、いつかはこの2冊を突破させたいと思ってはいます。

シンフォニアの次の平均律はさほどややこしくないようですし、ソナタが終わると、「バイエル→ブルグミュラー→ソナチネ→ソナタ」と続いて来た練習曲は終わりになって、いよいよ名曲を練習する日々になっていきますから、それが、すごーく楽しみです060.gifこれからも、Y音楽教室の親切なF先生にお世話になっていきたいと思います。

e0365597_20183917.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by robo223 | 2017-02-27 08:43