親と子の距離

人それぞれでしょうが、roboは母親である私への依存心が強いせいか、または幼いせいか、精神的にとても私との距離が近いです。自分の部屋に一人でいても、しばらくするとすぐにリビングに戻ってきますし、「お母さん、僕の部屋に遊びに来て!」とまで言っています😱💦

ところで、roboはロボットが好きなこともあり、猫型ロボットのドラえもんが好きです。そして、のび太君が自分に似ている(怖がり、球技が苦手など)と思って、のび太君に感情移入をしています。それで、のび太君が皆にバカにされていることにいつも同情していて、どうしたら、のび太君のテストの点数が上がるかを一生懸命考えていたりします。(想像性OEか?)

roboの案は、「まずは、ご褒美作戦で勉強させて、次はおだてて勉強させて、最後は勉強を習慣化させればいいんだ。」ということです😜✏それで、私が「じゃあ、roboはどうやって勉強してるの?roboはご褒美でもないし、おだてられてでもないから、習慣化?それとも、自発的にやってるの?」と聞いてみたところ、「僕はどれでもない!」と言うので、「じゃあ、どうやって勉強してるの?」と聞いてみました。すると、全くおもしろい答えが返って来ました。「僕は、お母さんに出された物をやってるんだ。」

こんなに正確な答えがこの世にあるのかと、私は妙に感心してしまいました。確かにroboはご褒美もなくおだてられているわけでもなく、自発的でもなく、私がやりますよ、と差し出した課題をこなしているだけなのです。

私はこの現実に、う~ん😖と考えさせられてしまいました。中学受験は親の力というから、小学生のうちはどの子も自主性など期待できないのでしょうが、あんまりroboが私に対して素直なので、大丈夫なのか、と心配にもなってしまいます。

S先生の診察の時も「robo君はお母さんの指示がバシッとはいるんですね。こうなると、そのうち親離れ・子離れの問題が出てくるね。」と言われました。しかし、S先生のアドバイスは意外なものでした。「でも、18才くらいまでは、この距離でいいよ。うまくいってるんだし、急に離したら、robo君が不安になるだけだよ。」というものでした。

私は逆に「徐々に離していきなさい。」と言われるかと思ったので、驚きました。それと、「え~、このまま18才まで~?」と少しうろたえたりもしました💦

まぁ、急に親離れさせようとしたら、お母さんに似た人にストーカーしてしまったなどという恐ろしい話も聞くので、roboの場合は慎重に離していかなければならないなと思っていますが💧

可愛いお菓子の缶は小物入れにして再利用016.gif
e0365597_08290901.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by robo223 | 2017-02-08 08:28