中学校決定!

私が恐れていた通り、roboの中学受験は波瀾万丈なものになり、3日目の昨日にして、おかげさまでやっと学校が決まりました🏫💨応援して下さった方々、本当にありがとうございました。

roboは1日目の午前中受けた第1志望の学校の受験中、国語でわからない問題があった時に、机に頭を叩きつけたりして騒ぐという奇行をして、結果、点数が取れていたにもかかわらず(自宅での採点によりたぶん)、不合格となってしまいました。

さらに、午後受ける予定だった第2志望の学校は、主人があまり気に入っていなかったことから、受かっても通うのが気が進まないとroboが言い出したため、急遽受験を取りやめました。

そして、2日目は午前・午後と第1志望校を受けるも惨敗。たぶんブラックリストにのっていたのだと思います。

そして、私はroboが受験している間中、必死に第3の学校を探したり、検討したりしていました😨その結果、3日目にしてようやく合格に至ったM学院が、私の志望条件にかなり近いことに気付き、慌てて学校を訪れ、願書をいただいたり、募集要項やパンフレットを読んだり、願書に記入したりと大忙しでした。

3日目、初めて行く学校で過去問対策もしていない問題をroboはよく頑張って解いてくれたものだと思います。今回は何があっても、試験中にしゃべったり、頭を机に打ち付けたりしてはいけないよ!と言い聞かせました(当たり前のこと😓)。そして、偏差値も条件もあまり第1志望と変わらない学校に何とか合格することができました。生徒数が少ないのは気になりますが、より丁寧に見てもらえるという利点にもなります。

しかし、私はもうヘトヘトです007.gif

ところで、主人はroboが不合格になった学校のことを「障害者を差別している!」と言っていましたが、私はそうは思わない、と言いました。なぜなら、roboにも静かな環境で試験を受ける権利があるように、他の受験生にも静かな環境で試験を受ける権利があったのに、それをroboが損なってしまったのだから、受け入れてもらえないのも当たり前だと思うからです。別に障害者だから不合格だったわけではないのです。roboと他の障害のある方を一緒にしてしまっては失礼だと私は主人に言いましたが、うまくは伝わりませんでした。

roboが通っているスイミングに何人か障害のあるお友達を紹介して通っていますが、roboのように入会拒否になりそうになった子は一人もいません。私だってroboが小さい頃、roboより大変だと思う子はいないと思っていたので、第1志望校がroboを引き受けられないと判断した事情は、私にはよくわかるのです。それに、引き受ける自信のない学校に通っても、roboはやっかいもの扱いされて寂しい思いをするだけでしょう。

受かった学校が縁のある学校だと思って、私はこの縁を大切にしたいと思っています。roboも主人が認めてくれた学校に通えるので、嬉しそうです。そして、roboの一言「受験は手強かった!」がおかしかったです😜

ソレイヤードの布を使って、母が作ってくれた牛乳パックの椅子です💺
e0365597_10491395.jpg

いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by robo223 | 2017-02-04 11:18