一般級で頑張るrobo

久しぶりに、roboの転籍シリーズの続きを書かせていただきたいと思いますので、どうかお付き合いくだい😌

5年生から一般級に転籍したroboは、親から見ると、本当に頑張ってくれたと思います。roboは聴覚過敏があるので、静かな個別支援級での生活から一転して、一日中ワイワイガヤガヤした教室で過ごすだけでも大変なことだったと思います👂⚡また、触覚過敏のあるroboにとっては、始終友達に肩を組まれたりじゃれつかれることは大変な負担だったと思います💨

それに、roboが聴覚過敏なことを知っていて、わざと耳元で不快な声を出す子がいたり、roboの嫌いな虫をわざと突きつけたりされることもありました。そんな時は、適宜、先生に介入していただきつつ、roboはまさに揉まれながら、そういう環境にだんだん慣れていきました。そして、日に日にたくましくなっいく姿には頼もしいものがあり、心配したけれど転籍して得るものは大きかったなと思いました。ただ、これはroboについてのことで、一般級で過ごすことが、かえって本人の状態を悪くしてしまうことがあるので、転籍は慎重に検討していかなければならないと思います。


転籍を勧めて下さった先生が「robo君は困ったら、しっかり助けを求められるから大丈夫ですよ。」とおっしゃっていましたが、roboは困ると大騒ぎして、自分が納得するように先生や友達が助けてくれるまで、引かないという図々しさがあるので、あまりストレスを家に持ち帰らないのです。roboが行く場所でroboは困らず、回りが困るというパターンが多いので、親としては申し訳ない思いです007.gif

それに、大きなトラブルはないものの、やはり、他にも色々課題はありました😅レクリエーションの時間にゲームのルールがよくわからなくて、負けてしまったりすると、「わ~ん😭」と泣いてしまったり、字がぐちゃぐちゃでまともにノートが書けなかったり、次の日の持ち物が準備出来なかったりと色々です。

それでも、roboは毎日学校を休むことなく楽しそうに通ってくれるので、まぁよし、としています🏫roboに多くを望む方が無理と言うものです😅

だいたい、roboの様子は私が小学生だった頃に比べたら、よっぽどちゃんとしているのです。懇談会で教室に行った時、私はroboの机やロッカーの中がぐちゃぐちゃに違いないと思ってチェックした時には、ずいぶん驚きました😱なんと、どちらもとてもきれいで、余計なものなど、ほとんど何も入っていないのです。そう言えば、roboは毎日、私に言われた通り、受け取ったプリント類はすべて連絡帳袋に入れて持って帰っていたのです。

私が小学生の時は、プリント類は日に日に机の奥かランドセルの底の方にたまっていって、まるでミルフィーユか地層のようになっていましたから。また、私はほとんど宿題なんて無視していたのに、真面目なroboは時間もかかるし、手伝わなければ全部はできませんが、なんとかやり切りますから、私の子にしては偉いです。(当たり前のことなんですが、当たり前のことができないのが、私達なので😢)

そして、それまで、4年間送り迎えをし、放課後もびっちりroboに付き合っていたのに、急にその負担がなくなった私はちょっと手持ちぶさたになってしまい、暇な時間に刺し子なんかをしたりするようになりました📍✂

ダイニングのテレビの上に飾るのに丁度いいタペストリーが欲しくて、青森の伝統工芸、こぎん刺しに挑戦してみました。roboの受験が終わったら、もっと大きなものにチャレンジするつもりです。
e0365597_13595421.jpg


全体のデザインは自分で考えてみました。(お恥ずかしいものですが、ご覧いただきありがとうございます💧)
e0365597_14024719.jpg

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by robo223 | 2017-01-23 09:09