2Eギフテッドチャイルド育児のカテへ

今日から2Eギフテッドチャイルド育児のカテに参加させていただくことができました。

roboはアスペルガーとADHDという二つの障害があります。しかし、その二つだけでは説明のつかない謎の部分がありました。
例えば、激しい感覚過敏や感情、そして強い好奇心や探究心です。その度合いが強過ぎて、環境への不適応をより強くしていたのではないかと思った時、今までのroboの行動やそれに伴う気持ちがやっと理解できたような気がしたのです。

2Eとは二つの例外を持ち併せる人のことを指します。一つは学習障害のような発達障害、もう一つは高知能です。

roboの場合は数値的に高知能というほどではありませんが、そもそも発達障害の子、ましてADHDも同時に持っている子は知能検査で数字が出にくいということもあるようなので、必ずしも数値だけで判断するわけではないようです。

それに、「ギフテッド天才の育て方」(杉山登志郎)には、初めに2E教育につながる研究をしていた人物として知られるバウムがその認定基準の一つに、「WISCで言語性IQまたは動作性IQが120以上であり、学習障害がある場合をGT/LD(ギフテッド・タレンテッド/学習障害)」としている、とあります。また、北海道大学大学院教育学研究院紀要の「認知機能にアンバランスを抱えるこどもの生きづらさと教育」(小泉雅彦)の中で、知的ギフテッドとして研究対象にしている子供のプロフィールに見られるWISC4のIQはいずれも総合的なIQは120をやや上回る程度でした。

そもそも日本にはギフテッドや2Eという概念じたいが、まだ一般化されていなくて、それを認定することのできる専門家もいません。

ですから、私は日本にすでにあるわずかな資料を参考にするしか、判断することはできません。あと、何より頼りになるのは、何年も前からギフテッドや2Eについて注目されて、アメリカの教育事情や研究成果や実体験などをブログにて発信して下さっていたブロガーさんの記事です。それは、私がブログを始めるきっかけとなりましたあーちゃんママ、そして、ふぅ君ママやぼんちゃんママ、この度親の会を立ち上げられたきらりママさんなどです。本当に私にとってはありがたいことでした。

それで、これから、発達障害のことはもちろん、2Eについても勉強していきたいという思いから、2Eギフテッドチャイルド育児のカテに加えていただくことにしました。


roboが作ったホットケーキです😜
丸くできなかったと、本人は残念がっていました😅
e0365597_22160769.jpg

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by robo223 | 2017-01-14 07:04