個別支援級で1年生①

roboが個別支援級に通い出して一番驚いたことは、一緒に入学した他の数人の1年生があんまりにもroboよりしっかりしていたことです。

まず、roboは席に座っても、先生がroboの興味のある物を見せて授業を始めると、瞬間的に席を立って触りに行きますが、他の子達は皆大人しく座っています。それから、それぞれ好きな絵本を見ていて、先生が「じゃあ、校庭に行くので、並んでくださ~い!」と言っても、絶対にroboは自分から目を絵本から引きはがすことはできませんが、他の子達は1回の声掛けでちゃんと絵本から離れて先生の前に並んでいるのです。

その年の個別支援級の1年生は特別軽度のお子さんが多かったのですが、roboのひどさは際立っていました。よくパニックにもなるので、隣の席の子のママが危険を感じて席を変えてくださいと申し出たくらいでした(ホントすみません)007.gif

おまけに、ほとんどの子がすでにひらがなやカタカナを覚えていて、足し算や引き算もできるようなのです😅✏roboにも一応、字や計算を少しずつ教えてはいましたが、とても入りが悪かったのです😅

気の毒に思った担任の先生が「robo君にも皆と同じくらいできることもあるんですよ。」となぐさめてくれたくらいです(笑)

そんな風でしたから、私はroboにもう少し何かをさせて、集団行動がしっかり取れるようにしたいと、今まではピアノしか習わせていなかったところ、まずは、スイミングに通わせることにしました083.gifスイミングは感覚統合訓練になって、感覚過敏や発達性協調運動障害にも効果が期待できると思ったからです。

これはとてもいい選択でした。元気な若いコーチに集団行動が取れるように厳しく教えてもらった効果は大きかったように思います。しかし、実は、最初に参加した3日間体験コースの2日目にroboを入会拒否にするかもしれません、という電話が掛かってきたのです💦理由は

①列に並べない。
②プールサイドを走る。

の2点でした。並べなければ、他のお子さんに迷惑が掛かりますし、プールサイドを走れば命に関わる危険がともないます。断るに値する当然の理由でした。それで、私はどうしようか迷った末、ここは一つ現実の厳しさを教えようと思い、あえてroboにそのことを伝えたところ、roboは「わ~ん😭」と泣いて、「明日は僕、絶対がんばる😠」と言うのです。そして、最後の日に何とかぎりぎり合格にしてもらいました。その後、顔を水につけるまでが大変だったり、飛び込みがこわくて出来なかったりして、ガラスの向こうで見ている私はもう、毎回一緒に泳いでいるかのような疲労感でした008.gif

もちろん、どのお子さんにも大変さはあると思うのですが、roboの場合はパニックになると廊下に出て行ってしまったり、床を転がったりして、大立ち回りをするので、当時私はroboより大変な子は見たことがないと思っていたくらいでした😢これでも、1年間通園施設に通って、家での様子はかなり良くなっていたのですが😭

この続きは次回に書かせていただきまたいと思います✏

最近roboが覚書をするために買ったノートです。何やら色々書き込んでいます。📕

e0365597_11104858.jpg

[PR]
by robo223 | 2017-01-06 09:51