小学校入学前のこと

保育園と通園施設に通う毎日の中、私はroboにピアノを習わせることにしました。roboは感覚過敏がひどいのですが、中でも聴覚過敏が激しく、そのような子は、音感がいいと聞いたからです。


習い始めてみると、確かにroboには絶対音感が備わっているようで、音の聴き取りが抜群でした。そして、発表会では、音楽にくわしい方に「音がきれいだ。」と言っていただいているらしく、先生は「robo君のファンもいるんですよ。」と言って下さいました。さらに先生には、音楽大学への進学をすすめていただきました。

しかし、残念ながら、roboが「僕は発明家を目指してるからダメなんだ!」と言うので、音大への進学はあきらめざるを得ませんでした。もちろん、ピアニストや作曲家になるということを期待していたわけではありませんが、楽器店で働いたり、調律師になったり、楽器のリペアリング、はたまた楽器職人になれる道が拓けるかもと思ったのです😢

それでも、ピアノを練習することは、得意なことを伸ばすことにもつながりますし、手先の不器用なroboにはもってこいなので、比較的力を入れて練習させています。

ある時、ハリー・ポッターの映画音楽を自分で旋律を聴き取って、学校のピアノで弾いていたら、皆が「すごい!」「モテるよ!」などと口々にほめてくれたそうです🎵

それからこの時期は、感覚統合訓練の一貫として、あちこちのアスレチックに連れて行って、私もroboとのお出掛けを楽しんでいました001.gif今はなくなってしまった青山の子供の城には、巨大アスレチックや様々な遊戯コーナーがあり、ハンドペインティングもできました。付属のレストランでは、新幹線の器に盛られたレトロなお子様ランチが楽しめました。あとは、ボーネルンドのキドキドや隣駅からすぐのログハウス内にあるアスレチックで、ターザンロープをさせたり、ぐらぐらするネットをのぼらせたりしました。小さなことでも昨日出来なかったことが、今日は出来るようになったというわずかな進歩が私にとっては、本当に大切なことでした。


私やroboのことを心配してくれている姉がroboのために買ってくれたアップライト・ピアノです🎹
e0365597_13062052.jpg

[PR]
by robo223 | 2016-12-31 10:00