成長を願っていること

昨日のブログで、私の努力に見合った結果をroboに対して期待することは難しいということを書かせていただきました。特に、発達性協調運動障害に関する不器用さによって引き起こされる困難は、これ以上の改善は難しいと思っているということも述べました。

しかし、一方で、安心感の抱ける環境の中で過ごし、適度の負荷がかかることで、roboが精神的な成長を遂げることによって、改善が期待できる課題もあると思っています。

それは、まず、実行能力の向上です。roboのような子は、知的理解力の方が先に育って、実行能力に関わる脳は、後で育って来る場合もあるようだからです。また、脳そのものに変化がなかったとしても、精神年齢が上がったり、生活体験を積み重ねていく中で、自分でその必要性を感じて取り組める内容も増えていくことも考えられるからです。

次に、感覚過敏の緩和です。これも、生活体験を積み重ねていくことによって、様々な刺激に対して慣れによる耐性力が育っていく可能性があるかもしれません。

最後に、感情面のコントロール能力の向上です。これも、精神年齢が上がったり、生活体験を積み重ねれば、改善する可能性があると思います。

裏を返せば、実行能力の向上、感覚過敏の緩和、感情面のコントロール能力は、今すぐの改善は難しいということだとも思っています。様々な生活体験をし、そして、周囲から必要なアドバイスを受け、それらをroboの頭の中で咀嚼して温めながら、年齢を重ねていくことで、初めて改善が期待できることだと思います。

ですから、そのうち伸びて来てくれるかも…と願いながら、気長に待つことにしたいと思います。この3つのことに関わる能力がもう少しでも伸びてくれれば、roboの夢がかなうかもしれませんし、私も安心です。

でも、大人になった時点でも、願っている程伸びないことも充分あると思うので、その時は、福祉的な就労など、しっかりサポートが受けられる環境で過ごせるようにマネジメントしていきたいと思っています。

もちろん、希望を持ちながら、あらゆる働きかけはし続けるつもりではいます110.pngしかし、絶対にこちらが願う程伸びなければならないなどという期待は、押し付けでしかなく、そういうプレッシャーは、かえって本人の豊かな成長を阻害することにもなりかねないと思っています。必ず伸びると信じてはいますが、それがどれくらいなのかは、未知数です。

ですから、結果的に出来るようになったことに応じて、本人が望む方向に進めるようにサポートできれば、と思っています。roboの人生の主役は、あくまでもroboなのであって、親である私はあくまでも、roboの人生を支える立場でしかないのですから。


roboは小さい頃、ゴミ処理ロボットのウォーリーが大好きでした。DVDと本を何回観たり読んだりしたか、もうわからないくらいです😁
e0365597_11301144.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌷ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
# by robo223 | 2017-08-31 08:00 | Comments(2)

roboは小さい頃から、あんまりにも出来ないことが多かったので、私は一つ一つ出来るようにさせてやりたいと思い、私なりに努力をして来たつもりです。

そして、努力が実ったなと思うこともありますし、やらないよりはましだったかもしれないけれど、ほとんど実っていないな、と思うこともたくさんあります。

ほとんど実らなかったと思うことは、球技です。roboには、ずいぶんサッカーをやらせましたが、あまり上達しませんでしたし、やらせていない他の球技は壊滅的な状態です。

また、書字についても、かなり努力しましたが、ほとんど成果にはつながりませんでした。もう、中学生になってしまったので、本人が余程その気にならなければ、改善は難しいことでしょう。

他にも、色々ありますが、こういった不器用さに関して、私はこれ以上の働きかけを本人にするよりも、そのままのroboでも何とかやって行ける方法を考えています。

球技は感覚過敏のために上達しなかったこともあるので、体育には無理して参加しなくても良いことにしたり、書字については、余程の場合以外はそのままで良いことにして、そのうちパソコンで文章を書ける日が来るのを待っています。

ところで、私はroboの療育のために、仕事も辞め、全力を傾けて来ました。でも、それは私がroboに頼まれたわけではなく、私が勝手にそうしたいから、そうしただけで、いわば自分が後悔しないためにやったようなものだと思っています。

ですから、roboに対して、私の努力に見合った成果を望むことは身勝手なことだと感じています。誰だって、出来ないことは出来ないのです。私だって、誰かの期待に応えることなんてできません。

以前、何かの機会に、私がroboに向かって、「お母さんに直してほしいところはある?」と聞いてみたら、「全然ないよ。そのままのお母さんで大丈夫だよ。」と言われました。何か一つくらいは、言われるだろうなぁ、と思って聞いたのですが、意外な答えに、ふっと心が軽くなり、何とも言えない温かい気持ちになりました。(実際はあっても、遠慮してくれたのに違いありません。)

ですから、roboの方だって、あそこが悪い、ここを直せ、とばかり言われているよりも、「そのままで、大丈夫だよ。」と言われた方がどれだけ、心が穏やかでいられることかと思います。

これからも、roboが成長していけるような働きかけはし続けるつもりですが、そこに結果を求めるのではなく、こちらの努力に応えようとしてくれるroboの姿を見て行きたいと思っています。そして、そういう視点が子供の成長を促す上でも、1番大切なことなのだと思います。


箱根旅行のホテルでroboは目の健康のためにブルーベリー・ソースを買いました。ヨーグルトにかけていただいています😌
e0365597_10222067.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌷ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
# by robo223 | 2017-08-30 07:47 | Comments(15)

以前、roboが名将の末裔かもしれない!と言い出したところ、それが家紋や言い伝えにより、本当かもしれないということが分かったことを書きました。

その後、うちの姓が藤原氏から発生しているという情報から、roboがその名将の先祖を家系図から辿って行って、やはり藤原氏につながっていることが分かったことも書きました。

そうなると、藤原氏の祖は、中臣鎌足(藤原鎌足)ですから、roboはその名将の先祖が、中臣鎌足なのではないかと言い出して、また、調べ始めました。

そして、インターネットから出した藤原氏の家系図体系を辿った末に、なんと、またしても、roboの言う通りかもしれないということがわかったのです。つまり、その名将から、ずっと時代をさかのぼると、まずは藤原氏北家につながり、さらには中臣鎌足(藤原鎌足)に辿り着いてしまったのです😱😱💦

roboは「わーい🙌僕の先祖は、大化改新にも、関ヶ原の戦いにも関わってるかもしれないんだ❗」と大喜びです。

ところで、roboがこんなにも先祖にこだわり出したのは、もちろん、歴史が好きだということもありますが、実はドラえもんがきっかけなのです。

タイムマシンに乗って、先祖を確認したところ、のび太君だけが農民で、スネ夫やジャイアンなど他の子は、皆、先祖が武士だと分かったというお話があったからです。(でも、実はのび太君の祖先がスネ夫の祖先に、武士の権利を譲ったというお話。)

全くスケールは違いますが、ロボットのロビを開発した東大の先生も、子供の時から好きだった鉄腕アトムに発想を得ているようです。アニメと言っても、こんな風に人々に壮大な夢や知的発想力を与えてくれるのだな、と思いました。

ですから、子供が興味を示すことを簡単に否定してしまうことは、子供の心の世界が豊かに広がることにストップを掛けてしまうことになる場合もあるのだ、と思いました。私はなるべくroboが興味を示すことは、内心くだらない、と思っても、出来るだけ否定的なことは言わないようにして来ました。

そして、やはり、roboの飛躍の源には、いつもそういう、一見くだらない、と思えてしまうようなことがありましたから、やはり、これからも、roboの興味の趣くところを尊重していきたいと思います。

e0365597_18440394.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌷ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると励みになります🍀
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
# by robo223 | 2017-08-29 08:09 | Comments(7)

夏休みが終わって…

今年の夏休みは、あっという間に終わってしまいました💧期間も短かったし、宿題に追われて忙しく、ゆっくりしている暇もなかったからです。

夏休みは、部活もしていない子供がいると、大変だと、皆さん感じられることでしょう。でも、私はそうでもありません。roboが小学校低学年の頃までは、それなりに大変でしたが、ある時点からは、roboがずいぶん落ち着いて来て、1日中家にいたり、一緒に行動しても、そんなに大変ではなくなりました。

むしろ、roboがいると、「お昼はラーメンが食べたい。」とか「明日は科学館に行きたい。」など、あれこれ提案してくれて、気分が明るくもなるので、夏休みの方が楽しいくらいになってしまいました。それに、学校に行かせていると、やはり何かと心配なことが多くて、毎日ハラハラドキドキもしているので、夏休みは気分が楽でもあります。

しかし、実際、夏休み中は、宿題にしても何にしても、一般の子よりは断然手の掛かる子ですから、家事がかなりおろそかになるのも事実です。

夏休みの最後の方は、私もだんだん力尽きて来てしまい、昼食をインスタント麺にしてしまった日もあります😫💦また、細かい所の掃除が行き届かなかったり、紙ゴミがどっさりたまってしまっていたりと、何となく家中が雑然として来ていました。

そして、夏休み明けの第1日目、roboがが学校に行っている間に、掃除をしたり、紙ゴミをまとめたりして、部屋をすっきりさせ、なんだか広く感じられる部屋で一人、香りの良いコーヒーを飲んでいたら、やっぱりこういう時間も必要だなぁと思えて来ました。


夕暮れ時、キレイな空が見られましたが、電線が邪魔です🌆💦
e0365597_06410052.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます☕ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると励みになります🍀
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
# by robo223 | 2017-08-28 08:30 | Comments(2)

夏休み明けの登校

夏休みが終わって、初登校したroboが元気に帰って来ました。「皆、僕に会ったら、『おっ!』とか『よっ!』とか言ってくれたよ😄」と嬉しそうです。それから、夏休み中どこに行ったか、皆と話したそうです。やはり、久しぶりの学校は新鮮でなかなか楽しかったようです110.png

また、寝る前の時間、一般級に転籍してからの学校生活を振り返って、「僕、5年生で転籍したばかりの時は、ずっと個別支援級にいたから、一般級の生活に慣れていなくて、皆について行けなかったんだ。」と言っていました。そして、「でも、だんだん慣れて、5年生の中盤くらいになって、やっと僕も一般級仕様になったんだ。今は中学生仕様だよ。」と言っていました。

実際はまだ中学生仕様というには、頼りないけれど、本人が自信を持って過ごせていることが何よりなので、まぁいいかな、と思いました。ところが、その後「お母さん、勉強とか宿題とか、僕に色々成功を与えてくれてありがとう😌」と言っていましたので、自分の実力だけではないことが分かっているようでした111.png

冬休みまでは長いし文化祭などもあるので、大変なことが色々あると思いますが、roboが一歩一歩成長できるように頑張って行こうと、改めて感じました166.png


roboが防災の学習で自衛隊練馬駐屯地を見学した際のお土産、自衛隊キャラメルです。
e0365597_10212412.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌷ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
# by robo223 | 2017-08-27 08:44 | Comments(19)