中学校に通い始め、早い段階にと、担任の先生とベテランの先生に面談をしていただきました。

その時、ベテランの先生が私に対して初めに、「このように、おうちの方から特性について、おっしゃって下さってありがとうごさいます。中には、特性について何もおっしゃらずに、トラブルがあると、学校の指導力不足だとおっしゃる方もいらっしゃるので💧」とおっしゃっていました。

やはり、障害のある生徒をめぐるトラブルや指導上の問題は、今までも色々あったのでしょう。そして、社会性を含め、様々な課題を抱える発達障害のある生徒と他の生徒さんが理解し合って、穏やかに学校生活を送っていけるようにするには、先生方もかなりの配慮や努力を要してきたのだなということもわかりました。

また、面談で話されている時の先生方の表情はとても硬くて、roboがどんな生徒なのか、まだはっきりわからないので、うまくクラスになじませることができるのか、かなり緊張しているのが伝わってきました。

実は、roboが5年生の時、個別支援級から一般級に転籍して初めての担任の先生も同じような様子だったのです。若い先生なので、障害のある生徒を引き受けた経験はあまりありません。そんな中、roboをいじめなどの被害に合わせてはいけない、という責任を感じている緊張感がこちらにひしひしと伝わってきました。

私からしても、先生方にはぜひ緊張感を持って関わっていただきたいとは思います。roboが健常なお子さんの中で、問題なくやっていくことは相当大変なことだからです。

しかし、5年生の時の先生は初めの3ヶ月くらいは緊張感がありましたが、もうその後は、いつお話しても「大丈夫、大丈夫です!robo君はクラスになじんでますし、頑張ってますよ!」としかおっしゃらなくなってしまいました。ですから、中学校の先生方もroboのことがわかってくれば、今の緊張感が緩んでくるのかもしれません。

いずれにしても、先生方には出来るだけ負担を掛けず、roboが穏やかに学校生活を送ってくれればいいなと思うばかりです。


もう桜は、葉桜になりつつあります🌸
e0365597_11095984.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-04-11 08:05 | Comments(2)

一つ家族で決めたこと

一つ家族で話し合って決めたことがあります。

それは、中学校ではroboの障害のことを先生方以外には、カミングアウトしないということです。

これは、私達にとっては勇気のいる決断でした。今までroboはハンディキャップがあることが前提で学校生活を送っていましたから、多少のことは大目に見てもらえていました。

ところが、カミングアウトしないとなると、基本的には大目に見てもらえないということになるのです。それは、一つの挑戦です。本当は高校生くらいからカミングアウトなしでいくのがいい、と思っていましたが、中高一貫校なので、それはできません。

そして、家族ではそう話し合っていましたが、一応先生にも相談してみようと思っていました。

それで、面談で家族の意向を伝えてみたところ、先生も同じ考えでした。むしろ、私達家族以上に何も他の生徒には言わずに「違いを受け入れる」という指導方針でやっていきたい、と言ってくださいました。

私が「もし、トラブルがあって、どうしようもない時は、感覚が他の人より過敏なんだということを伝えて下さっていいです。」と言ったところ、それも特には伝えずに、個性として自然に皆が受け入れられるように指導したい!とおっしゃっていました。

面談して下さった若い担任の先生も、ベテランの先生もそろってそうおっしゃっるので、それが学校の方針なのでしょうし、私も今後はroboに成長をもっと促していきたいので、先生方におまかせすることにしました。

つまり、学校の対応としては、roboの特性をふまえた上で、あくまでもそれは個性として生徒達が受け止めるように促し、先生方がさりげなくフォローしながらやっていく、ということでした。

それはありがたいことなのですが、正直ドキドキです💔💦

ベテランの先生がおっしゃっるには、すでにroboの発言が変わっているので、何だろう?という表情を他の生徒さん達が見せる場面もあるそうです(ずっと、どこでもそうでした😔)が、他の生徒さんにもそれぞれ変わったところがあるから、皆同じだということです。

そして、担任の先生によると、今はroboの違った方向からの発言がむしろ面白い!と捉える雰囲気なのだそうです(ずっと、どこでもそうでした😵)。

今後、どのような展開になるかは分かりませんが、しばらくは、様子を見て、また、方針を考えていきたいと思っています😅


以前、ロボフェスで見たロボット・スーツです✨実際に装着できるそうです😄
e0365597_21023384.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-04-10 07:57 | Comments(6)

学校への障害の説明

担任の先生と学年のベテラン先生が面談をして下さり、roboの特性についてお話ししました。主に、次の5点についてです。

①感覚過敏で音や接触に強く不快感を示す。
②興味に偏りがありぼんやりしていることがある。
③自己管理能力が極端に低い。
④状況や人の気持ちを読むのが苦手。
⑤手先や体の動かし方が不器用。

そして、この5点について、具体的にどんな問題が発生し、どのような対応を今まで取ってきたかをお伝えしました。

しかし、こんな風に羅列してみると、まだまだ(ずっと?)roboにはたくさんの深刻な課題があるのだなと思いました。

そうは言っても、伝える必要はないけれど、roboにはいいところもいくつかありますし、出来るようになってきたこともあります。ですから、私は悲観的にばかりは捉えていませんし、心の中ではroboの成長を日々喜んではいます。

そして、roboについては、周囲から否定的な報告を受けるより、良い面の報告を受ける方が多く、親としてはroboの頑張りに「ありがとう!」という気持ちですし、roboに関わって下さった方々の寛容さをありがたく思っています。

でもでも、初めて接するお友達や先生方はroboに対して驚いたり、戸惑ったりすることが多いだろうなと思うと、やはり、申し訳ないような気がして、少しは理解の助けになるように面談でお伝えしたつもりです。

さて、先生方がどのような対応をされるとおっしゃったかは、次回に書かせていただきます。


姉がうちに遊びに来てくれた時のお土産です😆
e0365597_16505137.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍎
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-04-09 08:53 | Comments(0)

先生運が強いrobo!

roboは絶対に先生運がいいと私は確信しました❗これはもう、私は完全にそう断言できます✊

これまで、私はroboの担当をして下さった先生にこれといった不満を1度も抱いたことはありませんでした。

しかし、思い返してみれば、なぜだか常に「あの先生が担当だったらいいなぁ。」と見学の段階で思っていた方が、全てroboの担当になって下さったり、知らずに担当になって下さった方も、後で実はとても評判がいい先生だとわかり、いいなぁと他のママさんに羨ましがられる先生ばかりなのです。

もう、それは保育園時代から始まり、地域の療育センターの先生から習い事の先生まで、ずーっとそうなのです😱小学校の先生に至っては常にその学校を背負って立つエース級の先生ばかりです。

一般級ではもちろんですが、個別支援級の先生も、1・2年生は愛情深い熱心な先生、3・4年生は「robo君は天才です!robo君を転籍させて、個別支援級と一般級には垣根がないことを世の中に知らしめたい!」などという情熱的な先生でした😆

しかも、どの方もどの方もroboに、すごく熱心に関わって下さるだけでなく、力量があって、その力の向ける方向性も外れてはいないのです。

それぞれ色々なお考えがありましたが、どの方もお優しくて、心から私達親子の役に立ちたいと思ってくださり、roboの成長をうながし、その成長を何よりの喜びと考えて下さる方ばかりなので、結果としてroboのためになる関わりをすることにつながっていたのだと思います。究極的にはテクニックなど関係ないのだと思います。

だから、roboが毎年毎年順調に成長し、先生に充分過ぎる程支援していただいていたので、他のママ友には悪いなぁと思うこともしばしばでした。

だから、時々、隣のクラスのお子さんが気の毒で、そのクラスのママ友と集団で校長先生のところにうかがい、指導して下さるようにお願いしたこともあります。また、roboは強いので、年度の終わりの頃だけクラスをチェンジしてもらったこともあります。

そして、そしてなんです。今回中学校1年生の担任は、というと、やはり、またまた私が目を付けていた先生が見事担任になりました😆😆❗主人にも「あの先生が担任だといいな~❤」と毎日毎日言っていた先生が担任になりました🙆

子供にとって、やはり、先生の一言一言、影響力は大きいです。本当に良かったです。感謝の気持ちから、さっそく学級委員を引き受けてきました👩頑張りまーす✊

川沿いの桜が満開でした🌸
e0365597_12350331.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-04-08 08:54 | Comments(4)

入学式、頑張りました!

昨日はroboの中学校で、入学式が行われました。学校へはすでに障害を告知済みですが、入学取り消しなどと言われずに、入学式に参加することができて、やっぱりホッとしました💨

roboには入学式の途中、手は太股の上にのせ、背筋をしっかり伸ばしているようにと言っておきました。roboは「うん。分かった!」と言い、その通り立派な態度で式に参加することが出来ました101.png(あくび、貧乏ゆすりなし)

ADHDの人は意識して背筋を伸ばしていないと、重力に負けて体がぐんにゃりしてしまうので、姿勢の保持が難しいです。ですから、少しでも気を抜くと姿勢が崩れてしまうので、不真面目だとか、だらしがないなどと言われてしまうのです。

そんな誤解を受けないように、まわりに理解を求めながらも、本人が出来る範囲で努力はさせていきたいと思います。やはり、まわりと本人、両者の歩みよりが必要かなと思います。努力の姿勢も見せないで、理解ばかり求めていても、残念ながら、周囲とうまくやっていくことはできず、結果として、robo自身が浮いてしまって悲しい思いをすることになります。そのへんの見極めがとても難しいなと日々感じています。

本人も「入学取り消しって言われたらどうしよう!と思って、すごく緊張した😣」と言っていましたから、言葉にはしませんでしたが、親の危惧をそれとなく感じて頑張っていたようです💧

入学式の午後は、科学技術館で購入したプチ・実験キット「水がつかめる!」をやっていました。roboは実験が大好きで大好きで仕方ないので、すごく嬉しそうにやっていました110.png(私は実験は面倒で嫌い😣)
e0365597_16374580.jpg


水の玉の大きさを変えたり、カルシウム水につける時間を調節したりと試行錯誤を繰り返し、ようやく見本のようにぷっくりした大玉が出来ました。
e0365597_17042210.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-04-07 08:38 | Comments(6)