学習が進まない!

最近のroboは平日、毎日のように放課後、友達と遊んでいます。それに、卒業を間近にして、担任の先生が算数の教科書の巻末にある復習問題を全て終わらせようとして、毎日どっさり宿題が出るのです。

その復習問題というのが細かく細かく宿題されていて、何ページも続きます。昨日はその宿題を終わらせるのに、3時間も掛かってしまいました。おそらく他のお子さんは、授業時間内や休み時間にある程度終わらせて、家でやるにしても、ちゃちゃっと終わらせてしまっているのだと思いますが💦

しかも、最近ピアノの練習を再開しましたから、これにも30分以上は時間を取られているので、もう全く今は、平日に中学の学習など進められない状況です。ですから、お休みの日に少しずつ進めています。

本当に不器用なroboは何をするのも、通常より時間が掛かってしまい、物事がちゃっちゃと進んではいきません。担任の先生もテスト中のroboを見て、「テスト中、窓の外を見てボーッとしてるんですよねぇ。いったい何を見てるんでしょう。」とおっしゃっていました002.gifこんな感じですので、やはり、中学からは私立に決めて良かったと改めて感じました。

roboが通う予定の中学校は8割がテストの点数で成績をつけるそうです。だから、主に定期試験で点数を取ることに集中していればいいので、助かります。公立の場合は、授業態度や提出物などのウェイトが大きくて、roboには負担です。もちろん、少しずつ授業態度や提出物にも気を配り、将来に備えて自己管理能力もつけていこうとは思っています。しかし、長いスパンで考えていかなければならないことだと思います。

だいたい、定期試験対策だけだって、ちゃんとはできないだろうと思います。とりあえず、学校でまとめて、国語・算数・理科・社会は教科書ワークを購入することになっているので、この教科書ワークをテスト前にroboが計画的にこなすことからがスタートなのだろうなと思っています📕


きれいな色の蚊帳素材の布巾をアマゾンで購入しました。蚊帳素材の布巾は丈夫ですぐ渇き、しっかり拭き取れます。
e0365597_08225299.jpg


ブログの訪問をいつもありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-03-04 09:29 | Comments(0)

さよなら絵画教室

roboが通っていた保育園では、週に1回、絵画教室がありました。フランスでマティス賞を取り、作品がマティス美術館の買い上げになったアーティストの方が、今は幼児教育に力を入れてらして、保育園に教えに来て下さったり、ワークショップを開いたりしてらっしゃいます。また、小学生には絵画教室を開いていて、私達が住む街でもやってらっしゃるので、roboは保育園卒業後6年間、このT先生の絵画教室に通いました。

日曜日の月に2回だけなので、スケジュール的にあまり負担がありません。また、T先生は自由な発想を引き出して下さる優しい方です。指示は最低限で、その子らしい表現を引き出そうとして下さいますから、見学に行った主人は「あの先生こそ、本当の先生だな。」と感心しきりでした。課題は絵を描くだけでなく工作もあるので、工作好きのroboはこの教室が大好きですし、絵を描く時も画面一杯に伸びやかに描かれた作品を仕上げてきます。

対象が小学生までなので、今月一杯で終わってしまうのが残念です。

しかし、保育園の年中から6年生までの8年間、T先生にお世話になって、roboが得るものは大きかったと思います。絵の具は基本の3色(赤青黄)しか使いませんので、上手に混ぜて自分のイメージする色を作り上げていくことを教えていただきました。また、色鉛筆を削る時は鉛筆削りを使いませんので、ナイフで削ることを教えていただきました。そして、あらゆる身近な素材が作品作りに生かせることも学びました。(割り箸、アルミホイルなど)

今の子供達は、バーチャルの世界に住んでいて(それも必要なことですが)、実体験ということがなかなかできない中、T先生の教室は昔ながらの方法を生かしながら、子供達が楽しんで取り組めるようにして下さいます。roboのこともずいぶん可愛がって下さり、親にはさせられない貴重な経験をたくさんさせていただきました🎨

すぐ効く薬は、すぐ効かなくなると言います。roboは画家になるわけでも、芸術家になれるわけでもないけれど、こういう、一見何の役にも立たないような経験がいつかどこかで役に立ったり、roboの人生を豊かなものにしてくれるのではないかと思います。

イギリスから一時帰国したママ友からのお土産です。こんな可愛いワンちゃん型のショートブレッドがあるんですね016.gif
e0365597_20123355.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-03-03 08:26 | Comments(2)

roboと私は全く本の趣味が違います。だから、roboのおかげで今までは知ることのなかった分野の本の魅力やおもしろさに気づかされることが多いです。

6年生の教科書で宮沢賢治の人生が取り上げられた文章があり、最後に宮沢賢治の童話作品が絵本になっているものが写真で紹介されていました。roboは学校の図書室でそこにもあった『注文の多い料理店』を読んで気に入っていたようで、この絵本をどうしても買ってほしいと言うので買いました📕

この絵本を手にしたroboは何度も何度も読み返すし、ついには私に読んで聞かせてくれるのですが、その途中roboがおもしろいと思っている表現の部分を強調して読んだり、解説したりしてくれます。例えば、料理店に入った2人が、金文字で「ことに太ったお方や若いお方は、大歓迎いたします。」と書かれているのを見て、自分達は両方兼ねているから大歓迎にあたっているのだと本当は食べられそうなのに喜んでいるマヌケな場面のおかしさなどを教えてくれます。

また、2人が鹿を狩ろうとしていることに対して、「鹿が可哀想だなぁ。」と言ったり、「どうして山猫は2人を食べようとしたのかなぁ。もし、犬が助けてくれなかったらどうなったのかなぁ。」と疑問点を話したりしています。そうやって、roboが色々話してくれると、私もその絵本にだんだん惹かれていきます。

私は宮沢賢治の詩が好きで、『春と修羅』は時々本棚から取り出して読みなおしているくらいですが、童話の良さはあまりわかりませんでしたから、とても新鮮でした。

こんな風にいつもroboのおかげで、世界が広げられ、ささやかな楽しみがどんどん積み重なっていく毎日を過ごすことができて嬉しいです。

e0365597_11055106.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-03-02 08:29 | Comments(2)

最近のroboは、平日はほぼ毎日、友達と遊ぶ約束をして帰ってきて放課後は遊びに行っています😜受験が終わりましたし、中学生になったらなかなか遊べなくなると思うので、今のうちに遊びたいだけ遊ばせたいと思っています。

中学生になると、roboは私立の学校に行くので、学校の友達とはめったに遊べなくなりますし、近所の友達だって部活で忙しくなることでしょう。

ところで、小学生の遊びと言えば、今はほとんどがゲームをするばかりのようです。あとは、遊戯王のようなカードゲームをしているみたいです。でも、roboはゲームをまだ持っていないし、カードゲームもしないので、いったいどうやって遊んでいるのかと不思議ですが、なければないで何とかなっているようです。

うちで遊ぶ時は、人生ゲームをしたり、LEGOをしたりして楽しそうにしています。特にLEGOは男の子達に人気で、みんな驚くほど熱中しています。友達の家にお邪魔してゲームで遊ぶときは、友達が貸してくれたりもしているようですし、スーパーなどのゲームコーナーではお小遣いでやってもいます。

ただし、roboが一般級に転籍して友達と遊び始めたばかりの頃は、ゲームを持っていないroboに同情して、友達がなんとか私に買わせようと色々画策してくれていたのがおかしかったです。「友達と遊ぶ時だけ使っていいゲームを買って上げたらどうですか?」と私に提案してくれたりしていました(笑)

ところで、なぜroboにゲームを持たせなかったかと言うと、自閉症の人の一部(全員ではない)は、一般の人よりゲームに熱中しやすく、ゲームに心を奪われて活動が制限される場合があるというからです。roboの場合はメカ的なものが好きなだけに、ゲームに対して自制心を働かせるのはかなり難しいだろうなと思いました。(中にはゲームをご褒美にして、うまく活用している家庭もありますが。)

また、小学校4年生までは個別支援級に在籍していて、一般のお子さんと遊ぶこともほとんどなかったので、roboもゲームに関心があまりなく、買う必要性もありませんでした。そして、4年生までなしで過ごしたのだから、そのままあと2年間、ゲームなしのまましのげば、中学生以降もないままでいけるかなと思ったわけです。一応roboには、「大学生になって自制心が育っていたら買ってもいいよ。」と言い、roboもそのつもりでいました。

ところが、先日姉が買ってくれたノートパソコンの画面にroboの大好きなマインクラフトの無料お試し用バナーをroboが目ざとく発見してしまいました。1回90分30日間お試しできるようで、「やりたい!やりたい!」とroboは言いました。それで、「中学受験も終わったし、やってみてもいいよ!」と言ったところ、roboは大喜びで毎日やることになりました。

でも、今のところ、roboは私との約束を守り、1日30分くらいで自分からやめていて、思ったより自制心が育っているようでした。それに、視力回復のための目の運動も自主的にやっています。これなら、お試し期間が終わったら、マインクラフトをパソコンにダウンロードして使えるようにして上げてもいいかなと思いました。マインクラフトは創造性を養うのにいいとも聞いているので。(どのゲームにも、いいところは色々あると思います。)

roboは、次に可変式のLEGOロボット(ロボットが車に変形する)を作るのだと言って、すでに設計を考え始めています。写真は第1作目のヤッターワン(犬型ロボット)です😉ガンちゃんとアイちゃんがそっくりの衣装で乗っています(笑)
e0365597_08531478.jpg

ちゃんと犬の耳としっぽがついていておかしいです。
e0365597_08560700.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-03-01 09:18 | Comments(4)

卒業記念発表会

先週、roboの学校では6年生が卒業を記念して、各クラスが出し物を体育館で発表しました。どんな出し物をするかは、当日までは内緒だったので、何を披露するかは知りませんでした。

でも、今テレビで放映している「スーパーサラリーマン佐江内氏(さえないし)」のエンディングのダンスをすることだけはわかっていました。なぜなら、自主練習をするように言われているらしく、roboが家でYou-tubeの動画を観ながら、一人で練習していたからです071.gifしかも、ちゃんと振り付けを覚えていない子は、リーダーの女の子に休み時間返上で個人指導を受けるらしく、roboを含めた数人の男の子が教えてもらっているのだと、楽しそうに言っていたからです。女の子はしっかりしていて、ドンくさいroboを見捨てずに指導してくれたようです。

練習のかいあってか、roboのクラスのフィナーレに踊った「佐江内(さえない)ダンス」は見事に決まっていました037.gif

それから、舞台で劇もやったのですが、roboは大きな声で堂々とセリフを言うこともできていました🙆roboを保育園の時から知っているママは、とても驚いた様子で「robo君、あんなにはっきり大きな声でセリフが言えるんだねぇ!」と言っていました。

過去記事から読んで下さっている方はご存知だと思うのですが、保育園の頃のroboは同い年の子とほとんど同じことはできませんでした。だから、そのママは6年前、保育園のお遊戯会で大泣きをして何もできず、演目を台無しにしてしまったroboを見て以来、久しぶりにroboを舞台で見たので、驚いたようなのでした😅

すっかり、昔のことを忘れていた私は、そのママの驚いてまん丸になった目を見て、6年前のことを思い出しました。当時のroboは同じ空間に私がいるのに、私と一緒にいられないと大泣きをして、いつも「お母さーん!お母さーん!」と叫ぶので、自分が舞台にいて、私が観客席にいることが耐えられなかったようです。

これは、一種のこだわりなのだそうです。もちろん今はずいぶん解消していますが、それでも、私へのこだわりはまだ残っているので、徐々にこだわりを崩していかなければ、と思っています。

しかし、当たり前のことではあっても、6年前のroboの様子と比較すると、まるで別人のような発表態度だったと言えます。毎日毎日が必死で、あっという間の6年間でしたが、roboが力強く成長してくれていたことに気付かせてもうことができました。

鉄瓶は京都で、萩焼は鎌倉で買いました👛
e0365597_17174635.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by robo223 | 2017-02-28 08:51 | Comments(2)