友達が大切

roboに今まで、好きな先生はいるか?と聞いてみても、名前が出て来たことは1度もありません💦roboの先生はどの方も熱心でいい方ばかりでしたし、魅力的でもありましたから、他のお子さんには大変人気がありました。それなのに、保育園の頃から好きな先生は一人もいなくて、好きなのは、ひたすらヒーロー的な友達や優しくroboに寄り添ってくれるちょっと大人っぽい友達ばかりでした👦👨

とにかく気に入った友達を頼ってそばにいて、色々教えてもらったり、守ってもらったりして来ました。家で話す話題も友達のことばかりで、先生の話などほとんどありません。中学生になっても、その傾向は同じです🏫

私はroboの中学校の担任の先生を気に入っています。とても誠実で熱心なので、安心してroboを学校に通わせることが出来ていますが、roboはまるで眼中なしです。頼ったり相談したりするのは、友達ばかりです。

こういったことは、発達障害の子には珍しいことだと主治医には言われましたが、今となってみれば、幸いなことだったのかもしれません。小学生の頃ならいざ知らす、中学生にもなれば、皆先生よりも友達との関係の方に目が向くものですし、友達とのやりとりが1番楽しい時期でもあります。

年齢が上がれば上がる程、先生が子供の心を占めるウェイトは低くなっていくものでしょう。そして、先生とうまくいっていなくても、友達とさえうまくいっていれば、なんとかなることも多いですし、逆にいくら先生とうまくいっていたとしても、子供同士の中で浮いていたら、やっていくのは厳しいでしょう。

そういう意味では、roboがわりと学校で楽しく過ごせているのには、友達との関係が良好であるためと言えると思います。実際、いつもそばにいて、1番roboのことをよくわかっていてくれるのは友達です。担任の先生には朝と帰りのホームルームでしか会わない日もあるのです。

しかし、アカデミックな面の刺激や目覚めの機会を与えてくれるのは断然先生なのではないのかな、と思います。そういう意味では、今後、アカデミックな面でのインスピレーションを与えてくれる先生と出会えれば言うことなしだな、と思います📘✏

私の高校の時の先生はほとんどの先生が院卒であったせいか、自分の教科に情熱と高い専門性があり、とても魅力的な授業が多かったのです。そのおかげで、私も大学以降学ぼうと思うテーマが決まってきたくらいでした。

もちろん、友達からアカデミックなインスピレーションを受ける場合もあるでしょうし、先生が子供の居場所を教室の中に作り出してくれる場合もあります。でも、中学校以降はそちらの方がやはり可能性は低いように思います。

とにもかくにも、まずは教室に居場所があることが最優先なので、友達はありがたい存在だなとつくづく思います。口の多動のことなど、気をつけて行きたいとますます感じています😜


今は紫陽花が本当に美しい季節です😌
e0365597_08321387.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます✨ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると嬉しいです😌
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
# by robo223 | 2017-06-14 08:35 | Comments(6)

口の多動に本気でメス!

数日前、いつものように担任の先生に「今、何かroboのことで困ってらっしゃることはありませんか?」とうかがったところ、お優しい先生なので遠慮がちに「うーん😓授業中発言すると、話が止まらないことくらいですね。でも、しばらく聞いてから、『そこまで!』と止めていますから、大丈夫です。」とおっしゃっていました😔

やっぱり、口の多動が問題になっているようです。roboは自分の言いたいことがちゃんと言える、というのが、社会生活を送る上で有利に働いているところも多々あると思います。

しかし、自分の興味のあることになると、周囲が聞いていようが聞いていまいがおかまいなしに、しゃべり続けてしまうという悪い癖があるのです。「先生、申し訳ありませんが、ビシッと止めて下さい!よろしくお願いします🙏」とは言ってきましたが、先生を頼ってばかりもいられません。

ですから、これからは、「授業中の発言は一言で終了。」それ以外の時も「趣味の話は、2文くらいで終了。」ということを教えていきたいと思います。私もついつい、roboの長話をうんうんと聞き過ぎているので、適正な長さを教えていきたいと思いました。

しかし、日頃から口の多動については気になってはいましたが、人様から言っていただくと、「よし!本気でメスを入れよう🔪✨」という気になるので、助かります😄「やっぱり、そうだよなぁ。こんなんじゃ、roboがヒンシャク買っちゃて可哀想だよなぁ。よし、頑張ろっ💨」と思えます101.png

ちなみに、roboの口の多動にもいいところがあって、学校の話を私によくしてくれます。趣味の話でなければ、roboの話は長くなくて、むしろ、学校の出来事なんかはすごくおもしろいです。私は毎日聞くのを楽しみにしているくらいです。友達とも趣味の話以外なら好きなだけしても大丈夫そうです。

しかし、授業中の発言もそうだと思うのですが、「生き物、機械、歴史、小説、アニメ」などの話になるとすご~く長いし、回りも興味がないので、うんざりしてしまいます。

きっとすぐには直らないと思いますが、ずっと私が意識して働きかけていれば、少しは改善してきて、ギリギリ人様の許容範囲内におさまるようになれば、大成功です😆✌持って生まれた特性を完璧に変えることは出来ないので、七割くらい改善すれば、世の中でギリギリ通用するのではないか、と私はいつも思って、roboの療育に臨んでいます。


まだ、roboにはニキビが出来ていませんが、予防に殺菌・炎症成分配合のローションを、洗顔後付けさせてみようかな😌
e0365597_14085789.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌹ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると嬉しいです🍀
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
# by robo223 | 2017-06-13 07:33 | Comments(8)

ヴィーナスフォート今昔

日曜日、roboがLEGOの専門店に行きたいと言うので、日本では1番品揃えが豊富だと言う、お台場のヴィーナスフォートにあるお店まで行きました。

e0365597_18105580.jpg

e0365597_20053606.jpg

e0365597_18115588.jpg

私はすぐに飽きてしまったので、こちらの椅子に座って待っていました💺💧
e0365597_18135488.jpg


ところで、20年以上前、ラスベガスに旅行した時、当時、日本では見たことのなかった、建物の中に街や空のあるショッピングモールがあって驚き、きっと日本人がそのうち真似して作るだろうなぁと思っていました。すると、そのすぐ後にこのヴィーナスフォートがオープンして、やっぱり😄❗と思ったことを思い出しました。

その時はずいぶんヴィーナスフォートが話題になってテレビや雑誌に華々しく取り上げられていました。私もその頃は丁度20代で若くて元気で、世界がキラキラと輝いて見える時代でした。

仕事をする傍ら、あちこち旅行に行ったり、ついには休職して研究をしたり、創作活動にいそしんだりしました。あの頃、したいことは何でもしたし、行きたいところにはどこにでも出掛けて行きました。高齢出産だったので、時間はたっぷりありましたから、やりたいことをやりつくしてから母親になりました。

だから、好き放題に生きて来た自分が、今は自分のことは後回しにして完全に家族を支える立場になっているのは不思議です。でも、逆に思い残すことがないおかげで、主役の座を降りてしまった今の立場をすんなり受け入れられるし、心地良く過ごせているのかもしれません。

ヴィーナスフォートは今もきれいで、外国人観光客が多く訪れていました。
e0365597_19192098.jpg

e0365597_19553855.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌹ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけたら嬉しいです🍀
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-06-12 08:15 | Comments(4)

roboに学校の授業で好きな教科と嫌いな教科は何か聞いたら、理科・社会・体育が好きで、数学が嫌いで、それ以外は普通だと言っていました。

数学がなぜ嫌いなのかと聞いてみたところ、「教科書の問題をやる時、僕だけ遅くて、先生に『早くやれよ!』って怒られるのが嫌なんだ😣」と言っていました。答え合わせをするのに、robo待ちになってしまって、先生が困ってらっしゃるようです。

小学校の頃も間に合わなかったのですが、出来るところまで授業中にやって、残りは家でやることを許されていましたから、問題はありませんでした。

roboは「もう4回くらい怒られたけど、間に合わないのは僕だけなんだ!(でしょうね😜)僕も賢い方になりたいけど、これが僕の個性だから仕方ないんだ。(わかっているらしい😓)」と言っていました。もう、私はそれを聞いて、胸がキューンと痛んで、一瞬「おのれ~😠数学の先生め❗成敗してくれる💨」と思いましたが、「いやいや、待てよ😔」と思い直しました💧

roboが皆に遅れを取りたくないと思っているなんて、これは、いいチャンスかもしれない、と思いました。小学校の頃は、個別支援級出身ということで、大目に見てもらっていましたが、今はカミングアウトもしていないのですから、やれるところまではやらせなければならない、と思いました。

それで、roboに「でも、定期試験の時は時間が余ったくらいだったよね。本気の本気で集中して急いでやってる?しばらく本気出して間に合うようにやってみてごらん。それでも、たまに間に合わないくらいならいいけど、しょっちゅう間に合わないなら、お母さんが先生にプレッシャーを掛けないように頼んで上げるよ。」と言いました。

そして、次の日数学がありましたので、朝の別れ際にも「今日は絶対、数学の練習問題を超速で集中してやるんだよ💨スタート・ダッシュが肝心だよ!」と気合いを入れておきました。roboは皆が半分くらい終わった頃、おもむろに取り組み始めたりするので、皆と一緒にスタートするだけでも違うのです。

さて、その日、ドキドキしながら帰って来たroboに「数学どうだった?間に合った?」と聞いたところ、「出来たよ👍」とオッケーサインでした101.png

毎回間に合うとは限りませんが、努力することは、いいトレーニングになりますし、自分さえその気になり、意識して取り組めば、できることもあるんだという気付きにもなると思うので、続けさせて様子を見て行きたいと思います✏

「ピンチはチャンス❗」だなと思った出来事でした✌


オレンジ・パイは初挑戦です😌
e0365597_16172800.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌹ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
# by robo223 | 2017-06-11 08:20 | Comments(4)

数学の習熟度別クラス

先日、中間試験があり、テスト範囲を把握していなかった教科の失敗は、roboのいい教訓になりましたが、数学の「ぼんミス祭り」には、正直あきれてしまいました。

しかし、コメント欄に皆さんが「理解しているのだから、うちはそのうちできるようになる、と気にしてないですよ~。」とか、「うちも、ミスばっかりだけど、心配してませんよ~。」などと書いて下さり、とても励みになりました。「やっぱり、ADHDだから大変だ💨」とネガティブになっていたので、皆さんの温かいコメントに救われました😆

そして、この数学の試験結果をふまえて、習熟度別クラスが正式に決定したようなんですが、roboによると、中学2年生や3年生が何人もいるクラスに入ったらしいのです。ですから、roboがADHDのせいで計算ミスが多いのも確かですが、皆も似たり寄ったりで、むしろ、roboは結構いい線行っていたようなのでした😌✏

一応、今のところroboは理系に進む予定なので、計算が苦手だと厳しいなぁ😵とは思っていますが、そんなに心配することもなさそうでした。

ところで、昨日、一次方程式の文章題を家でやっていました。「忘れ物をした弟に忘れ物を届けるために、兄が自転車に乗って追いかけると、何分で追いつくでしょう。」という問題をやっていました。その時roboは、もともとの問題に提示された兄の速度以外にも、色々な速度を代入して、何キロで兄が走ったら、何分で追いつくかということを試して遊んでいました。🚶…🚲💨

そして、「この問題は図形じゃない数学だけど、おもしろくて興味を持ったよ。お母さん、1000キロで走ると0.9秒で追いつくよ!」などと喜んでいました😆✏簡単なものでも、こんな風に数学に興味を示したことなんて初めてのことです。だんだん成長とともに、興味の質に変化が出てもくるのだな、とちょっぴり嬉しかったです110.png


マンションの敷地内にがく紫陽花も咲いています😌
e0365597_17354293.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌹ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
# by robo223 | 2017-06-10 07:48 | Comments(0)