「ほっ」と。キャンペーン

就労の敵は感覚過敏

先日、roboが学校から帰って来ると、自分の胸元に湿らせたティッシュペーパーを入れて拭いていました。何をしているのかと聞くと、「Y君に胸の部分を服の上から触られて気持ちが悪いから拭いているんだ。」と言います。

Y君というのはroboのクラスメイトで、人なつっこくていつも誰かとくっついていたいタイプのお子さんです。全く悪気はなく、むしろ好意的にroboのことを感じてくれていて関わってくれるお子さんです。

それなのに、最近のroboの学校での1番の悩みが、このY君の存在なのです。担任の先生もroboの接触過敏を理解してY君に何度も注意して下さっているのですが、Y君も無意識にやっていることなのでなかなか改善しません。

ある時など、Y君のことをroboが露骨に嫌がるので、Y君が「どうして俺だけ、差別して嫌がるんだよー!」と悲痛な叫び声を上げる場面を見かけてしまいました。私はすぐにY君に事情を話して謝りました。

その後は、しばらくおさまっていましたが、先日席替えをして、roboが鉛筆削りの近くの席に座ったため、Y君が鉛筆を削りに来るたんびにroboに触るのが辛くて仕方ないというのです。学校に行くのが気が重いと言う程です。

私はroboに自分で困っていることを先生に話し、Y君に触らないように頼んでもらいなさい、と言って学校に行かせました。しかし、roboは私に話したことで、気持ちがスッキリしたのか、その日帰ってきて、「どうだった?」と聞いてみたところ、「特に先生にも話さなかったし、大丈夫だった。」と言っていました。それで、私は「あんまり困るようだったら、お母さんから言って上げるからね。」とだけ言っておきました。その後も何度か大丈夫か、と聞きましたが、なんとかしのいでいるようです。

ところで、このようなことは大人の発達障害の方の就労継続を妨げる原因にもなっているようです。出社拒否などがあると、ついつい精神的な面の負担を考えてしまいますが、実は精神面の負担よりも、不適応の原因は感覚過敏の負担による率の方が大きいのだそうです。

恐るべし感覚過敏です。これを少しでも和らげるためには、まず環境の調整です。視覚過敏には机に壁を付けて視線を遮ったり、端の席にしてもらったりします。それから、聴覚過敏の場合は耳栓などの対応が必要なのでしょう。

また、環境調整しても仕切れない部分でのストレスは規則正しい生活や栄養摂取、体を動かすことで、対応するしかないようです。太陽の光を浴びたり、ウォーキング、ランニング、自転車、水泳などのリズム運動でセロトニンやオキシトシンの分泌を促し、ストレス耐性を高めていくことが必要かもしれません。

または、在宅での勤務を認めている会社で働くなどの処置も必要かもしれません。現代は多様な勤務形態が求められる時代なので、社会がそのような働き方を受容できるように変化してきているのも事実です。さらなる雇用形態の拡大に期待します。

螺鈿の小物入れです😌
e0365597_15461695.jpg

いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
# by robo223 | 2017-02-18 09:07 | Comments(2)

図書室で絵本を借りる

roboは学校の図書室が大好きです。そこで、好奇心の扉を開けたり、心の世界をひろげたりして楽しんでいます。

そんなroboは、図書室で絵本を読むこともあるようです。時間的に短い休み時間で読み切るには字の少ない絵本が適しているからでしょう。しかし、それだけではなく、絵本の魅力にも惹かれているのが私にはわかります。絵本は短い言葉で表現されているだけに、意味が凝縮されていますし、より言葉が洗練されていて印象的です。roboはそういう表現を味わっていて、気に入った絵本は何度も読んで暗記してしまっているくらいです。

また、言葉だけではなく、 絵の魅力も存分に味わっているようです。絵の中の登場人物の表情をおもしろがってマネしたり、動物のコミカルな動きに注目してマネしたり、背景の細かいところまで観察して興味の惹かれる場所を見つけたりしています。

そして、時々気に入った絵本を借りて、家に持って帰ってきたりするので、私は驚いてしまいます。だって、絵本はどれも大きくてかさばるものばかりなのに、教科書やノートと一緒にカバンの中にぎゅうぎゅうに詰め込んで持ち帰るからです📖(普通の本も借りてきますが📕)

友達には、「絵本なんて、幼稚だな!」と言われることもあるそうですが、roboはめげません。私も絵本が大好きですし、絵本には宝物がたくさん詰まっていると思いますから、「大人だって、絵本は読むよ。絵本には詩や絵画、哲学が詰まっているから、絵本は総合芸術だよ。大人になれば、皆もわかるかもしれないから、気にしないで、絵本を読んで!」と言っています。

roboが今借りてきている絵本は、あの名作「マドレーヌ・シリーズ」です。男の子なのに、こういうものを楽しむ感性も、悪くないなと思っています。
e0365597_17594346.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-02-17 08:13 | Comments(2)

先週の金曜日、roboはとても悔しそうな顔をして帰ってきました。授業が始まったことに気付かず、本を読み続けていたために、本を取り上げられてしまい、まだ返してもらっていないと言うのです。その日は金曜日なので、本がないと土曜日と日曜日は続きが読めないので、roboにしてみれば由々しき問題です📕💨

roboの学校はチャイムがないので、休み時間に本を読んでしまうと、過集中のroboが授業の開始に気付くわけもなく、今のroboにはとてもハードルの高い課題だと私は思いました。roboも「だって、先がどうなるかどうしても知りたくて…。もう、先生は返してくれないかもしれない😖」と言っています。

それで、私はroboに「先生はroboだけひいきはできない(特別扱いはいじめにつながる)から、取り上げるしかないんだよ。roboもこれからは、授業が始まっていないか気にしながら読まなきゃいけないよ。でも、すぐには無理だと思うから、できるようになるまでは、取られた本は先生に上げたと思って、また買えばいいよ。今から本屋にもう一冊買いに行こう。」と言いました。

すると、少し落ち着いたようで、「やっぱり、月曜日に返してくれなかったら、新しいのをもう一冊買ってもらうことにする😓」と言い、月曜日に無事返してもらうことができたようです。

しかし、roboのような子にとってはつくづく、学校という場所はなじみにくい場所だなと思います。しかし、先生のことを「ひどい!」と私が言ってしまうと、先生に対する不信感が本人の中で盛り上がってしまって、学校に対して不安感がつのってしまうので、私はまず、先生の立場や考えを説明します。その後に、本当はどうするべきだったのかを教え、そして、今回の件はどのように解決するべきか、という風に3段階で入れています。自分がどうすればいいのかがわからないと、また同じ悲劇が起こるのではないかと不安になるし、今回起こったことをどう解決したらいいかわからないと不愉快な気持ちだけが残ってしまうからです。

このように、社会の中でつまづいては起き上がり、つまづいては起き上がりの毎日の中、皆よりできないことの多いroboでも、何とか少しずつ自分なりにうまくやっていくスキルを身に付けていってはいると思います。

例えば、家庭科の裁縫でコースターを作っていたらしく、昨日は仕上げの袋縫いの部分が出来なかったから教えてくれ、と持ち帰ってきました。聞くと、他の子は学校で仕上げて出したということです。きっと全員が出来たわけではないと思いますが、不器用なroboには先生の口頭による説明だけではできるわけはありません。こういう時、roboは冷静にこれは家でお母さんに教えてもらってやればいいんだと自分を納得させて帰ってくるようになりました。

しかも、自分でこなせることは自力で完成度は低いなりに仕上げてくるので、これは、なかなかの判断力だと感心しています。先生にもちゃんとできない場合は、「家で仕上げてきます。」とことわっているらしいです。家庭科の先生もroboにばかり手を掛けていられないので、このようにするしかないのだと思います✂📍こんな感じなので、家庭科の成績はパッとしませんが、roboはそのかわり、音楽や4教科の方で健闘しているので、欲張る必要もないと思っています。

この調子で、中学校でも3歩進んで2歩さがる的に成長していってくれたら、と願っていますemoticon-0157-sun.gif

障害のある方が働いているオーガニック食品のレストランのランチをよく食べに行きます。たっぷり野菜でおいしいです🍴
e0365597_11044894.jpg

いつもブログを訪問していただきありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-02-16 09:31 | Comments(0)

roboのバレンタインデー

roboは今年、一つだけ本チョコをいただきました。とっても可愛い同い年の女の子がドキドキしながらチョコをroboに渡してくれました。roboもちょっと照れたように笑って「ありがとう😌」と受け取りました。

しかし、女の子の方がオマセなのでしょうか。roboの方はまるでピンときていない様子です💔まだ、異性を意識するには幼すぎるようです。

以前もroboの友達の妹に「私をお嫁さんにしてね❤」なんて言ってもらいましたが、「それは、無理だな。僕は結婚はしないから!」とバッサリ。全くもったいない話です。私からしてみれば、2人ともいい子なので、今からキープして、将来roboをお願いしたいくらいです(笑)

1人の子はroboが可愛いから好きなのだそうで、もう1人はroboがおもしろくて優しいから好きなのだそうです😘ありがたいことです😃

しかし、概して発達障害がある場合、女の子は異性に対して積極的だけれど、男の子は異性に対して消極的なことが多いそうです。男の子は、対処に戸惑ってしまったり、男女交際にはお金が掛かると考えてしまうそうです(『思春期のアスペルガー症候群:監修佐々木正美』より)。もちろん皆そうだというわけではないと思いますが、roboに限ってはそういう傾向がありそうです。

私としては、roboが親亡き後、兄弟もいなくて1人ぼっちになるのはとても心配なので、いい奧さんがいてくれたらこんな安心なことはありません🏠しかし、家族ができたら、できたで、また別の心配事が出てきてしまいます。ちゃんとroboが家族を養っていけるのか、子育てできるのか、などなど想像するだけで目まいがしてきます🌀本人も「僕は子供なんて育てられないから、結婚はしないよ!」と言っています。

まぁ、今から勝手な妄想などせずに成り行きにまかせるしかないのだとは思っています。万一roboが結婚したくなったら、それを止めることはできないだろうし、かと言って、結婚したくないと言っているのを無理やり結婚させることもできないのですから。

このままでは、いくつになっても私の心配は尽きないことでしょうemoticon-0106-crying.gif
e0365597_16330392.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
# by robo223 | 2017-02-15 08:24 | Comments(4)

roboは元気!

roboは小さかった頃、体が弱くて、しょっちゅう風邪を引いたり、扁桃腺が腫れて熱を出したり、中耳炎になったりしていました。当時私は仕事をしていたので、roboをしょっちゅう病児保育に預けていました。病気の時も他人に預けなければならないことが私はつらくて仕方ありませんでした。

母に預けられれば良かったのですが、当時、母は元気だった父と山中湖を見下ろす山荘で田舎暮らしを楽しんでいたので、時々しか預かってもらうことができませんでした。そのかわり、夏一杯はその山荘を私達は訪れ、エアコンなしで涼しく快適に過ごし、朝は鶯の声で目覚めるなどroboに都会ではできない体験をたくさんさせることができたので、良かったです。数年前、父が亡くなったので、母は横浜の家に戻ってきて一人で暮らしていますが、とてもroboのことを可愛がってくれるので、すごく助かっています。

ところで、小さい頃弱かったroboですが、今はとても元気です。中学受験の2日前、うちに遊びに来ていた友達は、その日体調が悪いと言って咳をしていたことを以前ブログで書きましたが、なんとその子は、その夜高熱を出し、次の日インフルエンザで学校を休んでしまったそうです。私はその話を聞いてヒヤリとしましたが、roboはインフルエンザの予防接種も受けていましたし、R-1も毎日飲ませていたので、絶対大丈夫と自分に言い聞かせていました。

そして、何とかインフルエンザどころか風邪を引くこともなく、受験シーズンを乗り切ることができました。今回ばかりは、roboの元気に感謝しました。何しろ、体力が減退してくると、気力もわかなくなってくるので、元気は大事だと思います💪受験の初日に大きくずっこけましたが、不屈の精神で3日目に蘇ったroboのメンタルの強さは親の私を越えるものでした。今後も、ずっこけてもずっこけても、力強く立ち上がる人であってほしいです。

とにかく、roboはこの2年程は熱を出したことは1度もなく、この冬は風邪さえも引いていません。スイミングのおかげもあるし、よく食べるおかげもあるし、性格がのん気なおかげもあると思います。

とは言え、「無事これ名馬」とは、良く言ったもので、いつもroboの元気に助けられる部分は大きいです。

我が家の癒し空間。両方とも、アロマポットです。
e0365597_09253013.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-02-14 08:23 | Comments(2)