不登校を解消する④

今回は、3つ目の「不登校の理由と対処方法」について書きたいと思います。

これは、どちらかと言えば、性格は真面目で大人しく、周囲に迷惑を掛けるどころか、好かれているのに、学校に足が向かないタイプのお子さんです。こういったお子さんは繊細で傷つきやすかったり、完璧主義だったりすることによって、学校の多くの刺激の中で、1日過ごすことがしんどいことが原因のようです。

これは、脳内にセロトニンなどの不安を解消する物質が分泌しにくく、先のことを心配したり、緊張が強かったりするせいかもしれません。

こういう子には無理は禁物です。すでにいつも無理をしているからです。真面目に物事に取り組むし、集中力もあるので、出来ることも多いため、もっと出来るだろうと大人(それが先生の場合も親の場合もある)が期待して、さらに高い要求をして一杯一杯になって疲れがたまって、不登校になっている場合があります。また、周囲に気を遣いすぎて疲れてしまうこともあります。

または、真面目で完璧主義なため、自分で自分を追い込んで、一杯一杯になっている場合もありますから、こういったお子さんには、周囲も本人も、子供への要求程度を落とすことが必要です。

その上で、不登校によって崩れてしまった生活態度を、少しずつ少しずつ改善し、きちんとした日常生活を取り戻して行きます。まずは、午前中に起きて、ドリルを一問だけやり、1つお手伝いをする、というところからのスタートです。

学校に行けなくなったことで、家でダラダラ過ごしていると、耐性が低くなって、精神的にも体力的にも消耗の激しい学校に復帰することが難しくなってしまいます。だから、徐々に家での負荷を強くして行きます。でも、要求することは、その子が見かけ上できそうなことよりは、うんとレベルを下げた内容です。周囲がまず、この真面目で健気なお子さんへの要求をひかえめにして、本人も自分への要求をひかえめにできるようにしていきます。

物事はそんなにきちんとしていなくてもいいんだ、とか、そんなに出来なくても大丈夫なんだ、ということを理解していけるようにします。また、嫌なことは嫌だと上手にことわる練習をしたり、誰かに助けを求める練習をしたりしていきます。

そういうメンタルトレーニングをしながら、だいたい、生活リズムが整ってきて、軽い運動ができるようになって来たら、登校刺激を入れていきます。軽い運動をするとセロトニンが分泌しやすくなるので、好都合です。

そして、この登校刺激の入れ方が、3つ目のタイプのお子さんは難しいので、慎重にやっていかなければなりません。何年も保健相談室(または、障害のある子は個別支援級)で過ごしてから、教室に入っていけるようになったこともありました。遠回りのようで、まずは家と教室の中間地点を経由した方がいい場合があるのです。

ところで、この3つ目のタイプのお子さんで発達障害がある場合、真面目に物事をこなすことがこだわりになって融通が効かず、学校になじみにくくなっている場合があります。学校では、無理して合わせているので、一見平気そうに見えるのですが、本人的には、かなり無理をしているので、学校に足が向きにくくなります。

これについては、こだわり崩しというトレーニングを家庭でやっていただきます。ほんのささいなことから、融通を効かせる練習をしていきます。例えば、本当はお茶が飲みたかったのに、それは1時間後にして今は水を飲んで、などと小さい我慢を繰り返しさせていきます。そして、ちょっとずつちょっとずつ本人に気づかれないように時間を掛けてハードルを上げていくことで、以前は絶対譲れなかったことも、楽に譲れるようになります。そこで、妥協することや、「ま、いいか。」を身に付けていきます。

すると、今までは、学校でだけ無理をしていて、家では思いが通りやすくて楽で家にいたのに、いつの間にか家でもあまり思い通りにいかなくなって来たし、耐性や柔軟性がついて来たために学校にいることにあまり苦痛を感じなくなって、出て行けるようになると言うわけです。

さて、いよいよ、次が不登校シリーズ最終回の登校刺激についてです。お付き合い、よろしくお願いします🙏


昨日のおやつはチョコレート好きのroboのリクエストで、チョコレートケーキでした😌
e0365597_15431574.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌷ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-06-25 08:38 | Comments(2)

不登校を解消する③

一般的な知能のお子さんが不登校になる原因を私なりに考えて、アドバイスや援助をしてきました。そして、3つのうち、2つの原因とその対処方法を前回書きました。3つ目に行く前に、少しお伝えしておきたいことがあります。

私は初め、簡単に10人弱と書きましたが、たった一人の長期化した不登校のお子さんを学校に呼び戻すことも、大変な労力のいることでした。

私は一人のお子さんに関わっている時は、1日の中で何度も何度もその子のことを、あーでもないこーでもないと考えて、より適切な方法、最善の方法を頭の中にひねり出そうとしていました。時には、roboのことはそっちのけで、何時間もお母さんと電話をしていることもありました。

でも、1番頑張っていたのは、やっぱりお母さんであり、それを支える家族、そして、本当は学校に行きたいと思っていたお子さん本人でした。ご家族で一進一退の攻防を日々繰り広げていました。

でも、不登校が解消したあかつきには、皆さん、何か肩の力が抜けていい感じに、家族の信頼関係や結びつきが強くなった様子でした。大きな山を家族で乗り越えた充実感があるようでした。中には、母親と息子2人で乗り切ったケースもあり、感動もひとしおでした。

ところで、私がアドバイスさせていただくに当たって、1番はじめにお願いすることは、お母さん自身の自己コントロール能力を高めてもらうことです。これから、ある程度軌道にのるまでは、お母さんが子供をコントロールしなければなりません。ご自分をコントロールできない人が子供をコントロールすることは難しいです。そして、一旦しっかり母親にコントロールしてもらって軌道に乗れば、だんだん自己コントロール能力が本人について来るようです。

学校という場所に行くことは、ある意味では、学校にコントロールされることです。ですから、人の意向に柔軟に対応することや、自己を律して他人に合わせることが出来なければ、学校に通うことは難しいです。学校は矛盾や不本意なことだらけですし、私達の子供を厚遇はしてくれません。

そういう状況に乗っかっていける子にするには、まずはお母さんに高い自己コントロール能力が必要になって来ます。だから、まず、お母さんに自分の言動を感情によってあまり左右されないように練習していただきます。実は、これが1番難しい課題で、逆にお母さんに自己コントロール能力が備わると後は早いです。もちろん、ついついガミガミ言ってしまった!とかは大丈夫です。それが、常態化しなければ大丈夫です。たまには、ガツンと言った方が効果的ですし。

逆にroboのようなタイプの子には、あえてガツンと言わなければならないところを、親御さんが受動的で優しく対応しすぎて、しつけが入っていない場合もあるので、これも親の自己コントロール能力が必要とされることになります。要するにそのお子さんによって、怒ったり説得したり、ほめたりのベストバランスは違うので、その子に合ったやり方で接していく必要があるのです。

しかし、本当はここまでして、学校に行かなくてもいいのではないか、と私はいつも思ってしまいます。義務教育は学校に通うことが、義務化されているわけではなく、教育を受けさせることが義務化されているだけですので、家庭で教育できれば、学校に行かなくてもいいのに、と思います。

だいたい、親が自分の言動をある程度コントロールできて、じき子供も自分で自分のことがコントロールできるようになれば、それこそ学校になど行かずに、学校より質の高いホームスクールが立派にできてしまうのです。

ただし、今の日本には、まだホームスクールに適した教育資源があまりにも不足していますし、諸外国に比して社会的認知度が低いので、これから開発していく必要があると私は考えています。


roboの学校近くで、きなこの和スイーツをいただきました☕
e0365597_08375199.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます🌷ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-06-24 07:42 | Comments(4)

不登校を解消する②

不登校のお子さんで私がアドバイスさせていただいたのは、発達障害の場合も定型発達の場合も両方ありました。でも、基本的にアプローチは同じです。「本人自体に変化を求めること」と「学校(主に担任の先生)に協力を求めること」の両面です。両者の歩み寄りがなければ、成功は難しいです。どちらか一方がいきなり完璧な動きをするということはあり得ないからです。

それでは、私が出会った不登校のお子さんの学校になじめない理由と対処方法を書きたいと思います。大きく3つに分かれていました。ただし、二つくらい同時に持っている子もいました。

一つ目は、周囲に受け入れられず、いじめられたり拒絶されたことが原因のタイプです。これは、発達障害のお子さんに多いケースで、本人には悪気はないし、親御さんも具体的に何が原因で周囲に受け入れられないのか理解出来ずに本人の抱える問題を解消してやれないし、周囲に理解を求めることも出来ていないケースです。または、本人も親御さんも課題に気づいているけれど、どうやって克服したらいいかわからないケースです。

よくあるのが、暴力や暴言、嘘、自慢話、または、会話の仕方やマナーの部分で幼さが目立ち、周囲に敬遠されている場合です。また、パニックやかんしゃく、大泣きが長時間続くなどで、嫌いではないのですが、付き合いづらく感じて、友達が出来ない場合もあります。パニック状態をからかわれて、自信をなくしてしまうこともあります。子供のパワーが強すぎて、家庭教育だけではうまくいかないこともあるので、民間療育機関でのトレーニングをお勧めすることがほとんどです。

トレーニングは自宅でもできますが、自己コントロール能力をつける練習です。例えば、一定時間正座をしたり、黙ったりして、自分の動きや発言を自分の意思や力で押さえられるようにします。本当は暴力をしたり大泣きすることはいけない、と分かっていても、嫌なことがあって、一旦それを我慢して先生や友達に相談するなどということができないことが原因だからです。

また、マナーや会話の仕方はドリル学習したり、家族を相手に練習したりして、相手の気持や立場をふまえたスムーズなやりとりができるようにしていきます。


暴力や暴言がある場合、親御さんは、そんなに自分の子に問題があって周囲に迷惑を掛けているとは思っておらず、トラブルは相手のお子さんのせいだと思い込んでいたりすることもあります。しかし、他のお子さんにも安全に学校生活を送る権利があるのですから、周囲に理解を求めるだけでは、何の解決にもなりません。私はその子を休日にroboと遊ばせて、その時の様子を見て課題を率直に親御さんに伝えたりします。

ですから、わらにもすがる思いの方でないとアドバイスできないのです。普通なら怒り出してしまうような内容をビシバシ言いますから😅そして、いくら本人やご家族が頑張っていたって、先生の適切な支援がないとすぐにはうまくことが運びませんので、先生にうまく周囲のお子さんとの仲を取り持っていただけるようにお願いしなければなりません。

また、腋臭でいじめられていた女の子は腋にデオドラントのスプレーを吹きかけただけで、いじめられなくなり、不登校が解消しました。親御さんは、まさかそんなことがいじめや不登校の原因だとは思っていなかったのです。ですから、実際に会ってみないとわからない、と言うわけです。

二つ目は、学業不振です。学校という場所は、やはり勉強がメインの場所ですから、勉強している時間が意外と長いのです。勉強が理解できないのに、その時間ずっと黙って座っているのは、きついことです。

また、勉強というのは学校において1番簡単に優劣をつけやすいものです。はっきり点数化されますから、周囲にも自分にもしっかり現実が伝わります。自己肯定感を簡単に下げることになり、自信をなくして学校に足が向かなくなります。勉強なんて出来なくていいから、学校に行きなさい!と言われても、真面目な子ほどできないことです。

ですから、学業不振が原因だなと思われるケースは、何がなんでも家族一致団結して学齢の勉強に追い付かせてもらいます。お母さんが教えるのがいいタイプ、個別塾に行くのがいいタイプを見極めて、全力で勉強です。しかし、いきなり1日1時間やったりすると、反発があるので、初めは1日5分からです。

それから、本来勉強に難なくついて行けるはずなのに、学校の勉強がつまらなすぎて不登校になっている子もいます。家にいれば、好きなことができるからです。この場合は、とにかく単純な勉強という行為に慣れて、勉強への耐性力を上げるしかありません。家庭学習を初めは5分から始めて、最終的には1日ぶっ続けで1時間くらいやれるようになれば、学校のつまらない授業に耐えられるようになります。しかし、親はあの手この手で、四苦八苦です。br>

三つ目が1番難しいので、次回、書かせていただきたいと思います。

ところで、このような課題を解消していくことは、実際、お子さんのためになることもあるので、私は援助していくのですが、その際、重要なことは、お母さんと密に連絡を取り合い、軌道に乗るまでは徹底的なアドバイスをしていくことです。昨日はどんな会話をして、どんなことをしたか、どんな反発があって、どこは頑張れたか、細かく細かくうかがって、修正しながら進めて行きます。

そして、お母さんの頑張りを認め、全力で励ますことです。お母さんはそれまでの数年間は孤独と戦っていました。不登校はあなたが甘いせいだと親戚に責められ、自分の子育てに自信をなくしています。ただでさえ、子供が学校に行かず家でゴロゴロしていることに苦しんでいるのに、さらに追い打ちを掛けるような言葉をあちこちで掛けられて来て疲弊しています。

ですから、テクニックがまずきちんとしてないと、なぐさめているだけで、物事は前に進みませんが、お母さんが安心して子供と向き合い、自分の子育てに自信を取り戻せるようにサポートしていきます。

実際、不登校だった子がほとんど休まず、学校に行くようになり、お母さんはある日気付いてみれば、睡眠薬なしにぐっすり眠っていたというような話しをうかがうと、私は最高に幸せです。


キリッとしたクールなシンプル・ライフにも憧れます。
e0365597_18340351.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌷ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by robo223 | 2017-06-23 08:21 | Comments(24)

不登校を解消する①

この問題は、とても難しく、簡単には語れないものがありますので、何回かに分けて、書いていきたいなと思っています。

まず、私は過去に10人弱の小中学生で不登校だったお子さんの相談にのらせていただいて、たまたまだとは思いますが、幸い全員公立学校での不登校を解消することができました。

もちろん勝手な私のおせっかいなので、無料です。不登校が長期化して、いかにも困っていそうな方がいらっしゃると、「もしよろしかったら、お力になれるかもしれませんから、気が向いたら電話を下さいね。」などと言うか、何かの縁で、あちらから頼って来て下さる場合もあります。

ただし、たまたまとはいえ、無条件に誰でも不登校を解消することが私の介入によってできたわけではないということをお伝えしておきたいです。逆に言えば、条件が整っていたから、うまく行ったとも言えます。条件は主に次の三つです。

一つ目は、私が直接不登校のお子さんと会ったり、学校で過ごしている様子を見ることができることです。それができなければ、お子さんの何が課題で学校になじめないのかわからないからです。親御さんが、客観的に我が子を捉えているとは限らないので、話を伺っただけでは、実態を捉えることができないからです。

二つ目は、場合によって、私が直接、担任の先生と話ができることです。先生には先生のお考えがあって、ベストを尽くされているとは思いますが、その時点ではその子にマッチしないやり方で支援している場合もあるかもしれません。ところが、必要な対応を母親がお願いしても伝わらないことがあるため、私から話をさせていただく必要があるからです。

三つ目は、不登校の期間が1年くらい経っていたり、まだら登校が数年続いているなど、不登校が長期化していることです。親も本人も先生もやれるだけのことはやって、万策尽きているケースです。万策尽きていないと、私のアドバイス通りに、親も先生も動いて下さらないからです。何をやってもダメだったからこそ、私なんかの提案したやり方でも試してみようと思って下さるのです。

しかし、まだ、そういうケースを扱ったことがないのでわからないのですが、ギフテッドのお子さんと知的障害のお子さんの不登校については、この三つの条件が例えそろっていたとしても、不登校の解消が難しいケースがあるのではないかと私は考えています。

もちろん、ギフテッドや知的障害のお子さんで、一般級に元気に通っているお子さんもたくさんいらっしゃるのだと思いますが、一旦不登校になると、一般的な知能のお子さんよりは問題がもっと根深いところにあると思うからです。

そもそも、今の日本の学校はギフテッドでも知的障害でもない大多数の知的能力の人をメインターゲットにして構築されています。また、通って来ている生徒も一般的な知的能力のお子さんが大多数です。そこで、理解の仕方やスピード、話題などをうまく合わせていくことが難しい子もいると考えられます。

そして、知的障害のあるお子さんの場合は一般級になじめなくても、まだまだ不充分な支援とはいえ個別支援級や養護学校になじめることもありますが、ギフテッドで一般級になじめなかったお子さんの場合は公的な行き先にあまり選択肢がないな、と私は思っています。

では、実際どのようにして、一般的な知能のお子さんの不登校を解消するアドバイスと支援を私がして行ったかということは、次回、書かせていただきますね。どなたかの参考になれば、と思っています。


植物の水やりにはこのピッチャーを使っています。
e0365597_16405413.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌷ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
# by robo223 | 2017-06-22 08:43 | Comments(6)

roboの自己管理能力はまだまだ発展途上にあります。自己管理しなければならないことは無数にあって、一つ課題を課すと、一つ出来ないという風に一進一退を繰り返しています。笑

宿題の管理、健康管理、時間の管理はなかなか健闘していますが、まだまだなのは、持ち物の管理と学習の管理です。学習の管理はまだハードルが高いので、スモール・ステップでやっていくつもりです。持ち物の管理について、家から持って行く物は、そこそこ揃えられるようになりましたが、学校から持ち帰ることがちゃんと出来ていません。もう少しは成長のペースを上げてほしいところです。

例えば、roboは中学生になって、あまり体操着を持ち帰らなくなってしまいました。小学校の時は、おそらく先生が週末、持ち帰るよう、皆に声を掛けて下さっていたのだと思います。ところが、それがなくなってしまったので、私がいくら持って帰って来るように言っても、何週間も持ち帰りませんでした😭

すると、ある日roboが持って帰って来たので、どうしたのか、と尋ねると、「K君に、『robo、3週間くらい持って帰ってないぞ!普通は1週間に1回くらいは持って帰るもんだぞ!俺なんか、毎日持って帰ってるぞ!』って言われたんだ。」と言っていました。

そして、「K君が『3週間くらい持って帰ってないぞ!』と言った時には、皆に『うわっ、きもーい😱💦』と言われたんだ129.png」と笑いながら報告していました💧男の子なので、言い方は少し乱暴ですが、その言い方はおどけていて面白かったようです😏

全くroboが男の子で良かった、と思いました😓これが女の子なら絶対許されないことですから。と同時に、友達は本当にありがたい存在です。中学校の先生は、子供の体操着のことなんて気にしている余裕はありませんからね。朝と帰りのホームルームしか、顔を合わせない日もあるのですから。

それからというもの、roboはせっせせっせと体操着を持ち帰るようになりましたが、全てはちょっと辛口なK君のおかげです。K君は普段ちゃんと仲良くしてくれているのですが、寝癖がひどかったりしても「寝癖ひでー!」などと指摘してくれるようで、私としてはとても助かっています。全面的に受け入れてくれる子ばかりでも成長しませんし、完全拒否されても心の健康に支障をきたしてしまいますから。

やはり、roboの成長にはお友達の存在が大きく関わっていると思います😆

今日はたまごサンドイッチに挑戦🍴
e0365597_09410362.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます✨ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると嬉しいです🍀
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
# by robo223 | 2017-06-21 07:52 | Comments(7)