「ほっ」と。キャンペーン

胸が傷むとき

先日、roboが今日はs君とケンカしたと帰ってきました。s君は普段からroboと仲が良くて、毎日ふざけ合っています。s君は私が思うに、スポーツのギフテッドです。スポーツのギフテッドは活躍の場が用意されているので、とても良好な毎日を送っています。詳しく紹介してしまうとまずいくらい花形競技において活躍していて、すでにテレビに何度も出ています。ずば抜けた運動能力で、将来はプロ選手になる可能性があるなと思っています。

同じクラスなので、体育の時間、鈍くさいroboに指示を出すのもうまいs君をよく同じチームに先生がしているようです。今回もTベースという野球を簡単にしたような競技で同じチームになっていたようです。最終日に試合をした時に球技が苦手なroboですから、守備がうまくできなかったところ、roboはs君にきつい言葉を掛けられたと感じてケンカになったようです。

ずいぶん長い時間言い合いをしていて最後は先生が介入して下さって仲直りしたそうなので、roboは私に報告はしたけれど、特に嫌な気持ちは引きずっていませんでした。s君はとても親切ですし、頭の切れが良くユーモアのセンスもあって、roboはs君が好きです。しかし、s君はroboが間違っていることを率直に指摘するので、逆ギレしたroboとはよくケンカになります。と言っても、お互いさっぱりした性格なので、仲直りをすれば次の日まで引きずることはありません。

だから、私も落ち込む必要は全くないのですが、やはり、このようなことがあると、ついつい胸が傷んでしまいます。roboは発達性協調運動障害があるせいか、ビックリするくらい球技が苦手です。同じチームになった他のお子さんも、自分のチームが負けたりすると、正直roboがもうちょっと動けたらなぁと思うに決まっていますから、roboがそのときばかりはやっかいなお荷物になっているのだろうなと思うと、roboが可哀想で悲しい気持ちになります。これまでも、roboが友達ともめる確率が高かったのは、競技大会や体育の球技の時です。

救いは、大人になって社会に出たら、球技大会も体育の授業もないということです😔💧

roboは週刊サンダーバードの製作中です🔧🔨連載は2年間も続くので、まだあと10か月あまり続きます😅
e0365597_08594923.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-02-23 08:38 | Comments(4)

男の子達の力関係

roboが一般級に転籍してから、色々な友達との付き合いが始まりました。roboはわりと一般の6年生の男の子と好きなことが重なる部分も多くて、すぐにたくさんの友達ができました👧👨👦👩

ところで、roboの存在というのは、いつも皆の中の弟分で、皆に付いていく立場なんですが、かえってそれが友達関係が充実した要因でもあるようでした。なぜなら、皆、自分と対等に付き合えるか、または、自分が若干優位な立場に立てる子と付き合いたがるからです。つまり、カースト制の1番下に存在するroboは、クラス全員の男の子と仲良くできるチャンスがあるわけです。

roboは自分の立場が低いことは知っていますが、そのことをあまり気にしていなくて、自分のしたいことさえできればいいし、ましてリーダーシップを取るのなんてまっぴらごめんで、皆に面倒を見てもらうのが大好きな人なのです。これくらいプライドが低いと、ある意味では生きるのが楽だと思います😜(プライドが低いのは、主人ゆずりです)

ですから、roboと2人なら遊べるけど、他の自分より立場の強い子がいるなら遊べない、というケースが結構あって、そのへんの微妙な空気の読めないroboが、両方の子に誘われた時など、皆一緒に遊べばいいのになぁ、なんて言っていることもありました。

ですから、2人の子に誘われた時は、先に誘ってくれた子と遊びなさい!と言い、なぜ一緒に遊べないのかということも教えました。相性もあるだろうし、力関係もあるのだと。

また、roboは誰かに特別執着するということもなく、どの子とも精神的な関係が薄いということもあって、逆に誰とでも仲良くできるようです。それに、6年生ともなると、皆自分の立ち位置がどのへんにあるか分かってきて、一緒にいて気後れするような相手とは過ごせなくなってくるようですが、roboは誰に対しても、上から目線になることもないし、誰に対しても気後れすることもないので、どこのグループにも出没できるようです。

修学旅行の部屋割りでも二つのグループから誘われたそうですし、席替えでもroboのそばをジャンケンで取り合っていることもあったようです。先生も「robo君といると、気の弱い子はプレッシャーが掛からないから楽なんです。」とおっしゃっていました。一応フォローで「robo君の賢い部分を見て付き合ってもいますよ。」とはおっしゃって下さいましたが💧また、元気な子は元気な子でroboの月並みでない言動がおもしろいようですし、roboには一風変わった需要があるのです。

逆に皆に構われ過ぎて、困っていることもあるくらいです。親としては、これが果たして本当の友情かどうかは、かなり怪しく感じていますが、相手にしてもらっているだけありがたいことだなと思っていますemoticon-0100-smile.gifそれに、roboは自分がこだわる部分で納得できないことがあると、徹底的に戦い、決して泣き寝入りはしないので、ストレスはためていないようですし、自己主張する分、周りの子もroboが何を求めているかわかりやすくて、付き合いやすいのかもしれません。

roboは自分でイメージしたLEGOのロボットを、一つ一つパーツをお小遣いで買い集めながら作っています。まだやっと、上半身にたどり着いたところです🔧🔩
e0365597_16384092.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-02-22 09:17 | Comments(2)

中学の勉強やってます!

roboは2月初旬からボチボチ中学の勉強をやり始めました。いきなり、英語のスペルに抵抗感が発生して苦戦を強いられていますし、簡単と思われた正負の数も計算の苦手なroboには鬼門だったことがわかりましたが、何とかゆっくり進めています📖✏一応、私の計画では、中1の英語と算数のドリルが一冊ずつ終わったら、英検5級と数検7級のテキストを一冊ずつやらせてみようかな、と思っています。

そして、だいたい理解できたら、英検・数検にチャレンジさせたいと思っていますが、なかなか、長い道のりな気がしています💧

あと、国語の方も時々やらせていて、簡単な文章読解と文法をゆっくり進めています。理科・社会は定期試験前の対策だけでいいかな、と思っています。実際に中学校に通い始めれば、電車通学に慣れたり、宿題があったりと、そんなに勉強はできないと思うからです。
e0365597_14274383.jpg


ところで、私が心配しているのは、私が数学が苦手なため、どこまで私が教えられるかということです。中学までは何とかなると思うのですが、高校からはかなり厳しいと思います😖私に「家庭教師の大人トライさん」をつけて、勉強しなければならないかもしれません(笑)

または、主人の仕事が忙しくなければ、私が主人に習って、roboに教えるという方法もあります。一応主人は数学が専門で、マスターまで行っているので、教えてくれるかもしれません。しかし、主人は「自分は大学院では、研究会の時の弁当の手配と、研修旅行の添乗員のようなことをしていただけだからなぁ。」なんて言っているので、あまり期待できないかもしれません(笑)ところで、主人のこういう自虐的なところが妙にroboと似ています😅

まぁ、私も高校の数学はあやふやだったので、roboと一緒に勉強し直したいという気持ちもありますので、やれるだけはやってみたいと思っています。

いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-02-21 09:08 | Comments(0)

M学院のガイダンス

家族3人で、M学院のガイダンスに行ってきました。校長先生の挨拶の後、教科書や年間予定などの説明を受けました。その後、制服の採寸や体操着の購入がありましたが、紐靴の上履きのサイズをちょっと大きめで選ぶと、なんと26センチ(巨大!)を買うことになったのには驚きました👣😱💦まだ、身長が150センチしかないのに…😅

roboは入学して来る他の生徒達を見て、「これくらいの人数なら、なんとか対処できそうだな。」と言っていました。また、「僕は聴覚過敏があるから、人数が少ない方が静かでいいんだ。」とも言っていましたので、やはり、小学校の倍の人数になる公立中学校への進学はroboの場合、厳しかったなと思いました。人数が多いとそれだけで刺激が多くて、疲れてしまったり、エネルギーを無駄に消耗してしまうかもしれません😖

それから、学校から駅までの道のり、「なんかこの街、おしゃれだし、落ち着くよ。お母さん、いい学校を選んでくれてありがとう❗」と言っていました。そして、歩きながら鼻歌で「中学校♪中学校♪あなたのほっぺにチュウ学校😘」と歌いながら歩いていたので、この学校を気に入ってくれたようです。

しかし、春休みの宿題を数学・英語・理科・社会の4教科バッチリ出されてしまってガーン😨となってしまいましたemoticon-0106-crying.gif


よく行くカフェでは、メニューに甘酒があります😌
e0365597_14242734.jpg

いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-02-20 09:10 | Comments(2)

小学校最後の懇談会

先週、roboの小学校で6年生最後の授業参観と懇談会がありました。懇談会では、おしまいに一人一人保護者が一言話す場面がありました。低学年の頃は保護者が一言話すことが多かったのですが、中学年以降は一度もそういう機会がなかったので、久しぶりにお話を伺って、この数年で保護者の心境にもずいぶん変化があったのだなと私は感じました。

低学年の頃はまだ子供も無邪気で、親のコントロールがある程度きく状況にあるので、たぶん、親御さん達もすべてを楽観的にとらえることができていたのだと思います。

しかし、6年生になって久しぶりに聞いた親御さん達の我が子に関するトークは、まるで印象が違いました。全体的に、親はこうしてほしいけれど、子供が思い通りにしてくれないという話しが主で、中には深刻なものも多くて、途中、涙するお母さんまでいらっしゃるくらいでした。(もちろん、明るい話題の方もいらっしゃいましたが。)

子供達が思春期になり、何か1つでも心に悩みを抱えてしまうと、深刻化しやすい状態にあります。また、すでに反抗期を迎えている子も多いため、なかなか親の思う通りにはいかないために、状況がにわかに改善しにくかったりするので、親の悩みや不安も深くなっているようです。

また、6年生にもなると、能力、性格、身体的条件などの個性がはっきりしてきて、低学年の時のように、そのうち何とかなるだろうと楽観的ではいられなくなっていることもあるようです。

私はそれぞれ保護者の方々のお話を伺って、悩んでいらっしゃる方のお気持ちは、よくわかる気がしました。roboのように障害があるわけではないのだから、大したことないのではないか、とは思えませんでした。一般のお子さんの方が期待値も高いだけに、親御さんへのプレッシャーも強いことでしょう。

そして、実際、親の立場になってみれば、勉強のこと、学校での態度のこと、いじめなど友達関係や不登校のこと、外形のことなど、気をもんだり、嘆いたりするのも無理ないなと思うことばかりでした。皆等しく、我が子には健やかに育ってほしいと願っているのですから。

外側から見ると、皆なにげなく過ごしているようでも、思春期の子供達にはそれぞれ心の葛藤があり、それを支える親にも悩みや迷いがあり、それを親子でこれから乗り越えていくのだなと感じました。

roboが作るLEGOはいつもプロペラがついています😜
e0365597_12113040.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-02-19 09:20 | Comments(0)