roboには運動が必須です

休みの日に何の用事もないと、roboは「体がなまってきた!」と言って、一人で外に自転車を走らせに行ったり、ジョギングに行ったりします。近くにサイクリング・コースがあるので、新しく買ったばかりの自転車を走らせるのは最高の気分のようです🚲ランニング・コースもあるのですが、ランキングは主にマンションの中庭を走っています。1周50m~60mくらいあって、ストップウォッチではかりながら、ぐるぐる走っています🏃💨

スイミングで1㎞以上泳いでも、泳ぎ足りないなぁ、と言っているroboです。やはり、男の子は体を動かしていないとウズウズするのでしょうか。

以前の記事にも書かせていただきましたが、発達障害の人は大人でも、セロトニンがうまく分泌していないことが多くて、運動を日常生活に取り入れただけで、復職できた人も多いのだそうです。しかも、ウォーキングや水泳のようなリズム運動がよりセロトニンの分泌を促すそうです。軽くて楽しめる運動を取り入れることで、心が安定しメンタル面が強くなるそうです。

ですから、私はroboにはずっと運動を続けさせようと思っていますし、本人も今のところ、そうしたいと言っています。取りあえず、今後も水泳を続けさせるつもりで、中学3年生までは今のスイミングに通わせるつもりです。部活はパソコン部に入りたいと言っていますので。

高校からは、スイミングが受け入れてくれなくなるので、家の近くの歩いて3分くらいのところにある新しいスポーツ・ジムに入会させて、そこのスイミング・コースに通わせる予定です。そのジムには私の母も通っているので好都合ですし、スイミングの月謝とジムの毎月の利用料金は7000円くらいでほぼ同じです。roboもジムのランニングマシーンで走ったり、ベンチプレスを使ったりするのを楽しみにしていますemoticon-0165-muscle.gif

しかし、気づいてみると、高校生になったら…が、あとたった3年だなんて信じられない気持ちです😱

robo自慢の新しい自転車です🚲💨
e0365597_14503115.jpg


ブログを訪問していただき、ありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-01-29 09:11 | Comments(0)

読み聞かせで3時間

roboが低学年の頃まで、私は信じられないくらい長い時間、roboに読み聞かせをしていました📕長い時は、休憩を入れながら、3時間くらい読んだ日もありました。

なぜ、そのようなことになったかと言いますと、理由は単純です。
①私が読み聞かせをしたいから。
②roboが読み聞かせをしてもらいたがるから。
③本を好きになってほしいから。

つまり、需要と供給がぴったり合っていたからなのです📚もちろん、小さい頃は読む本が絵本だったので、短時間で読み終わっていたのですが、だんだん短い本は自分で読み、長い本は私に読んでほしがるようになりました。

低学年の頃、roboがお気に入りで自分で読んでいたのは、「ももいろのきりん」や「エルマーとりゅう」です。それに対して、私が読まなければならなかったのは、「おおどろぼうホッツェンプロッツ」「エーミールと探偵たち」「魔女の宅急便」「ドリトル先生」などですが、どれもシリーズで何冊も何冊も続くので、週末は毎週、鬼のように読み聞かせをしていました📚
e0365597_16281743.jpg

e0365597_16292996.jpg


でも、4年生くらいになると、長い本もだんだん自分で読んだ方が良くなってしまったようで、私の出番はなくなってしまいました。1日3時間くらい読まされていた時はヘトヘトでしたが、私にとっては充実した時間でしたから、読み聞かせができなくなって、今はとても寂しいです。

よく自転車の後ろにroboを乗せて、近くの図書館に行って、どっさり絵本や図鑑を借りてきていた頃が懐かしいです。

本は心の世界を豊かにし、見聞を広げ、思考力や想像力を育てるのに最適なものだと思います。それだけでなく、日々の生活に喜びを添え、自分と静かに向き合う時間をもたらし、時には心の傷まで癒してくれます。文学少年とまではいきませんが、本が傍らにある生活をroboに与えられたことは、親として最良の贈り物ができたと思っています。

苦労を背負わせてしまったroboに、親として少しでも、roboの人生が良いものになるようにしていきたいと思うばかりです。本がいつもroboのそばにあって、今後乗り越えていかなければならない荒波を少しでも凪いだものに変えてくれたら、と思います。

いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると、ありがたいです
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
# by robo223 | 2017-01-28 09:13 | Comments(2)

塾、最後の日

昨日でroboの塾通いは終了しました✏📖roboが塾に通い出したのは、小学校3年生の6月からだったので、4年間弱お世話になりました。しかし、受験が来週で終わってしまうので、1月1杯で退塾します。

また、roboの志望校は両方とも、学校に個別指導塾が入っていて、放課後、塾用の教室へ行って自習し、わからないところがあると、先生に質問して教えてもらうことができます。この形式は、今roboが通っている個別指導塾とあまり変わらないので、もし、必要があれば、こちらを利用する方が経済的です。

そんなわけで、roboは「僕は大学受験まで通いたい!」と言っているのですが、事情を話して昨日でおしまいにしてもらいました。

ところで、roboをこの塾に通わせ始めたのは、小学校2年生の時に主治医のS先生から、中学受験して一般の学校に行くと良い、と勧められ、まずは早めに塾慣れさせようと思ったからです。また、私には中学受験の経験がなく、受験情報も早くからキャッチした方がいいと思ったからです。そして、初めは週1からスタートして、だんだん日数を増やしていく予定でした。それは、さすがのroboも高学年になれば、母親の言うことなど聞かなくなってきて、親以外の人の指導が必要になってくるだろうと思ったからです。

しかし、何年たっても結局roboは、私に勉強を教えられるのを嫌がらず、塾の先生には申し訳ないのですが、塾で教えていただくより、よっぽど家で勉強した内容の方が定着が良いままでした。

それは、塾の先生もおっしゃっていましたが、「robo君は理解力はあって、問題の解釈の仕方が正しいんです。でも、いかんせん集中力が続かず、ぼーっとしてばかりいて、勉強がはかどらないんです💧」ということで、いくら塾に通わせても、理解力以外の問題が大きくで、残念ながら時間の無駄でした。塾の先生も頑張って下さったのですが、全ては徒労に終わってしまいました。例えば、先生がずっと同じだと飽きるということで、3回に1回くらい担当の先生を変えて下さったりしました。

ですから、家で私があの手この手でモチベーションを高めて、学習に集中させることが、一番効果的だとわかり、最後まで塾の日数は増やせませんでした😔📖

でも、私自身が塾の先生にアドバイスをしていただいたことで、とても助かったので、通わせて良かったなと思います。例えば、どんな模試を受けさせればいいのかとか、試験中は「捨て問」というのを見つけて、できる問題だけを確実に解くんだということなどを教えていただきました。当たり前のようでも、改めて言っていただかなかったら、危うくroboに解かなくてもいい奇問・難問に取り組ませてしまうところでした😓

また、1番ありがたかったのは、roboが初めての模試で、ひどい結果を出した時のことです。模試の結果を見た先生が、鋭い分析をして私を励まして下さったのです。一見、この結果だとどこの学校も合格ラインには程遠いようだけれど、各教科あとたった5・6点アップすれば、合格率80%になる、と教えて下さったのです。確かに、模試の結果には、あと全部で何点取れば、合格率が何%になるという情報が書いてありました。そして、それには、あと計算問題と漢字が数問できればいいだけだ、ということも指摘していただき、随分気が楽になったものです😌

ですから、何やかんや言って、「餅は餅屋」だなと思いました。

お気に入りのジャーです😌
e0365597_16051363.jpg


いつもブログをご訪問いただき、ありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-01-27 09:11 | Comments(2)

人に関心を示すrobo

roboが高学年になって大きな変化を見せたことの一つは、人に関心を示すようになったことです。

小さな頃のroboは人よりも物への関心が圧倒的に強く、興味のある物に突進していくような状態でした。また、個別支援級の友達がroboに話し掛けても、まるで、耳が聞こえていないかのような反応の悪さでした。

しかし、それが突然、4年生の後半くらいに大きく変化しました😱同じ個別支援級のママ達から、「最近、robo君が変わった!」と言われ、「robo君が声掛けに反応したり、robo君の方から挨拶してくれたりしてすごく嬉しい!」とか、「前は私がまるでいないかのように、相手にしてくれなかったのに、話に付き合ったり、話し掛けてくれるようになった!」という声が寄せられるようになったのです。急に人への反応が良くなったのは、なぜなのかわかりませんが、ぎこちないながら、roboなりに社会と関わっていこうという姿勢がはっきり見えるようになってきたのです。

それから、一般級に転籍してからは、「自分が個別支援級の子を見捨てて行ってしまった、と思われたくない!」という気持ちが強くて、校内で支援級の友達に会うと、積極的に声を掛けていました。また、「支援級で仲良くしていた友達と遊ぶ時は、一般級の子と仲良くなったり、放課後遊んでいる話は絶対したくない!」と言っていました。支援級の友達を大切に思っているので、自分が裏切ったと思われたくないらしいのです。このように、相手からどんな風に思われているかを考えたり、また、相手を大切に思ったりする気持ちがroboにはいつの間にか芽生えていたようなのです。

それに、すでに仕上げた卒業文集の内容も、「友達とのかかわり」が主なテーマになっていて、運動会でみんなと協力して組み体操を成功させたことへの達成感や、日光修学旅行でみんなと過ごした時間の楽しさが綴られていました。

しかし、ここまでよく成長したなと思っても、やはりroboはroboだなと思う面も多々あります。

普通一般の子は、休み時間をだいたい決まった仲の良い子と過ごすのですが、roboは休み時間は自由に一人で気ままに過ごしたいようなのです。主に図書館で一人、図鑑や本を読んでいたり、陽気のいい日は一人気ままに校庭をさまよっていたいらしいのです。友達は随分遊ぼうと誘ってくれたようで、それをしばらく断っているうちに、最近は皆あきらめて、ほおっておいてくれるようになったらしいです。

はじめは私もせっかく誘われたのなら遊んだ方がいいし、誘われないなら、自分から仲間に入る努力が必要かなと思っていましたが、最近はすっかりあきらめてしまいました😜まず、第一に休み時間一人でいても、なぜか友達に見捨てられることがなさそうだということが分かったからです。グループを作る時も何とか誘ってもらえているようだからです。また、何かと頑張っているroboに休み時間くらい、ほっとさせてやりたいと思ったからです。


そんなわけで、一般のお子さんと同じようにはいきませんし、何だかズレているような感じもしますが、roboなりに情緒面の成長を遂げていることは確かのようです。

roboが乗るのを楽しみにしていた、貸切の修学旅行専用列車です🚃
e0365597_17195718.jpg

いつもブログをご訪問いただき、ありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-01-26 08:22 | Comments(0)

願書を提出しました

roboの志望校はweb出願のせいか、出願期間が遅いので、遅ればせながらやっと願書を提出し、あと1週間で中学受験当日になります。roboが受験する学校はどちらも受験料が20000円で、登録しておけば何度受けても料金は変わりません。ですから、2月1日~4日までの日程中、全て登録して、もし1日目に受からなかったら、4日まで同料金で受け続けることができるようにしました。

でも、出来れば1日目か2日目くらいまでには、学校を決めたい!と思ってしまいます😓

ところが、昨年の7月に受けた模擬試験の結果で第一志望が合格率30%以下と出て、大焦りで勉強に本気モードで取り組み始めたのはいいのですが、11月の模試で合格率80%が出て、12月に受けた学校独自の模試でも合格点を上回っていたので、その後、なんだかすっかり気が抜けてしまって、失速気味です😖他のお子さんは最後の追い上げをしているさ中、結構のんびりしてしまったので、かなり心配ですemoticon-0101-sadsmile.gif

roboの方も「早く旅行に行きたいな~😌熱海がいいなぁ~♨」なんて、心ここにあらずです。毎年、冬休みには温泉旅行に行っていたのに、さすがに今年は受験生なので、旅行を控えました。それが、旅行好きのroboには残念だったようです😔

ところで、いまだ2E専門のS学園への迷いがありますが、姉から「私もこっちの方がいいと思うけど、遠いから中学生には無理だと思うから、高校からにしたらいいと思う!」というアドバイスを受けたことから、もし、一般の私立中学に適応できなくなったり、反抗期がひどくて専門性のある指導が必要になったら、編入を考えてみようかな、と思いました。もちろん、受け入れていただけるのなら、ですが。また、もちろん一般の私立中学が2校とも不合格だったら、S学園を受験させるつもりです。(roboもS学園を気に入っていますから😌)

そして、受験が終わっても2月中のroboは、とても忙しいです🏃💨発達検査が2月中に2つも入っているからです。1つ目はS学園発達研究所でWisc4を受けることで、2Eの側面からアドバイスをもらえたらなと思っています。もう1つは、首を長くして待っていた某大学のK-ABCの予約が取れましたので、こちらは非言語性学習障害の側面からアドバイスをもらえたらなと期待しています。

ところで、今回、北出先生の視覚機能検査から某大学の検査までの流れを中心的にコーディネートして下さったM先生は某大学の講師の方で、roboが視覚機能検査を受けている間にとてもありがたいアドバイスをいただきました。

roboは今のところロボットを作りたいと言っているという話をしたところ、「小さい会社の研究所に就職した方がいいですよ。」と教えていただきました。その理由は、「大きな企業だと、ある程度年がいくと、管理職にならなければならなかったり、社内異動があったりしてつまづきやすいけれど、小さい会社の方が自分のやりたいことに集中しやすいから。」というものでした。とても有益なアドバイスでした。

また、roboの主治医のS先生はもとT大の精神科医で、この世界ではかなり有名な先生なのですが、その先生にも、いつも有益なアドバイスをいただいています。「robo君のような人は一般的な課題には興味を示さないので、高校・大学はそこそこのレベルの学校に行って、専門性で勝負できる大学院から望みの研究ができる大学に編入するといいんだよ。そういう人は多いんだよ。」と教えていただきました。

こんな風になれば理想的ですが、現実的には難しいことも私はわかっています。でも、客観的に様々な場所でroboの将来についてアドバイスを受けて、どうroboの毎日を組み立てていけばいいか、考えられることはありがたいことです。

まだ、中学からどこに行くかも決まっていないのに、母の気持ちはすでにもうその先に飛んで行ってしまっています。当のroboの気持ちをすっ飛ばして、一人で突っ走らないようにしなければ、と反省しながら、まずは、目の前の中学受験で合格を目指したいと思います🈴

我が家をほんの少し📷
e0365597_10311086.jpg

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-01-25 08:32 | Comments(4)