断捨離は難しい!

roboに想像性OEがあるせいか、物への感情移入が激しく、なかなか物が捨てられません。特にオモチャなど、もうとっくに遊ばなくなったのに、捨てられず、どんどん持ち物がたまっていって、本当に困ります002.gif

roboは、物には一つ一つ、命と心があると感じてしまうらしくて、どうしても捨てられないと言うのです。親戚の子に譲ったり、バザーに出すのなら納得するのですが、壊れてしまっているものなどは捨てるしかないので、roboに捨てることを承認させるのに一苦労です。

最近は少し成長してきて、壊れたりパーツがなくなって遊べなくなったものや、破れたり汚れた服を捨てることは少しずつ受け入れられるようになってきてはいます。

しかし、捨てるのは自分がいない時にしてくれ、などと言っています。ゴミ袋に入っているのを見ると「捨てたりして、ごめんな。」という気持ちになって悲しくなると言うのです。実際、捨てる物に小さな声で「ごめんな!」と声を掛けたりしています😅想像性OEだけでなく、感情性OEも原因なのかもしれません💧

オモチャや洋服だけでなく、お菓子の箱だのチラシだの、あらゆる物を捨て渋るので、いちいち私が捨てさせなければ、自力では一生何も捨てられないかもしれません。自閉症特有のこだわりも、この特性を強化しているのだと思います。

心配なのは、将来roboの住む家がゴミ屋敷になって、ご近所に迷惑を掛けることです。だから、私はできるだけ、roboが気持ちを切り替えて、不要品を捨てられるようにしていかなければ、と思っています。それで、少しずつですが、捨てるべきものを自分で捨てるように促してはいますが、なかなか長い道のりです。

登場するのがLEGOのロボットばかりの映画「バイオニクル」のトーアというLEGO達なのだそうです。
e0365597_18321889.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-03-07 10:07 | Comments(0)

処理能力の開発

先日、あーちゃんママさんのブログに、しなやかマインドセットでおなじみのキャロル・デウェックさんの講演についての記事がありました。(いつも感想文みたいなことを書かせていただいて、あーちゃんママさん、申し訳ありません💦)

デウェックさんの研究によると、「学習や問題解決に使われる脳の処理能力は、開発・育成できる」そうです。

子供には二つのタイプ「成長型」と「停滞型」があって、「成長型」の子供は「挑戦好き・じっくり取り組む」という特徴があり、「停滞型」の子供は「エラーから逃げる」という特徴があるということです。

つまり、「脳の処理能力」を開発するには、「成長型」の子供になれるように促していくと良いというわけです。それには、「知能や才能(結果)をほめるのではなく、取り組んでいるプロセス(頑張り)をほめる」といいということです。具体的には、努力ややり方、集中力や忍耐力、そして、進歩をほめると良いようです。

これは、当たり前のことのようで、意外と家庭では実践されていないし、また、プロセスの重要性など本当の意味では認識されていないように思います。どんなに子供が頑張っていたって、結果が悪ければ、親はがっかりしてしまうし、恨み言の一言でも子供に投げかけたくなるものだからです。

しかし、このようにプロセスをほめることこそがより良い未来につながるということを示していただけると、親子共に救われるのではないかと思います。親の方も無駄に結果にこだわらなくて良いのだとわかりますし、何より子供の方は頑張ったことが評価されるようになれば、心が傷つくこともなく、どれだけ穏やかな気持ちでいられることでしょう。

このことは、一般のお子さんだけでなく、ギフテッドや発達障害のお子さんの特性にも大変有効なことだと思います。ギフテッドのお子さんは完璧主義になりやすく、結果にこだわってしまう傾向にあるそうです。また、発達障害のお子さんも、プロセスというような抽象的なことより、目に見えやすい具体的な数値のような結果にこだわる傾向にあります。どちらも、結果にこだわることで、チャレンジ精神が削がれたり、粘り強さが見られなくなってしまう場合があります。

ですから、私はどんな子供にも、この「しなやかマインドセット」的アプローチは必要なことだと思いました。

そして、頑張りを評価すれば良いのだということを研究結果によりはっきり示されたことは、私の心に大きな安堵感を与えてくれたのです。なぜなら、私はroboに対して、「結果よりも、roboなりに頑張ったことや忍耐したこと」「他との比較よりも、robo自身が進歩したこと」を中心にほめる方が気持ちが落ち着くからです。

もちろん、結果を取り上げてあれこれ言ってしまったこともありますが、その時は非常にいたたまれない気持ちになり、暗い気分になりました。しかし、それは、roboの力を引き出すには、roboなりの頑張りだけを評価するのでは、ただの親バカで甘やかしているだけなのではないか、という迷いが少しはあったからなのです。

それが、roboの頑張りや成長だけに集中した方が本人の力を引き出せるのだということなら、roboも私もこんなに精神的に楽なことはありません。

ただし、そもそもroboはあまり頑張ることがないので、精一杯やることを促すこと事態が骨の折れることなのです。しかし、その頑張れないこと事態が持って生まれたもの(興味のあるなしで、取り組みに極端な隔たりがある)なので、興味のないことなのに少しでも頑張っている姿が見られれば、それは進歩しているということとなり、ほめるにあたいすることだと思うのです。

とにかく、私は今回この「しなやかマインドセット」の理論に出会わせていただき、本当にありがたかったです。

パルシステムという宅配サービスのオリジナル商品であるこのボディソープとフットクリームは、ラベンダーの自然な香りがお気に入りです072.gif
e0365597_21143313.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
# by robo223 | 2017-03-06 08:43 | Comments(0)

お台場のガンダム・フロントの実物大ガンダム立像は、今日でおしまいなのだそうです。roboはガンダムが好きなので、もう何回もここに行っていますが、最後にお別れがしたいと言って、昨日、新橋からゆりかもめに乗って、ガンダム・フロントに行ってきました。

ところで、roboはガンダムが好きだと言っても、そのストーリーよりも、断然、モビルスーツに心引かれているようです。roboはメカ好きで、電車や車、重機だけでなく、戦闘機や戦車、戦艦に至るまでメカニックなものは何でも好きなんですが、とりわけ強い興味を引かれるものはロボットのようです。ガンダムもそうですが、ドラえもんもロボットですし、ディズニー映画でもウォーリーというゴミ処理ロボットが主人公のものが1番好きです。roboが初めて好きになったアニメとおもちゃもトランスフォーマーという変形するロボットでした。

とにかく、テレビでもなんでも、ロボットが登場すると目の色が変わってしまうという感じです。ですから、ガンダムや鉄腕アトム、マジンガーZなどロボットならとりあえず何でも興味を示すというわけです。ガンダム以外にも、塩水や太陽光で動くロボットなど数え切れない程たくさんのロボットをプラモデルで作りました🔧🔨

なかなかカッコイイです018.gif
e0365597_21223611.jpg



実物大ガンダム立像は18mあるそうです。
e0365597_21201523.jpg


roboはガンダム・カフェでガンダム焼きなるものを食べました!ガンダムの形がうっすら見えます💧
e0365597_21255359.jpg


私はガンダム・カフェラテを飲みました☕
e0365597_21265784.jpg


昨日は天気も良くて、久しぶりのroboとの遠出は、ウキウキ楽しいものとなりました003.gif

いつもブログの訪問をありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-03-05 09:11 | Comments(0)

学習が進まない!

最近のroboは平日、毎日のように放課後、友達と遊んでいます。それに、卒業を間近にして、担任の先生が算数の教科書の巻末にある復習問題を全て終わらせようとして、毎日どっさり宿題が出るのです。

その復習問題というのが細かく細かく宿題されていて、何ページも続きます。昨日はその宿題を終わらせるのに、3時間も掛かってしまいました。おそらく他のお子さんは、授業時間内や休み時間にある程度終わらせて、家でやるにしても、ちゃちゃっと終わらせてしまっているのだと思いますが💦

しかも、最近ピアノの練習を再開しましたから、これにも30分以上は時間を取られているので、もう全く今は、平日に中学の学習など進められない状況です。ですから、お休みの日に少しずつ進めています。

本当に不器用なroboは何をするのも、通常より時間が掛かってしまい、物事がちゃっちゃと進んではいきません。担任の先生もテスト中のroboを見て、「テスト中、窓の外を見てボーッとしてるんですよねぇ。いったい何を見てるんでしょう。」とおっしゃっていました002.gifこんな感じですので、やはり、中学からは私立に決めて良かったと改めて感じました。

roboが通う予定の中学校は8割がテストの点数で成績をつけるそうです。だから、主に定期試験で点数を取ることに集中していればいいので、助かります。公立の場合は、授業態度や提出物などのウェイトが大きくて、roboには負担です。もちろん、少しずつ授業態度や提出物にも気を配り、将来に備えて自己管理能力もつけていこうとは思っています。しかし、長いスパンで考えていかなければならないことだと思います。

だいたい、定期試験対策だけだって、ちゃんとはできないだろうと思います。とりあえず、学校でまとめて、国語・算数・理科・社会は教科書ワークを購入することになっているので、この教科書ワークをテスト前にroboが計画的にこなすことからがスタートなのだろうなと思っています📕


きれいな色の蚊帳素材の布巾をアマゾンで購入しました。蚊帳素材の布巾は丈夫ですぐ渇き、しっかり拭き取れます。
e0365597_08225299.jpg


ブログの訪問をいつもありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-03-04 09:29 | Comments(0)

さよなら絵画教室

roboが通っていた保育園では、週に1回、絵画教室がありました。フランスでマティス賞を取り、作品がマティス美術館の買い上げになったアーティストの方が、今は幼児教育に力を入れてらして、保育園に教えに来て下さったり、ワークショップを開いたりしてらっしゃいます。また、小学生には絵画教室を開いていて、私達が住む街でもやってらっしゃるので、roboは保育園卒業後6年間、このT先生の絵画教室に通いました。

日曜日の月に2回だけなので、スケジュール的にあまり負担がありません。また、T先生は自由な発想を引き出して下さる優しい方です。指示は最低限で、その子らしい表現を引き出そうとして下さいますから、見学に行った主人は「あの先生こそ、本当の先生だな。」と感心しきりでした。課題は絵を描くだけでなく工作もあるので、工作好きのroboはこの教室が大好きですし、絵を描く時も画面一杯に伸びやかに描かれた作品を仕上げてきます。

対象が小学生までなので、今月一杯で終わってしまうのが残念です。

しかし、保育園の年中から6年生までの8年間、T先生にお世話になって、roboが得るものは大きかったと思います。絵の具は基本の3色(赤青黄)しか使いませんので、上手に混ぜて自分のイメージする色を作り上げていくことを教えていただきました。また、色鉛筆を削る時は鉛筆削りを使いませんので、ナイフで削ることを教えていただきました。そして、あらゆる身近な素材が作品作りに生かせることも学びました。(割り箸、アルミホイルなど)

今の子供達は、バーチャルの世界に住んでいて(それも必要なことですが)、実体験ということがなかなかできない中、T先生の教室は昔ながらの方法を生かしながら、子供達が楽しんで取り組めるようにして下さいます。roboのこともずいぶん可愛がって下さり、親にはさせられない貴重な経験をたくさんさせていただきました🎨

すぐ効く薬は、すぐ効かなくなると言います。roboは画家になるわけでも、芸術家になれるわけでもないけれど、こういう、一見何の役にも立たないような経験がいつかどこかで役に立ったり、roboの人生を豊かなものにしてくれるのではないかと思います。

イギリスから一時帰国したママ友からのお土産です。こんな可愛いワンちゃん型のショートブレッドがあるんですね016.gif
e0365597_20123355.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-03-03 08:26 | Comments(2)