「ほっ」と。キャンペーン

<   2017年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

受験準備で欠席する?

明日は、いよいよ受験当日で、もう私は、生きた心地がしていませんemoticon-0107-sweating.gif

ところで、先週、学校から帰ってきたroboが「roboは受験生なのに、学校に来ていていいの?って皆に言われたんだ😔」と言いました。roboの話によると、数日前から受験する子が「受験準備」ということで、クラスで10人くらい欠席しているというのです😓

確かにインフルエンザやノロウイルスも流行っているので、用心してお休みにする家庭も多いのかもしれない、と思いました。でも、まさか、こんなに多くの、というか、受験するお子さんがほぼ全員休むとは全く予想していなかったので、ちょっとうろたえてしまいました。

それで、roboも残りの数日は休ませようか、などと一瞬考えたのですが、うちは学校に前日の今日まで通わせることにしました。本人に「roboも休んだら?」と言ってみたところ、「僕、平日に休むのは、ちょっと…。」と言いましたし、主人に「休ませようかな。」と言ってみたら、「体調が悪かったり、精神的にナーバスになっているなら、休ませた方がいいけど、roboは元気なんだから、いつものペースを崩さない方がいい!」と強く主張されました。

まぁ、私はどっちでも良かったのですが、私が作る昼食より給食の方が栄養があるし、太陽の光に当たったり、外を歩き回ったりした方が、脳の血流もよく巡って頭も働くかもしれない、と思い、2人の意見に従うことにしました。ちょっと心配ではありましたが💧しかも、roboは昨日うちで、風邪を引いて咳をしている友達とレゴを作って遊んでいました(がーん😱💦)

よくママ友と行くカフェのランチです。ここでも、私は野菜ばかりのプレートを頼みます。発酵プレートと言って、発酵食品だらけです🍴(ここには、ちゃんと、野菜以外のプレートもあります。)
e0365597_19155339.jpg

ドレッシングは納豆ドレッシングかヨーグルトドレッシングから選べます。
e0365597_19193488.jpg

塩こうじ、白みそ、しょうゆなど発酵食品尽くしです。
e0365597_20134258.jpg

雑貨やお花も売っていますemoticon-0155-flower.gif
e0365597_20161099.jpg

入り口も雰囲気があります。
e0365597_20250463.jpg

いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by robo223 | 2017-01-31 08:52 | Comments(3)

最期の晩餐は精進料理

息子のroboは舌の感覚が過敏なため、偏食があります。生野菜や果物、お刺身がまだあまり食べられません。

しかし、それ以上に母である私の方が偏食が激しいのには、皆驚きます。いったい何を食べて生きているのか、と😓なんと、肉と魚介類が苦手なんです😱挽き肉と白身魚くらいはいけますが😔(そのわりには、痩せていない💧)


(やはり、私にも何らかのOEがあるのか…💧光にも弱くて視覚過敏は昔から感じていましたが、ADHDにも感覚過敏があるので、以前はそのせいだと決めつけていました😔)

ですから、私にとっての最高のご馳走は精進料理です。京都の湯豆腐と鎌倉の精進料理には目がありません。「最期の晩餐は?」と問われたら、迷わず「精進料理!」と答えることでしょう。(問われたことはありませんが😜)

20年ほど前、オーストリアに行った時、どこのレストランにもベジタリアン・メニューがずらりとあって、いたく感動した覚えがあります🍴

それで、時々私は駅近くにあるベジタリアンのカフェに行くのですが、その時は1人です。完全に植物性食材しか使わないカフェに誰も行きたいとは言ってくれないからです。roboは肉好きですし、ママ友も菜食主義の人はいないからです。

こちらが、そのベジタリアン・カフェです。
e0365597_18265731.jpg


セルフサービスです🍴
e0365597_18280036.jpg


大豆などで作ったハンバーグです。
e0365597_18291599.jpg

いつもブログをご訪問いただき、ありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by robo223 | 2017-01-30 08:39 | Comments(0)

roboには運動が必須です

休みの日に何の用事もないと、roboは「体がなまってきた!」と言って、一人で外に自転車を走らせに行ったり、ジョギングに行ったりします。近くにサイクリング・コースがあるので、新しく買ったばかりの自転車を走らせるのは最高の気分のようです🚲ランニング・コースもあるのですが、ランキングは主にマンションの中庭を走っています。1周50m~60mくらいあって、ストップウォッチではかりながら、ぐるぐる走っています🏃💨

スイミングで1㎞以上泳いでも、泳ぎ足りないなぁ、と言っているroboです。やはり、男の子は体を動かしていないとウズウズするのでしょうか。

以前の記事にも書かせていただきましたが、発達障害の人は大人でも、セロトニンがうまく分泌していないことが多くて、運動を日常生活に取り入れただけで、復職できた人も多いのだそうです。しかも、ウォーキングや水泳のようなリズム運動がよりセロトニンの分泌を促すそうです。軽くて楽しめる運動を取り入れることで、心が安定しメンタル面が強くなるそうです。

ですから、私はroboにはずっと運動を続けさせようと思っていますし、本人も今のところ、そうしたいと言っています。取りあえず、今後も水泳を続けさせるつもりで、中学3年生までは今のスイミングに通わせるつもりです。部活はパソコン部に入りたいと言っていますので。

高校からは、スイミングが受け入れてくれなくなるので、家の近くの歩いて3分くらいのところにある新しいスポーツ・ジムに入会させて、そこのスイミング・コースに通わせる予定です。そのジムには私の母も通っているので好都合ですし、スイミングの月謝とジムの毎月の利用料金は7000円くらいでほぼ同じです。roboもジムのランニングマシーンで走ったり、ベンチプレスを使ったりするのを楽しみにしていますemoticon-0165-muscle.gif

しかし、気づいてみると、高校生になったら…が、あとたった3年だなんて信じられない気持ちです😱

robo自慢の新しい自転車です🚲💨
e0365597_14503115.jpg


ブログを訪問していただき、ありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by robo223 | 2017-01-29 09:11 | Comments(0)

読み聞かせで3時間

roboが低学年の頃まで、私は信じられないくらい長い時間、roboに読み聞かせをしていました📕長い時は、休憩を入れながら、3時間くらい読んだ日もありました。

なぜ、そのようなことになったかと言いますと、理由は単純です。
①私が読み聞かせをしたいから。
②roboが読み聞かせをしてもらいたがるから。
③本を好きになってほしいから。

つまり、需要と供給がぴったり合っていたからなのです📚もちろん、小さい頃は読む本が絵本だったので、短時間で読み終わっていたのですが、だんだん短い本は自分で読み、長い本は私に読んでほしがるようになりました。

低学年の頃、roboがお気に入りで自分で読んでいたのは、「ももいろのきりん」や「エルマーとりゅう」です。それに対して、私が読まなければならなかったのは、「おおどろぼうホッツェンプロッツ」「エーミールと探偵たち」「魔女の宅急便」「ドリトル先生」などですが、どれもシリーズで何冊も何冊も続くので、週末は毎週、鬼のように読み聞かせをしていました📚
e0365597_16281743.jpg

e0365597_16292996.jpg


でも、4年生くらいになると、長い本もだんだん自分で読んだ方が良くなってしまったようで、私の出番はなくなってしまいました。1日3時間くらい読まされていた時はヘトヘトでしたが、私にとっては充実した時間でしたから、読み聞かせができなくなって、今はとても寂しいです。

よく自転車の後ろにroboを乗せて、近くの図書館に行って、どっさり絵本や図鑑を借りてきていた頃が懐かしいです。

本は心の世界を豊かにし、見聞を広げ、思考力や想像力を育てるのに最適なものだと思います。それだけでなく、日々の生活に喜びを添え、自分と静かに向き合う時間をもたらし、時には心の傷まで癒してくれます。文学少年とまではいきませんが、本が傍らにある生活をroboに与えられたことは、親として最良の贈り物ができたと思っています。

苦労を背負わせてしまったroboに、親として少しでも、roboの人生が良いものになるようにしていきたいと思うばかりです。本がいつもroboのそばにあって、今後乗り越えていかなければならない荒波を少しでも凪いだものに変えてくれたら、と思います。

いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると、ありがたいです
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by robo223 | 2017-01-28 09:13 | Comments(2)

塾、最後の日

昨日でroboの塾通いは終了しました✏📖roboが塾に通い出したのは、小学校3年生の6月からだったので、4年間弱お世話になりました。しかし、受験が来週で終わってしまうので、1月1杯で退塾します。

また、roboの志望校は両方とも、学校に個別指導塾が入っていて、放課後、塾用の教室へ行って自習し、わからないところがあると、先生に質問して教えてもらうことができます。この形式は、今roboが通っている個別指導塾とあまり変わらないので、もし、必要があれば、こちらを利用する方が経済的です。

そんなわけで、roboは「僕は大学受験まで通いたい!」と言っているのですが、事情を話して昨日でおしまいにしてもらいました。

ところで、roboをこの塾に通わせ始めたのは、小学校2年生の時に主治医のS先生から、中学受験して一般の学校に行くと良い、と勧められ、まずは早めに塾慣れさせようと思ったからです。また、私には中学受験の経験がなく、受験情報も早くからキャッチした方がいいと思ったからです。そして、初めは週1からスタートして、だんだん日数を増やしていく予定でした。それは、さすがのroboも高学年になれば、母親の言うことなど聞かなくなってきて、親以外の人の指導が必要になってくるだろうと思ったからです。

しかし、何年たっても結局roboは、私に勉強を教えられるのを嫌がらず、塾の先生には申し訳ないのですが、塾で教えていただくより、よっぽど家で勉強した内容の方が定着が良いままでした。

それは、塾の先生もおっしゃっていましたが、「robo君は理解力はあって、問題の解釈の仕方が正しいんです。でも、いかんせん集中力が続かず、ぼーっとしてばかりいて、勉強がはかどらないんです💧」ということで、いくら塾に通わせても、理解力以外の問題が大きくで、残念ながら時間の無駄でした。塾の先生も頑張って下さったのですが、全ては徒労に終わってしまいました。例えば、先生がずっと同じだと飽きるということで、3回に1回くらい担当の先生を変えて下さったりしました。

ですから、家で私があの手この手でモチベーションを高めて、学習に集中させることが、一番効果的だとわかり、最後まで塾の日数は増やせませんでした😔📖

でも、私自身が塾の先生にアドバイスをしていただいたことで、とても助かったので、通わせて良かったなと思います。例えば、どんな模試を受けさせればいいのかとか、試験中は「捨て問」というのを見つけて、できる問題だけを確実に解くんだということなどを教えていただきました。当たり前のようでも、改めて言っていただかなかったら、危うくroboに解かなくてもいい奇問・難問に取り組ませてしまうところでした😓

また、1番ありがたかったのは、roboが初めての模試で、ひどい結果を出した時のことです。模試の結果を見た先生が、鋭い分析をして私を励まして下さったのです。一見、この結果だとどこの学校も合格ラインには程遠いようだけれど、各教科あとたった5・6点アップすれば、合格率80%になる、と教えて下さったのです。確かに、模試の結果には、あと全部で何点取れば、合格率が何%になるという情報が書いてありました。そして、それには、あと計算問題と漢字が数問できればいいだけだ、ということも指摘していただき、随分気が楽になったものです😌

ですから、何やかんや言って、「餅は餅屋」だなと思いました。

お気に入りのジャーです😌
e0365597_16051363.jpg


いつもブログをご訪問いただき、ありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by robo223 | 2017-01-27 09:11 | Comments(2)

人に関心を示すrobo

roboが高学年になって大きな変化を見せたことの一つは、人に関心を示すようになったことです。

小さな頃のroboは人よりも物への関心が圧倒的に強く、興味のある物に突進していくような状態でした。また、個別支援級の友達がroboに話し掛けても、まるで、耳が聞こえていないかのような反応の悪さでした。

しかし、それが突然、4年生の後半くらいに大きく変化しました😱同じ個別支援級のママ達から、「最近、robo君が変わった!」と言われ、「robo君が声掛けに反応したり、robo君の方から挨拶してくれたりしてすごく嬉しい!」とか、「前は私がまるでいないかのように、相手にしてくれなかったのに、話に付き合ったり、話し掛けてくれるようになった!」という声が寄せられるようになったのです。急に人への反応が良くなったのは、なぜなのかわかりませんが、ぎこちないながら、roboなりに社会と関わっていこうという姿勢がはっきり見えるようになってきたのです。

それから、一般級に転籍してからは、「自分が個別支援級の子を見捨てて行ってしまった、と思われたくない!」という気持ちが強くて、校内で支援級の友達に会うと、積極的に声を掛けていました。また、「支援級で仲良くしていた友達と遊ぶ時は、一般級の子と仲良くなったり、放課後遊んでいる話は絶対したくない!」と言っていました。支援級の友達を大切に思っているので、自分が裏切ったと思われたくないらしいのです。このように、相手からどんな風に思われているかを考えたり、また、相手を大切に思ったりする気持ちがroboにはいつの間にか芽生えていたようなのです。

それに、すでに仕上げた卒業文集の内容も、「友達とのかかわり」が主なテーマになっていて、運動会でみんなと協力して組み体操を成功させたことへの達成感や、日光修学旅行でみんなと過ごした時間の楽しさが綴られていました。

しかし、ここまでよく成長したなと思っても、やはりroboはroboだなと思う面も多々あります。

普通一般の子は、休み時間をだいたい決まった仲の良い子と過ごすのですが、roboは休み時間は自由に一人で気ままに過ごしたいようなのです。主に図書館で一人、図鑑や本を読んでいたり、陽気のいい日は一人気ままに校庭をさまよっていたいらしいのです。友達は随分遊ぼうと誘ってくれたようで、それをしばらく断っているうちに、最近は皆あきらめて、ほおっておいてくれるようになったらしいです。

はじめは私もせっかく誘われたのなら遊んだ方がいいし、誘われないなら、自分から仲間に入る努力が必要かなと思っていましたが、最近はすっかりあきらめてしまいました😜まず、第一に休み時間一人でいても、なぜか友達に見捨てられることがなさそうだということが分かったからです。グループを作る時も何とか誘ってもらえているようだからです。また、何かと頑張っているroboに休み時間くらい、ほっとさせてやりたいと思ったからです。


そんなわけで、一般のお子さんと同じようにはいきませんし、何だかズレているような感じもしますが、roboなりに情緒面の成長を遂げていることは確かのようです。

roboが乗るのを楽しみにしていた、貸切の修学旅行専用列車です🚃
e0365597_17195718.jpg

いつもブログをご訪問いただき、ありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by robo223 | 2017-01-26 08:22 | Comments(0)

願書を提出しました

roboの志望校はweb出願のせいか、出願期間が遅いので、遅ればせながらやっと願書を提出し、あと1週間で中学受験当日になります。roboが受験する学校はどちらも受験料が20000円で、登録しておけば何度受けても料金は変わりません。ですから、2月1日~4日までの日程中、全て登録して、もし1日目に受からなかったら、4日まで同料金で受け続けることができるようにしました。

でも、出来れば1日目か2日目くらいまでには、学校を決めたい!と思ってしまいます😓

ところが、昨年の7月に受けた模擬試験の結果で第一志望が合格率30%以下と出て、大焦りで勉強に本気モードで取り組み始めたのはいいのですが、11月の模試で合格率80%が出て、12月に受けた学校独自の模試でも合格点を上回っていたので、その後、なんだかすっかり気が抜けてしまって、失速気味です😖他のお子さんは最後の追い上げをしているさ中、結構のんびりしてしまったので、かなり心配ですemoticon-0101-sadsmile.gif

roboの方も「早く旅行に行きたいな~😌熱海がいいなぁ~♨」なんて、心ここにあらずです。毎年、冬休みには温泉旅行に行っていたのに、さすがに今年は受験生なので、旅行を控えました。それが、旅行好きのroboには残念だったようです😔

ところで、いまだ2E専門のS学園への迷いがありますが、姉から「私もこっちの方がいいと思うけど、遠いから中学生には無理だと思うから、高校からにしたらいいと思う!」というアドバイスを受けたことから、もし、一般の私立中学に適応できなくなったり、反抗期がひどくて専門性のある指導が必要になったら、編入を考えてみようかな、と思いました。もちろん、受け入れていただけるのなら、ですが。また、もちろん一般の私立中学が2校とも不合格だったら、S学園を受験させるつもりです。(roboもS学園を気に入っていますから😌)

そして、受験が終わっても2月中のroboは、とても忙しいです🏃💨発達検査が2月中に2つも入っているからです。1つ目はS学園発達研究所でWisc4を受けることで、2Eの側面からアドバイスをもらえたらなと思っています。もう1つは、首を長くして待っていた某大学のK-ABCの予約が取れましたので、こちらは非言語性学習障害の側面からアドバイスをもらえたらなと期待しています。

ところで、今回、北出先生の視覚機能検査から某大学の検査までの流れを中心的にコーディネートして下さったM先生は某大学の講師の方で、roboが視覚機能検査を受けている間にとてもありがたいアドバイスをいただきました。

roboは今のところロボットを作りたいと言っているという話をしたところ、「小さい会社の研究所に就職した方がいいですよ。」と教えていただきました。その理由は、「大きな企業だと、ある程度年がいくと、管理職にならなければならなかったり、社内異動があったりしてつまづきやすいけれど、小さい会社の方が自分のやりたいことに集中しやすいから。」というものでした。とても有益なアドバイスでした。

また、roboの主治医のS先生はもとT大の精神科医で、この世界ではかなり有名な先生なのですが、その先生にも、いつも有益なアドバイスをいただいています。「robo君のような人は一般的な課題には興味を示さないので、高校・大学はそこそこのレベルの学校に行って、専門性で勝負できる大学院から望みの研究ができる大学に編入するといいんだよ。そういう人は多いんだよ。」と教えていただきました。

こんな風になれば理想的ですが、現実的には難しいことも私はわかっています。でも、客観的に様々な場所でroboの将来についてアドバイスを受けて、どうroboの毎日を組み立てていけばいいか、考えられることはありがたいことです。

まだ、中学からどこに行くかも決まっていないのに、母の気持ちはすでにもうその先に飛んで行ってしまっています。当のroboの気持ちをすっ飛ばして、一人で突っ走らないようにしなければ、と反省しながら、まずは、目の前の中学受験で合格を目指したいと思います🈴

我が家をほんの少し📷
e0365597_10311086.jpg

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by robo223 | 2017-01-25 08:32 | Comments(4)

進化するrobo

現在roboは6年生です。あと2か月で卒業です。あと少しで中学生だなんて信じられません。どんどん成長していくのが、嬉しくも寂しくもある、微妙な母心です😜

さて、5年生で大きく羽ばたいたroboは、6年生になっても、さらなる進化を続けています。

まず、1番苦手なはずのコミュニケーションについての成長が見られたのが、私には1番嬉しいことでした。以前は誰に対しても、自分のしたい話をマシンガンのように、話すだけだったのに、最近は相手に合わせて話題を選んだり、相手のしたい話に付き合うような会話ができるようになってきているのです。

前期にいただいた「あゆみ」にも、「共感性が高くて思いやりがある。」と書かれていて、個人面談の時も「robo君は人の心の機微がわかりますね。」と先生に言っていただきました。

また、常に悩まされ続けている実行能力の方にも、小さいながら成長が見られています。社会科の課題でよく、自分でテーマを決めて調べ、レポートにまとめて提出したり、発表したりすることがあるのですが、それも何回かやるうちにコツをつかんだのか、完成度は低いながら、何とか自分なりにまとめられるようになってきています。

そして、苦手な板書も5年生の時は半分くらいしか書けなかったのに、今は全部書けるようになっていますし、作文なども以前のトンチンカンな内容に比べると随分ましになってきました。

先日、roboのクラスで研究授業がありました。歴史の授業だったのですが、校長先生や副校長先生など、色々な先生が参観に来ていたようです。その中で、roboの隣のクラスの歴史好きの先生が、roboの様子を印象的に感じて下さっていたようで、私が学校に行った時に、「robo君、すばらしい意見を言っていましたよ。」とおっしゃっり、roboの発言をわざわさノートに書き留めて下さったとおっしゃっていました。この先生は、普段私が挨拶しても、あまりそれに応じて下さらないような方なので、気難しい先生なのかなと思っていたのですが、この日は満面の笑みで、roboの発言の内容などをくわしく教えて下さったので、私も何だか嬉しくなってしまいました。

担任の先生も個人面談の時に「robo君が1番授業に熱心に参加していて、色々歴史の面白い豆知識を教えてくれるので、授業が深まって助かっています。」とおっしゃってくださり、信じられないような有難いような気持ちで胸が一杯になりました。ただ、先生は「でも、robo君の発言は先に進み過ぎていて、子供には分からないことも多いので、大人の通訳が必要です。」とはおっしゃっていたので、先生がうまくフォローして下さっているのでしょう😓

そして、同じ学年のママにも「うちの子が、robo君は泳ぐと水泳の選手みたいだし、頭がいい。」って言ってますよ、なんて嬉しいことも言っていただいたりして、roboが頑張っていることを皆さん評価してエールを送って下さるので、とても励みになります。

roboが人の何倍も努力してやっと得た成果なので、評価していただいたことを私は素直に受け止めて、さらなるroboの飛躍につなげていきたいと思っています。


またまた、私のささやかな手作り品を紹介させて下さい✂Seriaで材料を集めて作りました📍ちょっとそこまで、という時用のショルダーバッグです👜
e0365597_15362043.jpg
e0365597_15365447.jpg

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by robo223 | 2017-01-24 10:07 | Comments(2)

一般級で頑張るrobo

久しぶりに、roboの転籍シリーズの続きを書かせていただきたいと思いますので、どうかお付き合いくだい😌

5年生から一般級に転籍したroboは、親から見ると、本当に頑張ってくれたと思います。roboは聴覚過敏があるので、静かな個別支援級での生活から一転して、一日中ワイワイガヤガヤした教室で過ごすだけでも大変なことだったと思います👂⚡また、触覚過敏のあるroboにとっては、始終友達に肩を組まれたりじゃれつかれることは大変な負担だったと思います💨

それに、roboが聴覚過敏なことを知っていて、わざと耳元で不快な声を出す子がいたり、roboの嫌いな虫をわざと突きつけたりされることもありました。そんな時は、適宜、先生に介入していただきつつ、roboはまさに揉まれながら、そういう環境にだんだん慣れていきました。そして、日に日にたくましくなっいく姿には頼もしいものがあり、心配したけれど転籍して得るものは大きかったなと思いました。ただ、これはroboについてのことで、一般級で過ごすことが、かえって本人の状態を悪くしてしまうことがあるので、転籍は慎重に検討していかなければならないと思います。


転籍を勧めて下さった先生が「robo君は困ったら、しっかり助けを求められるから大丈夫ですよ。」とおっしゃっていましたが、roboは困ると大騒ぎして、自分が納得するように先生や友達が助けてくれるまで、引かないという図々しさがあるので、あまりストレスを家に持ち帰らないのです。roboが行く場所でroboは困らず、回りが困るというパターンが多いので、親としては申し訳ない思いですemoticon-0106-crying.gif

それに、大きなトラブルはないものの、やはり、他にも色々課題はありました😅レクリエーションの時間にゲームのルールがよくわからなくて、負けてしまったりすると、「わ~ん😭」と泣いてしまったり、字がぐちゃぐちゃでまともにノートが書けなかったり、次の日の持ち物が準備出来なかったりと色々です。

それでも、roboは毎日学校を休むことなく楽しそうに通ってくれるので、まぁよし、としています🏫roboに多くを望む方が無理と言うものです😅

だいたい、roboの様子は私が小学生だった頃に比べたら、よっぽどちゃんとしているのです。懇談会で教室に行った時、私はroboの机やロッカーの中がぐちゃぐちゃに違いないと思ってチェックした時には、ずいぶん驚きました😱なんと、どちらもとてもきれいで、余計なものなど、ほとんど何も入っていないのです。そう言えば、roboは毎日、私に言われた通り、受け取ったプリント類はすべて連絡帳袋に入れて持って帰っていたのです。

私が小学生の時は、プリント類は日に日に机の奥かランドセルの底の方にたまっていって、まるでミルフィーユか地層のようになっていましたから。また、私はほとんど宿題なんて無視していたのに、真面目なroboは時間もかかるし、手伝わなければ全部はできませんが、なんとかやり切りますから、私の子にしては偉いです。(当たり前のことなんですが、当たり前のことができないのが、私達なので😢)

そして、それまで、4年間送り迎えをし、放課後もびっちりroboに付き合っていたのに、急にその負担がなくなった私はちょっと手持ちぶさたになってしまい、暇な時間に刺し子なんかをしたりするようになりました📍✂

ダイニングのテレビの上に飾るのに丁度いいタペストリーが欲しくて、青森の伝統工芸、こぎん刺しに挑戦してみました。roboの受験が終わったら、もっと大きなものにチャレンジするつもりです。
e0365597_13595421.jpg


全体のデザインは自分で考えてみました。(お恥ずかしいものですが、ご覧いただきありがとうございます💧)
e0365597_14024719.jpg

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by robo223 | 2017-01-23 09:09 | Comments(2)

豊かな生活のために

今私はroboの子育てという困難な責任があり、まず、roboのことを第1に考え、力を尽くしていかなければならないと思っています。

しかし、その毎日の中で色々なお子さんやそのママ達と知り合い、それぞれの苦労や思いをうかがうにつけ、本当にどのような教育が必要なのかと考えてしまいます。

そして、一昨日の記事に「全ての一般枠に収まり切らない子供達に才能を見出すことを中心として、希望の持てる教育を行う教室」が必要なのではないか、というようなことを書かせていただきました。

すると、ちょうどあーちゃんママさんのブログでアメリカ・ネバダ州におけるギフテッドの生徒の定義についての記事を読み、まさにこれだ!と思いました。そのギフテッドの定義とは、

一般の学校でのプログラムでは学習が効果的に進行できないため、その個人に特殊な教育のニーズが存在すること

なのだそうです。(勝手に引用させていただき、申し訳ありません。)このような定義のもとに、個人のニーズに応えていく姿勢が、子供それぞれの個性に輝きをもたらすことにつながるのだと私は思います。

ただ、それぞれ違ったニーズのある繊細な子ども達を、ひとまとめにして対応することは、とても難しいことだと思います。例えば、ギフテッドの子供の早修たった一つを取り上げても、一人一人凸凹のある学習進度に合わせて過不足なくコーディネートし適切な学習環境を与えるだけで、先生方には大変な知識と労力が必要となります。また、発語に課題があるお子さんの指導方法など先生が学んでも学んでも学び切れるものではなく、一人一人の特性に合わせた専門性の高い指導が必要です。

先生方も人間ですから、何から何までいっぺんに皆一緒の環境で、それをこなして下さい、と言われてもお手上げです。ですから、せめて大まかな部分で、必要な支援ごとに組織を異にした方が現実的なのではないでしょうか。

ただし、親や本人の要望として、一般的なお子さんと主に過ごしたいという希望があれば、そのニーズにも応えられるようにすることも可能だと思います。

フィンランドの取り出し授業方式を採用して、障害のあるなしに関わらず誰でも科目や必要に応じて一部別の教室で少人数の授業が受けられるシステムを作ればいいと思います。フィンランドでは、一般級でさえ、グループごとに登校時間を1時間ずらすことによって、朝と帰りの時間に一コマだけ学習進度ごとに学習する時間を確保し、しかも、一斉授業の時間もグループごとに取り組む課題が違っていたりする地域があるようです。

しかし、そこまでしても、効果的に学べないお子さんには、支援級や支援校での学習も必要になるかもしれません。日本にも取り出しの授業や支援級が存在しますが、フィンランド程組織的ではないし、出来ない子だけが利用する場という印象が強く、親や本人のニーズとはズレたところで対応したり、専門性が低かったりするので、これらの教室のいい面を見出しにくくなっていると思います。

フィンランドの教育は低学力の子供の底上げに成功していますし、アメリカなどはギフテッド関連の教育に実績があります。こうした海外の教育実践を取り入れる際、日本文化に合ったやり方がどのようなものかを考えることも必要でしょうが、まずは、障害のあるなしに関わらず、その時困り感のある子供達が、本人の強みや良さを生かす中で、自己実現を図れるような教育ができるようにする最善の方法を考えて行くことが必要なのではないでしょうか。その上で、日本でそれをどう落とし込んでいけばいいかを考えていくことが望ましいのではないかと思います。

そうすれば、人口の少ないフィンランドの教育の目的である、労働人口を増やすことによって納税額を増やし、全ての国民が恒久的に豊かな生活を送ることに結びつけるということと同じようなことができるのではないでしょうか。弱者がどのように扱われているかによって、その国の豊かさと質、そして未来は決まってくるのではないかと思うのです。(かたい話になってスミマセン💦)

イギリス出身のベニシアさんが紹介していた簡単な手作りハンドクリームを作って使っています。ワセリンにユーカリとミントのエッセンシャルオイルを数滴たらして混ぜ、小さなジャムの瓶に入れました。ラベルは、Seriaで買って貼りました。ラベンダーのも作り、気分によって使い分けていますemoticon-0155-flower.gif
e0365597_14411904.jpg

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by robo223 | 2017-01-22 09:53 | Comments(2)