roboとアイデンティティの確立

発達心理学者のエリクソンは、青年期(12才から~22才)にアイデンティティを確立することが、その後の人格形成に重要な影響を及ぼすとしています。

エリクソンが唱えるアイデンティティには、4つの要素があります。それは、簡単に言うと次のようになるかなと思っています。

①自己斉一性:自分らしさを認識すること。

②対自的同一性:自分がどんな人生を送りたくて、将来何をしたいか実感すること。

③対他的同一性:自分が認識している自分と他人が認識している自分が一致していると実感すること。

④心理社会的同一性:自分の居場所を見出すこと。

つまり、アイデンティティの確立とは、「自分が何者であるか」ということを認識し、「自分の役割」や「自分の居場所」を見出すことのようです。

ところで、現在12才のroboも確かにアイデンティティの確立に向かって一歩一歩前進しているなということを感じます。

最近のroboは頻繁に自分の考えと他人の考えの違いを確認する作業を心の中で繰り返ているようです。よく私に「お母さん、僕には流行なんて関係ないよ。自分の好きな物を選ぶよ。」とか、「お母さん、僕はエリートコースには興味がないよ。ただ、将来、人のためになるものを作りたいだけだよ。」などと、自己を客体化して見つめる姿勢が見られます。

また、家庭や学校で、「自分はどのようなポジションにあるのか」や、「自分は受け入れられているか」ということを考えているようです。「僕が話し掛ければ皆僕を仲間に入れてくれるよ。」とか「僕は友達の中では、いばっているわけでも、見下されているわけでもないよ。」と言っているということは、自分の位置を探っているという証拠だと思います。

エリクソンが言うように、今まさにroboは青年期の入り口にいて、アイデンティティというものを確立しようとしているのだなと思います。幼い子だなと思う一方で、このように精神的な成長を遂げている部分もあるようです。

先日、私がroboのシャーロック・ホームズの本を借りて読みたいために、早く読んでくれと促したところ、「僕は、自分の好きなように本を読みたいんだ😫」と私に苦情を訴えました。それで、私も「そうだよね。本を読む速度を強制されたくないよね。」と言いました。正当性のあることを、節度ある態度で主張することは、良い自己主張だと思います。なかなかしっかりして来たなと頼もしく思いました。

しかし、まだ、幼く不安定なこの時期は、大人の保護的な関わりも欠かせない時期だと思います。本人に任せて見守る態度と手を掛ける部分のベストバランスの見極めがますます重要な時期に来ていると感じる今日この頃です。


こんなカフェも見つけました☺
e0365597_11373321.jpg

e0365597_11390995.jpg

e0365597_11393264.jpg

e0365597_11404581.jpg

ウォーター・サーバーがおしゃれ✨
e0365597_11414994.jpg

メインディッシュは撮り忘れました😣
e0365597_11430223.jpg


いつもブログの訪問を本当にありがとうございます🎄

ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると、日々の励みになります🍀
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
Commented by orange0623 at 2017-11-14 10:29
はじめまして。
いつも、ブログの更新を楽しみにしております。
いいね、もありがとうございます。
体調が良くなってきたので、はじめてコメントさせていただきます。

客観的かつ、穏やかな気持ちで、お子様と接している姿に、いつも学ばせていただいています。そして、読んでいて、スーッと気持ちが楽になります。

わたしは、子どもの安心できる存在でいたいと思いつつ、ついイライラしてしまうので。

わたしは、まだ兄の支援について、手探り状態で、足踏みしております。

一歩二歩先に行く、roboママさんの背中をみて、これからも学ばせていただければと思います。

Commented by robo223 at 2017-11-14 16:11
はじめまして。
コメントをありがとうございます。そして、いいね、もありがとうございます。ブログを読んで下さりありがとうございます。

少しでもお役に立てれば嬉しいです。

耳の調子のこと、心配していましたが、元気になっていらっしゃったようで、ホッとしました。きっと帯状疱疹が原因ですから、色々疲れがたまってらしたんでしょうね。

長男君のご様子が、なんだかroboの小さい頃にそっくりで、今は大変でいらっしゃるだろうな、と思っていました。でも、roboも小学校3年生くらいからどんどん落ち着い行って、年々楽になって行きましたから、きっと大丈夫に違いない!と思っています。

「子どもの安心できる存在」は、私も心掛けていることです。そこが崩れてしまうと、roboは学校でもどこでも、精神的に不安定になってしまい、本来の力を発揮できなくなるからです。

でも、お子さん、お二人いらして、何かと手も掛かる時期だと思いますので、ご無理はなさらないで下さいね。
Commented by glow-gen at 2017-11-14 22:52
ロボ君高度なところに来てますね~。
もともと、自分の様子とか、ことばに落とすことができていたロボ君は、やはり、自己分析もできてくるのが早いですね。

げんちゃんは、まだそのずっと前の段階からのような気がします。

自分の状態を意識におこす、ところから、というか・・・

つまり、げんちゃんは、今、やっと、現状をばくぜんとめりはりなくぼんやり見つめているところから、少し、そこからピックアップして見るように、多少なった、という段階です。
ロボ君は、そのもひとつ先の段階にいると思います。
ピックアップした自分に関する情報に対して、他者という、もう一つの情報を結び付けて、関連付ける、ということができ始めてるのだと思います。

思考が立体になってきています。これは、発達の子にはすごいことです。げんちゃんとは、そもそも、なりたちが違うような気もするな~・・・すごいことですよ。ほんと。
普通の子でも、もっと、ぼんやり意識で生きている子もいると思います。

ところで、カフェいっぱいあるんですね~。うちの自宅のまわりは、あんまりありません。さすが都会ですね~。
Commented by robo223 at 2017-11-15 08:02
げんちゃんママさんへ

コメントをありがとうございます。

確かにroboは自分を他者と比較して、たどたどしくはありますが、自分の気持ちを言葉に落として自己を認識するという段階に来ていることを感じました。

昨日も友達が北朝鮮の国家を替え歌にして歌っていることに関して、「いくら北朝鮮だとしても、国家を替え歌にするのは良くないよね。」と言っていました。他人の行動を冷静に評価し、自分の行動はどうあるべきか考えているようです。

見かけ上、動きがコミカルだったり、甘えん坊な行動がある一方で、内面は少しずつ成長しているようです。おっしゃる通り、一般の子の方がもっと漠然とした感覚で暮らしているかもしれませんね。

roboは外面と内面のギャップがかなり大きい気がします。

ですから、げんちゃんはまだ小学生ですし、アイデンティティの確立という意味で、大きい遅れがあるわけではないのですよね。じき、げんちゃんも「自分探し」を始めることでしょうね。

カフェ探しは、自宅近くがほとんどですが、ぶらり途中下車の旅もしていますので、自宅近くだけではないんです。いつかご一緒したいです😊
Commented by robo223 at 2017-11-15 08:04
訂正です。

国家→国歌
Commented by suzu62taha88 at 2017-11-15 23:22
robo君はアイデンティティーを確立してきているようで、頼もしさも伝わってきます。
自分はこうなんだと口にすることでも、自身で確認でき、一歩一歩踏みしめてゆるぎないものになっているように思います。
ママさんのそういう促し方も参考になります。
本の読む速度のお話も、ハッとさせられますね。
この子にはこの子の時間の使い方があって、一人の人として独立した歩みをしていると気づくというのでしょうか。
いえ、これは私がときどき思うことです。
指示に従っていないこともありますが、言い分を聞いてみると納得します。
私は強引だったのかもしれない。などと考えさせられます。
自我の目覚めからアイデンティティーの確立まで、見守りたいですね。
Commented by robo223 at 2017-11-16 08:19
ふぅ君ママさんへ

コメントをありがとうございます。

正に私がお伝えしたかったことを、もっと分かりやすい言葉で表現していただき、ありがとうございます。私も、より頭の中が整理できました。

自分で認識したことを口にすることで、roboは自分の歩みをゆるぎないものにしていると私も感じました。

それに、本のこと、私も実は、はっとさせられました。独立した歩みをしているところを私が邪魔してはいけないのだなと思いました。

「自我の目覚めからアイデンティティの確立」という時期にroboは存在していると思います。この時期を、豊かな経験と思索を通して着実に成長していってくれるように見守りたいと思っています。
by robo223 | 2017-11-14 08:00 | Comments(7)