学校には達成感があるけれど

roboが文化祭の反省会で、自分の意見がいくつか通ったと、嬉しそうに言っていました。小学校までは、あまり話し合いで活躍したことなどなかったに違いありません。

でも、だんだんroboも話し合いの流れに乗って、少しずつ的確な意見を言えるようになっているのかもしれません。以前の記事にも書かせていただきましたが、roboは最近、私に対しても的確な意見を言う場面が見られるようになっていました。だから、トンチンカンな意見と却下されずに採用されたのかもしれません。

こういった経験は、roboの自信につながっていくと思います。集団の場に参加しているからこそのメリットだと思います。

しかし、集団の場だからこそ、roboが困っていることもあります。小学校の頃からそうなのですが、roboはとても発言やリアクションがおもしろいので、周囲の子がroboに構いたくて仕方なくなってしまうのです。

一人でいたい時間の多いroboには、それが、わずらわしく感じられてしまうようなのです。また、感覚過敏があるので、じゃれつかれた時に、それが少し乱暴だったりすると、恐怖心すら感じてしまうようです。

今も皆に声を掛けられすぎて困るなどと言っています。贅沢な悩みのようですが、本人には辛いことのようです。「皆がしつこくて困る。」などと言っているくらいです。

初め私はこういったことがあると、roboが嫌われていじめられているのかと思って、色々先生方やママさん達にも話を聞いてみましたが、やはり、私の勘違いだったことがわかりました。

ですから、集団の場では、皆に受け入れられたり、認められたりといったプラス面も多いのですが、一方で乗り越えなければならない困難もあります。

roboはしつこく感じてしまったり、そっとしておいてほしい時は、反応を薄くしたり、無愛想に受け答えしたりしているそうです😅

あまり、しんどいようでしたら、先生に介入していただこうと思っていますが、今のところは自分で何とか対処しているようなので、まかせて様子を見ていきたいと思っています。こういったことは、心配の種ではありますが、周囲にもまれながら成長していくことも必要かなと考えてはいます。


気付いてみたら、内田彩乃さんの本がこんなにありました📚
e0365597_13404940.jpg


まだ、ありました📚
e0365597_13415667.jpg


いつもブログの訪問を本当にありがとうございます🍁

ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると日々の励みになります🍀
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
Commented by glow-gen at 2017-10-16 12:49
ロボ君、すごいです。意見を述べられるなんて、あこがれです。
げんちゃんは、2択、3択、選択肢用意したら、選べるけど、的確な意見は言えません。
やはり、内部言語の達成を急がねば・・・と思いました。

レスポンスがいじられキャラになってるんですね~。
善意の中にいるときはいいけれど、そうでないときは、本人のいやな雰囲気になってしまうかもしれませんよね。

でも、ロボママさんの育て方は、良い友達をまわりに集めそうですね。セルフイメージをちゃんと育てているので、そこは、乗り越えそうですね。

なかなか、肯定的に言ってあげられないげんママです。
いまだに、こんなにあほなの??なんで?
というのが強く出てしまいます。
仕事に出ていてちょうどいいな~。笑
Commented by robo223 at 2017-10-16 16:09
げんちゃんママさんへ

コメントをありがとうございます。

げんちゃんママさんの言葉で、改めて内部言語の大切さを感じました。確かに、意見を言うにも、論理的思考や抽象的思考が必要で、それには、内部言語が必須ですものね。

でも、げんちゃんは言語能力が強みでもありますので、内部言語は伸ばしやすい部分でもあると思います。また、丁度のばせる時期にも来ているのだと思います。

roboは環境によってはいじられやすいキャラだと思います。実際、善意の感じられないいじりに対して激怒して闘う場面も以前はよくありました。でも、絶対に受け入れないので、それが続くこともなく、その強さがあるから学校に通えるのだと思います。

今は、ただ「よっ、robo!」みたいな挨拶だけでも面倒くさいようです。日に何度も色々な人から言われるのが嫌みたいです。悪意はないので、私としては、ちゃんと応じてほしいのですが、応じてしまうと会話をしたり遊んだりするのが負担のようです。

一方で、親しくしている大好きな友達が数人いて、その子達はウェルカムのようです。優しいし面白いし、そもそもroboのことをよく分かってくれていて、過剰に関わってくることはないようです。

ゆるキャラのような子なので、皆が構いたがるようですが、本人は親しい友達とだけ主に交流したいようです。以前は身の処し方を色々アドバイスしていましたが、まぁ今は何とかやっているみたいなので、本人に任せています。

でも、余計な苦労が多いようで気の毒にもなります。
Commented by suzu62taha88 at 2017-10-17 00:10
本人にとって辛いことでも、揉まれながらその対処を学んでいくことも大切なことですね。
つい、心配しすぎになりがちですが、少しくらい揉まれて…という気づきを思い出しながら、でんと構えて子育てしていきたいものです。

robo君は、お友達からも愛されてますね。
魅力的な子は目標であり、癒しであると思います。

うちの子が近くにいたら、しつこくして嫌われそうです。💦
気に入った子には、くすぐったりしますから。(^。^)>💦
Commented by robo223 at 2017-10-17 07:54
ふぅ君ママさんへ

コメントをありがとうございます。

保護する部分と試練を与える部分のバランスが難しくて、模索しながらの日々です。

人間関係の駆け引きのようなところまでは学べないにしても、何でも黙って受け入れればいいわけではない、ということくらいは学べているようです。

スポーツのギフテッドのS君にも、良くくすぐられていましたが、むしろ楽しんでいました。親しくなって、roboの繊細な部分をよく理解してくれる友達なら大歓迎のようです。リーダー格の子についていくのも大好きです。
by robo223 | 2017-10-16 09:10 | Comments(4)