初めての文化祭(私編)

roboの学校の文化祭があり、私は今年学級委員を引き受けているので、仕事が二つありました。一つ目は、前日にバザーの準備をすることです。二つ目は、2日目の焼きそば作りで、キャベツをはかってもやしと一緒にビニール袋に入れることです。

ホント大した仕事ではありません。しかし、年のせいか体力が落ちていて、調理室が暑かったせいもあって、キャベツの仕事の方は結構バテてしまいました。初めから3日連続は無理だろうと思って、文化祭当日の1日目、私は仕事を休んで、かわりに主人に焼きそばを焼く仕事を担任してもらって良かったです。

でも、バザーの準備で、ラッピングをしたのは、とても楽しかったです😆✨また、お仕事した日は、おいしいお弁当がいただけるので、お弁当タイムに色々な学年のママさん達とお話しできるのが、嬉しいことでした。

また、文化祭当日は、2日間とも、朝roboと登校してそのままずっと学校にいたので、結構疲れました。でも、roboの出し物を見たり、自分の仕事をしている以外の時間は、ママ友さん達と喫茶コーナーでコーヒーを飲みながら、お話ししていて楽しかったです。

ママさん達と話しをしていて、いつも感じることですが、健常なお子さんとはいえ、よくお話しを伺ってみると、色々な悩みがあるのだな、ということです。

すでに、お子さんがクラスで友達関係に悩んでいることなどは深刻でしたし、定期試験の点数がなかなか伸びず、悩んでいらっしゃるというようなお話しもありました。

すると、一人のママさんが、「じゃあ、何も悩みがないのは、robo君だけじゃないですか?いいなぁ。」とおっしゃるので、ちょっと驚いてしまいました。こんなに、色々心配があると言うのに…💦

でも、少し考えてから、私が本当のことをあまり話してはいないので、表面的にはそう見えるのかもしれないな、と納得しました。確かに、roboは友達関係では悩んでいませんし、試験でも今はそこそこの点数を取っていますから。

そうは言っても、roboは何の利害関係もない学校社会になら、何とか適応できるかもしれませんが、なんらかの生産性を求められる仕事の場になれば、事情は一変する可能性が大きいです。

私から見れば、健常なお子さんは、今色々なことがあってもじきにしっかりして来るので、そんなに心配しなくても大丈夫なのに、と思います。勉強など、研究者にでもならない限り、社会に出れば、ほとんど必要ないわけですし。 

でも、それぞれの立場に、それぞれの悩みや事情があるわけで、表面的な部分だけでは、本当に何もわからないし、伝わらないのだな、と思いました。

結局、人の全てを誰かに分かってもらうことなんて、できっこないわけですし、それでいいのだと思います。分かってもらおうが分かってもらえなかろうが、ただ、あるがままにいるしかないのだな、と感じさせられました。

そして、今出来る限りのことをして、一歩一歩、未来に向かって前進して行けばいいのだと思います。


持ち手の感触がとってもいいマルシェかごです。😊
e0365597_13052749.jpg


いつもブログの訪問を本当にありがとうございます🍁

ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると、日々の励みになります🍀
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
Commented by lapinmillemille at 2017-10-14 09:34
文化祭お疲れ様でした~。
親子共に楽しそうで何よりですね!

本当に、よく聞いてみないとわからないのですが、皆さん何かしら悩みを抱えていらっしゃいますよね。

子供に求めるものが、高すぎるような気がして、健康が一番と、私など思ってしまいますが…。
でも、それぞれの立場が違いますし、お互い心底わかり合うのは、不可能だと私も思います。

私もあまり悩みを身近な友人には話してこなかったので、東京のママ友の目には、「子供といつも楽しそうに遊んでるお母さん」とうつっていたみたいです。
こっちは、必死だったんですけれどね~。

やはり、人は見かけではわかりませんね!
Commented by robo223 at 2017-10-14 11:42
lapinmillemilleさんへ

コメントをありがとうございます。

本当に「人は見かけではわからない」と改めて感じました。おそらく、他の方々には、私達も「親子でいつも楽しそうに過ごしている」という風にしか見えないと思います。実際は、以前よりは楽になったとはいえ、毎日必死なんですが💦

私も皆さん、「子どもに求めるものが高すぎる」と感じることがあります。お子さんは健康で楽しそうに過ごしているのに、何か人より秀出たところがないと、将来困るのではないかと心配されていたりします。

それで、「私達親も特別秀出たところがなかったとしても、困っていないのに、どうしてそんなに悩んでいるの?」と真面目に聞いてみると、やはり、何も答えて下さらないので、本当は健康が1番なんですよね!

親心って複雑ですね。


Commented by natsu-earth at 2017-10-14 12:47
文化祭、とっても楽しそうですが…でもお疲れ様でした!
息子さんもいろんなお仕事を担当して、しかもセリフまで丸暗記…すごいです!

2Eという事でいろいろ一般的な考えには当てはまらない事も多いようですが
こちらアメリカではそういう個性をとても大事にしてくれる国だな~と感じています。
実際、2Eの私立専門学校以外にも学校にはギフテッドのクラスがあったり
さらにはハイリーギフテッドのクラスもあったりして
我が家の近所にも数学のハイリーギフテッドクラスを持つ高校があります。(公立です)
右向け右の日本なので何かと大変な事も多いかもしれませんが
これから是非応援させて下さいね!

あ、マルシェバッグめっちゃかわいいです!
あと、フォローさせて頂きました☻
Commented by すもも at 2017-10-14 13:22 x
私は、定型5年男子と高機能自閉症2年男子の母です。

そうすると、両方の立場を経験することになるわけですが、上の子は上の子で悩みがあるかと言われると、やはり、ほとんどない。と思ってしまいます。
(下の子の悩みに比べれば、上の子の悩みなんて悩みではない、という意味です。多少はあるのですが、悩みとしては全く感じないというか、悩みとして捉えられないというか)

5年男子の母たちの中で喋るときは、悩みがほとんどないため、あまり喋らず聞き役になるので、roboママさんと同じ立場になります。

下の子のママさんと話すときは、悩みのレベルが違いすぎて、やはりほとんど喋らず聞くだけ。
同じ発達障がいのママさんたちと話すと、悩みが相談できます。

やはり立場が違うと、悩みのレベルが違い、実際悩んでいるのでしょうが、悩みに聞こえなかったり。
でも、例えばノンバーバルのお子さんのお母さんや、てんかん発作が止まらないお子さんのお母さんの悩みからすれば、私の悩みも、また…悩むのに値するのか?と思われるかも。

たとえ表面的な付き合いでも、その場その場で、軽く、困ってるのよ〜と話せると、きっとみなさん歓迎して色々話してくれるのかなぁと思いますが、なかなか、本当に困ってることこそ、話しにくかったり。
そのような中、ブログってほんといいですよね。
共感しない方はわざわざコメントくれたり、継続して読んだりしないだろうし。

本音をかけるブログは、私にはなくてはならないものです。
なんかつぶやきのようなコメントですみません…
Commented by robo223 at 2017-10-14 16:11
natsuさんへ  

コメントをありがとうございます。

roboのことをほめて下さり、とっても嬉しいです。それに、応援までありがとうございます。とても心強いです。

やっぱりアメリカ、しかもロサンジェルスは違いますねー😱😱✨驚きました!

2E専門の私立学校や学校内のギフテッド・クラスがあるだけでなく、ハイリーギフテッド・クラスやハイリーギフテッドの数学クラスなどと、きめ細やかに受け皿が設定されているんですね。

日本では、ギフテッドという言葉すら一般的ではないというのに…。さすが、本場といった感じです。様々な個性を大事にするお国柄を感じました。

申し遅れましたが、実は私もすでにフォローさせていただいています💕私の拙いブログを読んで下さるなんて、とても嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。😊
Commented by robo223 at 2017-10-14 16:26
すももさんへ

コメントをありがとうございます。

確かに、ブログの役割は大きいですね。立場が近かったり、共感できる者同士が交流したり、情報交換できますよね。それに、身近な人には話しづらいことでも、ブログになら自由に書けるので、実際、私の本当の気持ちや立場を1番知って下さっているのは、ブログを読んで下さっている方々だと思います。

同じように障害を持つ子供の親としても、それぞれ立場によって悩みのレベルは違うなと私も思います。

てんかんが頻繁に起こるお子さんや、ノンバーバルのお子さんをお持ちの親御さんはご心配も多いことでしょうね。それから、重度重複障害をお持ちのお子さんで、入浴やトイレなどの介助が必要な場合、親御さんの体力面の問題が大きいなと思います。

roboが成人して手が離れたら、私もどこかでお役に立てることはないかなぁと思ったりしています。

Commented by glow-gen at 2017-10-14 18:12
ロボ君がんばりましたね~。学校でのこういう行事って、毎年あるので、成長が如実にわかりますよね。
げんちゃんも、文化祭みたいなので、3年の頃は、微妙にグループで回れず、4年は多少ましかな? 5年はオーケー・・・そんな感じですね。

普通のお子さんのお母さんの仲良しは、子どもさんが、受験する・・・というので相談されたりしてました。
 悩み事、レベルたか~い!

こっちが、あまり、無頓着なので、そういうレベルの高い相談も持ち込まれますよね~。できの悪い子の相談が一番得意なのだけれど・・・

 お姉ちゃんはお姉ちゃんで、1浪で済むのか・・・??
という雰囲気です。ほんと、うちはできが悪い!

他のお母さんと話していると、自分が使っているエネルギーは、すさまじいことがわかります。エネルギーの塊みたいになってますね~。周りにも伝わっているかもですね。
昔支援の先生に
ほんと、お母さんバイタリティーの塊ですね、みたいなこと言われました。この子たちのエネルギーって、ところで、どういう感じなのだろう・・・ふと思いました。
 
Commented by robo223 at 2017-10-14 20:29
げんちゃんママさんへ

コメントをありがとうございます。
運動会もそうですが、本当に成長度合いが行事で如実に出ますね。そういう意味では、げんちゃん、1年ごとにステップアップしてることがわかりますね。

この調子で階段を上り続けたら、どこまで行くのか楽しみですね!roboは6年生後半からこの1年間の成長が今までになく大きくて、やっと少しは実を結んで来たなと感じました。

このまま一気に行ってくれー!と思う一方で、そろそろ停滞期が来るかも~😅と覚悟しています。でも、停滞期にどこまであきらめずに粘れるかが大事だと思っています💧

げんちゃんママさんは、中学受験を考えていらっしゃる親御さんからも相談されるのですね。お姉さんの経験からでしょうか?あちらこちらで、頼りにされていらっしゃるんですね。

お姉さんは目指してらっしゃる所が高いからなんでしょうね。私なら2浪までは許容範囲ですが、決まるまでは、気が休まりませんね。

発達障害の子は、自分のエネルギーを自力でうまく使うことが苦手ですよね。ほおっておくと、刹那的で非生産的な方向にエネルギーを消費してしまうことが多いので、1日のスケジュール管理をしっかり大人がして上げる必要があると思います。

しかも、うまく導かないと、せっかくのエネルギーを出し切らないので、力を出すという体験をしないまま育って行ってしまう可能性があります。まるで、エネルギー不足のように見えたり、サボッているように見えることもあります。こういう所からも、発達障害の子は力を発揮しにくい子だと思うわけです。

ですから、文化祭でroboが自主的にセリフを覚えたということは、大したことではなくても、roboにしてはナイスな行動だったと思います。げんちゃんママさんなら、分かって下さると思いますが。😊


3才からの意識改革ってどんな風にするのか、とっても興味があります!また、ブログの更新を楽しみにしてま~す✨

Commented by suzu62taha88 at 2017-10-16 02:00
文化祭のお仕事、お疲れさまでした。
お仕事は大変ですが、
保護者の皆さんとともにお仕事をしたり、終わった後に交流をしたりして楽しい時間が過ごせたと思います。

robo君が素晴らしいことはもちろんのこと、愚痴をおっしゃられないrobo君ママさんの誠実が皆さんのうらやましさにも通じているのでしょうね。

Commented by ひつじ at 2017-10-16 09:14 x
親子共々 初めての文化祭を楽しめて良かったですね🎶 それにしても ロボママさんは学校と積極的に関わってらして 素晴らしいですね。 ワタシは今年は様子見してしまったので、来年からはお手伝いしてみようと思います☺️

ロボ君はこれから中間テストなんですね。息子は2学期制なので 期末が終わり 今日は秋休みです。

いやー、期末テスト 疲れてクタクタです、ワタシが💦 どうして こうも 自分から勉強してくれないのでしょう? そして 興味のない科目は なんで こんな簡単なことも覚えられないのかと 怒りと悲しみでいっぱいになってしまいました。

やらせばできるのは 数学と漢字。そして はしにも棒にもかからないのが 国語文章題、理科(生物、地学).社会(歴史、地理)です。これらの科目は授業中に何も学んで来ないので、ゼロの状態から家庭で入力していきますが、全く記憶が定着しません。
ロボ君のように興味が多岐に分かるのが本当に羨ましいです。息子は車限定なので、知識が学校の科目に反映されないです。動画を見せたり漫画を買ってきたり、かるたやパズル(今更💦)をやらせたりしていますが、なかなか知識が広がらないです。

せめて授業で少しは学んで来て欲しいですが、きっと聞いてないんでしょうね。興味がなくても聞いて学習するというのは、今の段階では難しいですか?それでも担任は 授業態度が夏休み前より飛躍的に良くなったと言われました。
Commented by robo223 at 2017-10-16 11:22
ふぅ君ママさんへ

コメントをありがとうございます。
学級委員のお仕事は、保護者の皆さんとおしゃべりできるのが、とっても楽しくて嬉しいことですね!

確かに、roboに関する愚痴を言い出したらキリがないですし、言ってもわからないだろうなと思って、何も言わなかったので、「何も悩みがない」ということになったのでしょうね。誠実なんて言って下さりありがとうございます。
Commented by robo223 at 2017-10-16 11:47
ひつじさんへ

コメントをありがとうございます。

親子共に文化祭を楽しめたこと、考えてみれば、ありがたいことだったなと思いました。行事にはまともに取り組めない時期が長かったので💧

こちらは、3学期制なので、3回目の定期試験です。自分で計画的に勉強してくれれば、こんなに楽なことはないのに、と思いますよね。roboも当分手がかかりそうです💦

息子さんは、まだ日本語の理解に課題があるために、数学・英語・漢字以外の教科に難しさがあるのでしょうね。でも、積み重ねの教科として、まずは、数学と英語が出来ていれば、大丈夫だと思います。それ以外の教科は、日本語の習得と共に良くなってくる可能性があると思います。

それから、基本的に発達障害のあるお子さんで、知的理解力が高いお子さんでも、勉強に興味がなくて、ほとんど学校の授業では何も学べない子は多いです。

roboなども、興味のない科目(数学)はほとんど何も学んで来ないので、そういう場合は、もう全てゼロから家で入れるものだと思うしかない、と皆さんにも言っています。自分で学んで来たり、学ぶことを期待すると、かえってイライラするだけだからです。

でも、そうこうしているうちに、中3くらいになって、精神年齢が上がって来て、ある程度、授業で身に付けられるようになって来ている子もいます。出来るようになるまでは、大変ですが、最低限は身に付くように教えて上げる必要がありますよね。

でも、ほぼ全教科となると、かなりのエネルギーが必要ですよね。本当にお疲れさまです。私も試験前はなんだかソワソワしてしまいます💦
by robo223 | 2017-10-14 08:56 | Comments(12)