単純な作業を省きたがる

roboは国語の漢字テストで90回の書き直しになってから、漢字テストの前日には漢検のテキストを持ち帰って、自主的に勉強するようになりました。

昨日もテキストを持ち帰っていたので、私が「今日も漢字の勉強をするの?」と聞くと、「うん、するよ。でも、見て覚えるだけだからね!漢字練習はしないからねっ!」と強い口調で言われました😅その後、やっぱりテキストをジーッと見て覚えていました。よっぽど書くのが煩わしいようです。

ところで、同じようなことが先日もありました。roboは以前、数学の先生に問題を解くのが遅いために「早くしろよ-!」と言われるのが嫌で、数学の時間は気が重いと言っていたことがありました。

その時は、本人が意識して早く問題を解くようにさせたところ、遅れることがなくなり、問題が解消されました。しかし、数学の先生とroboの意思疎通はうまくいかないことがあると察した私は、それからは、時々数学の先生を見かけると、「roboはちゃんとやっていますでしょうか?」と聞くことにしています。

先日も聞いてみたところ、やはり先生が困ってらっしゃることがあるようでした。一次方程式の文章題で、答えだけは合っているのだけれど、何度注意しても、Xを何にしたのか書かなかったり、式を書かなかったりするのだそうです。

roboにしてみれば、漢字は見ただけで覚えられるのだし、文章題は説明や式を書かなくても答えは出せるのだから、面倒な作業は省きたい!という気持ちのようです✏💧

確かに不器用なこともありますし、作業速度が遅いのですから、roboのやり方の方が合理的な気もします。それに、roboも自ら必要性を感じた時は、メモを取っているのですから、必要性を感じていない時は書かなくてもいいと私も思いました。

しかし、先生の指示を拒否している状態を親が容認するわけにもいきませんので、「roboの考え方も間違いではないけれど、授業中は先生の指示通りにやった方がいいよ。先生には先生のお考えがあるのだから。」と伝えました。すると、次の日からはちゃんと指示通り書くようになったそうです。

このようにroboは一般のお子さんなら引っかからないようなポイントで引っかかって、先生と無意味な摩擦を起こしてしまう可能性が高いので、気を付けていきたいと思いました。

ところで、こういった「単純な作業を省きたがる」という特性は「知的ギフテッド」と北の異端児研の先生がおっしゃる子供には、特に多いようです。理解だけが先に進んでいるのに、作業の方がそれに追いつかないから面倒になってしまうことが、一つの原因のようです。

昨日、「愛しい贈りもの」のりかこさんにも教えていただきましたが、知能検査において、言語理解>作業速度というプロフィールが成り立っているお子さんの場合は、通常の学校教育に適応しにくいことがあるようです。りかこさん、いつもギフテッド教育のことを教えていただき、ありがとうございます。

しかし、そういう適応しにくいタイプのroboが、何とか学校生活を無事に過ごしていることは、本人の頑張りや回りの方々の支えがあってのことなのかもしれない、と改めて思いました。


ナチュラル・キッチン(100均)の小箒セットは重宝してます😊
e0365597_16591493.jpg


いつもブログの訪問を本当にありがとうございます🍁

ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると、日々の励みになります🍀
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
Commented by lapinmillemille at 2017-10-12 09:10
おはようございます。

うちも、漢字はほとんど練習しなくても覚えてしまうようですで、
ハネ、トメ、はらいなどは汚いので、先生によっては丸をもらえませんが、
ミニテストでは80点を下った事はありません。

私の時代は、ノートに何行も書いて覚えましたので、
息子の様子を見ていると、「甘すぎる!」とか思ってしまいますが、
まあ覚えているのだから、仕方ないかなと思っています。

好きではないことについては、書くのも面倒なんでしょうね。

言語能力は高いのですが、算数については答えもさっぱりなので、
robo君のように、残念ながら天才型ではないですね…。

まあ、小学校に上がった時点で、ずば抜けて得意なものもなくなってきたのですが。

でもギフテッドのお子さんは、何も知らなかった私にとっては、
「1つでも特別に優れている点があって、羨ましいな」と思う存在なんですが、
周りにはわからない、本人にとっては大変な面がある事を、robo223さんの記事で理解しました。
海外から情報を発信してくださる方のblogのおかげもあり。
(内容が私には難解なので、わかってない部分もあるかとは思いますが。)

日本でも、欧米のように認定・対策がほどこされ、一人一人に合わせたプログラムを受けれるように
なるといいですよね。

どうして、この国は、未来の宝である子供の教育に費用を割かずに、
どうでもよいと思われるような、大人の利権の方に流れていってしまうのでしょうね…。
Commented by robo223 at 2017-10-12 12:05
lapinmillemilleさんへ

コメントをありがとうございます。
息子さんも漢字を見るだけで覚えてしまうんですね。漢字練習しないなんて、私にも考えられないことでしたが、覚えられるなら、それでいいんですよね。

しかも、文科省からの通達で、トメやハライや長さなどは細かく規定しないこととありましたから、あまり細かいところは、本来こだわるべきではないようです。先生にもよると思いますが、中学校からは「ちゃんと読めればいい」という採点基準になる場合も多いです。

roboは算数にあまり興味がなくて、得意ではないのですが、私と多少先取り学習してあるので、出来るだけなんです。残念ながら、算数の天才型ではないようです😒

しかも、ギフテッドの特性があると思われても、薄くだけなので、大した才能もないわりには、課題ばかりたくさんあって、本当に大変です。

でも、以前、roboに少し似たタイプの方々のことをくわしく紹介していただいたので、希望を失わずにいられています。心の支えになっています。本当にありがとうございました。

おっしゃる通り、ギフテッドの方々の認定・判定、そして、才能が生かされるような教育プログラムの実現が本当に望まれます。それには、莫大な教育予算が必要となるのかもしれませんが、ギフテッドに限らず、未来の宝である子供の教育にこそ費用を割いていただきたいですね。
Commented at 2017-10-13 14:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-10-13 17:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-10-13 19:25
鍵コメさんへ

コメントをありがとうございます。

次男君は本当にギフテッドの特性が顕著なお子さんかもしれませんね。コミュニケーションの問題はなく、不器用さもなく、実行機能にだけ課題があるので、余計違和感があるのでしょうね。

しかし、長男君も次男君も数学が本当に得意というか、神ってるレベルですね✨

次男君は本当に大変だと思いますが、とにかく学校から帰って来たらすぐに、カバンの中をチェックして整理したり、準備したり、確認したりしてスッキリさせてしまうのが1番ですね。「一人で全部」はしばらくの間は、出来るわけないと思っているくらいで、丁度いいと思います。

三男君はじわじわ伸びて来ていて頼もしいですね!社会性や集団行動という1番苦手な分野で成長が見られているんですね。

三男君は、高機能自閉症なのかもしれませんね。でも、まだまだ伸びると思いますので、楽しみです。
Commented at 2017-10-13 23:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-10-14 08:28
鍵コメさんへ

返信ありがとうございます。

やはり、「次男君は天才的」と公文の先生にも言われていたんですね。親からすると、それが普通だと思ってしまうのですが、先生など他人の方が客観的に見ることができて、正しい評価をしてくれる場合もあるんですよね。

私もroboが小学校中学年くらいからは、先生などに「robo君は天才です。」と言われることがありましたが、その頃はまるでピンと来ませんでした。もちろん天才というのとは違いますが、脳の使い方が一般的な人とはかなり違っていることを先生は感じていらしたのだと思います。

公文の先生の評価は的確ですね。また、三男君も七田式の方で、「天才」と言われているんですよね。こちらも、脳の使い方に発達障害の特性だけでは説明仕切れない何かがあるのかもしれませんね。

保育園の方は、私ならそれ以上何もお願いしないです。

どんな場所でもそうなんですが、私はroboがお世話になる場所では、基本的にその場所の先生やスタッフの方々に出来る範囲のことや、気持ち良く取り組んでいただける範囲のことしかお願いはしません。  

一応は、「こうしていただけるとありがたいです。」とは言いますが、やるかどうかは、その方々次第で、強制はできませんよね。  

充分にやっていただけない点も多々ありますが、そこは家庭療育で補うしかないと思っています。例えば、スイミングの時もなかなか級が進まなくても、スタッフにまかせるより、家で洗面器で顔つけの練習をしたら、前進しましたよね。

誰かに何かをお願いして、方針を根本的に変えていただくことは、大変労力のいることです。安全が確保できないような時や少しの努力で出来るはずなのに、明らかに怠っている場合は、私も強く出たこともありますが、それ以外は、相談されたら答えるくらいです。

保育園でも、小学校でも、普段は「先生方のおかげでこういう所が伸びました。」とは言いますが、私の方からはほとんど要望はしないので、逆にどうしたらいいでしょうか?と聞かれることの方が多かったです。

それでもroboは、しっかり成長しましたから、大丈夫だと思いますよ。逆に、今からこんなに療育してらっしゃるので、素晴らしい伸びが期待できると思いますよ。
Commented at 2017-10-14 22:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-10-15 10:02
鍵コメさんへ

返信ありがとうございます。

次男君も脳の使い方が独特なんですね。三男君も充分、私はすごいと思います!スラスラできるとか、記憶力抜群というのは、発達障害だからというばかりではない場合もあると思います。私もそう思っていましたが、roboの脳の特異性から、ただ発達障害と片付けてしまうのは、本人を把握する上では不十分なことだなと思いました。

保育園には、それだけしっかり要望を伝えてらっしゃるのなら、充分だと思います。保育園でのことは先生方にお任せして、療育の主体は家庭なのですから、ママさんが自信を持って取り組んでらっしゃれば大丈夫です。

3人も男の子がいらっしゃるのに、ママさんは本当に頑張ってらっしゃって、しかも、成果も著しいと思います!
Commented by suzu62taha88 at 2017-10-16 09:37
数学では、説明するような一言を付け加えず、途中式など考えられないほど省き、挙句の果てに答えまで間違っていた複雑な工程を踏むようなものにもりして(^_^;)

頭のメモリーは私とは比べ物にならないほどたくさんの領域があると思いますが、複雑な工程を踏むようにもなれば途中で何かの工程をが抜けると
いうことも想定されます。

Commented by suzu62taha88 at 2017-10-16 09:40
不都合が生じているとのことで
少しずつ書いてアップしてます。
Commented by suzu62taha88 at 2017-10-16 09:55
続きです。
「途中式をみえるかしたら頭の中のストックをしなくて済むのよ。つまり、数学(難解なものを除く)は頭など使わずにパズルを置いていくようにすれば解けちゃうんだから。」と言って何とか書かせようと思うのですが変わりません。
書く動作が施行についていかなくてもどかしいのかもしれません。ね。
各動作が遅いわけでもなくただ単に思考が先に行ってしまうというものでしょう。
歌を歌いながら歌詞を書き留めるのとみるのと同じようにどなたにでもある差なのだと思います。
しかしそれがかけ離れているとつらいと思いまうs。

「でもね、計算間違いややり方の間違いなど、どなたが見てもわかるように表示してほしいのよ。」と次なる言葉をかけていますがやはり変わりません
とほほ。

しかし、証明問題は完ぺきに言葉も入れて仕上げてましたから必要な時には書くようになるのかもと楽観視しています。
これだから本人があるがままになっているのでしょうかね。いや、厳しくしても同じかもです。

robo君も見て漢字を覚えているのですね。わかります。
例えば、英単語は一度も書いて覚えたことがないのですが、昨年のスペリングテストの学年の年間チャンピオンになりました。
このように見て覚えるだけでも十分な子もいるのです。
人それぞれのやりやすい学習の方法があって、それでいいのだと思います。
まだまだ、理解に乏しくこれでいい問いの主張ができません。
なのでこんな自慢かと思われてはお恥ずかしい事例も、紹介していくことが大切だと思います。

私のほうこそ、ギフテッドのことを含めたくさんの知識や気づきのヒントをいただいています。
いつもありがとうございます。
Commented by robo223 at 2017-10-16 13:26
ふぅ君ママさんへ

コメントをありがとうございます。
ふぅ君のように、作業速度が低くなくても、「歌いながら歌詞を書くような状態」と思えば、書くという行為が確かにもどかしいことになりますよね。

英語のスペルにしても漢字にしても、書くことではなく、覚えることに目的があるのですから、「人それぞれのやりやすい学習方法」があってしかるべきだと私も思います。

大多数の子供が書かないと覚えられないからといって、書かなくても覚えられる子供がわざわざ紙と鉛筆の芯を無駄にして書いて覚える必要はない!なんて本心では思ってしまいます。

でも、数学などは、複雑な内容になれば、行程を書かなければ正解できない可能性もあるので、もともと不器用で作業速度の遅いroboは書く練習をしていなければならないのだ、と思って書かせることにしています。

と言っても、気を抜くと、すぐに書かなくなるので、トホホです。

でも、ただ書かないといっても、サボっているわけではなく、こういう事情があるのだと紹介していくことは、とても大切だと私も思います。

また、言語理解>作業速度ではない子供の事例ももっと紹介できるといいですね。

実際、知覚推理・作業速度>言語理解・ワーキングメモリで困り感のある子もいるので、それはどうしてなのかなぁと思い、私ももっと勉強していきたいです。その子の場合は、見て映像で理解する速度に、言葉での思考や表現が追いつかないということもあるのかな、などと仮説を立てて考えたりしています。

でも、出来れば、専門の方に検討していただけたら、心強いので、北の異端児研の方が個々のケースに対応していると伺って私も安心しました。
Commented by suzu62taha88 at 2017-10-18 23:20
言訳です。すみません。
こちらのコメントをアップしたときに
サーバーが混雑しています。再アップしてください。というようなメッセージが出て
何度やっても登録できず、そのたびに書き直しなん度かトライしてみました。
アップされたものを見てみたら、意味不明な文章になっていて、何が書いてあるのかわかりませんね。

なのにお返事くださってありがとうございます。

漢字の変換もさることながら普通の文章も何のことやらわかりません。
本当にごめんなさい。
恥ずかしくて、顔が真っ赤になってます。
それよりも申し訳なさでいっぱいです。
Commented by robo223 at 2017-10-19 07:55
ふぅ君ママさんへ

いえいえ、大丈夫でした。ちゃんと理解できる文章になっていたので、特に気にしていませんでした。

いつもお忙しいのに、コメントをありがとうございます。どうか、ご無理をされませんように。
by robo223 | 2017-10-12 08:12 | Comments(15)