今の主な特性はギフテッド?

roboが小さい頃から、ずっと特性が強くて、本人も家族も沢山の困り感を抱いて来ました。そして、その特性は発達障害によるものと医師には説明され、私もそのように解釈して来ました。

しかし、ギフテッドという概念を知ったことにより、最近のroboの特性が主に発達障害の特性というよりは、ギフテッドの特性から来ているものかもしれないと、感じるようになりました。

もちろん、もともとは発達障害の特性が主な困り感の原因になっていたのかもしれませんが、年々、その特徴が影をひそめるようになって来た今、残されている課題が主にギフテッドの特性によるものになったと言えるのかもしれません。

現在、roboについて、主な課題となっていることは三つありますが、実行機能の問題・過敏症の問題・感情の強烈さによる問題です。これらのことについては、ギフテッド・チャイルドの皆さんがよく抱える課題です。

アスペルガーやADHDの症状だけを捉えても理解の難しい、込み入った問題ばかりです。

ベースとして、発達障害の特性から起こっている部分も充分ありますが、過度激動をベースとして起こってもいる現象だと理解した方が納得のいくものも多いのです。

先日、EGMさんのブログで紹介して下さっていた「Dr.Weeb(心理学者)のプレゼン」が大変参考になりました。

roboも「精神面が知能に追いつかない」ことにより実行機能に課題がありますし、過敏症により「アレルギーやぜんそく、食べ物や薬に過敏」になっていますし、感情の強烈さなどにより、「ストレスと完璧主義」が起こっています。

また、他にも紹介して下さった内容で、たくさん普段のroboの特性を表していると考えられるものがありました。例えば、「過剰なエネルギー、チック(まだ見られません)や貧乏ゆすりなど神経性の癖、衝動的な行動」「不安と恐れ、感情の強烈さ」「多読、強い好奇心、質問攻めにする、内省」などです。

しかし、分かり切っていることとはいえ、人間というものは、一面的に捉えて判断することは、非常に危険だと改めて思いました。発達障害の側面、ギフテッドの側面、性格や家族構成の側面など多面的に観察して行かなければ、誤診や過剰診断などが起こり、本人を正確に捉えることはできないなと思いました。

これからも、可能な限りroboを知るための旅を続けていきたいと思います。EGMさん、いつも素晴らしい情報を提供して下さり、ありがとうございます。私の旅の道標になっています。


文化祭のバザーで、野菜の形をした小皿を買いました。箸置きにするつもりです。😆
e0365597_10501553.jpg



いつもブログの訪問を本当にありがとうございます🍁

ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると、日々の励みになります🍀
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
Commented at 2017-10-10 14:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-10-10 14:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-10-10 17:33
鍵コメさんへ

コメントをありがとうございます。
本当に悩みはつきませんね。roboの就学前や、小学校低学年の頃を思うと、たった一人なのに、気が狂いそうに大変でしたから、想像を絶する闘いだと思います。

どうして、こうもギフテッドの子って激しいのでしょうね💦何が大変て、この激情なんですよね😅次男君にしても三男君にしても、怒りや泣きの状態がもっと大人しければ、まだ扱いやすいんですよね。

そういう私も小さい頃は激情型で、実行機能はボロボロでしたから、お二人のことは、何も言えません。私の母が私を手放そうとした気持ちもわかりますよ。3人姉弟で大変だったと思います。

ちなみに、女の子は精神年齢が男の子より2年くらい上だと言われていますから、男の子同士だとすれば、女の子とは実行機能が6才離れていると考えてもいいですよね。保育園年長と小学校6年生くらいの開きがあってもおかしくないわけですよね。

そのくせ、プライドだけは、年齢相応ですから、本当に困りますね。知的理解力と精神年齢が開き過ぎて、余計行動がチグハグになっているのだと思います。小学校2年生なのに、二次方程式をやっているなんて、中学2年生並みの知的理解力ですよね。

充分、才能の部分は開発されていると思いますよ。ママさんの身を削ってのことでしょうが、理想的だと思います。

おまけに、学校では勉強を教える立場にあるということで、自尊心が損なわれずにいられることは、幸いなことです。自己肯定感が低くなると、さらに二次的な問題が発生してきますからね。

ママさんは大変かもしれないけれど、そのおかげで、お子さんの心が守られていることは、将来的に希望の持てることだと思います。

続きます。
Commented by robo223 at 2017-10-10 17:48
鍵コメさんへ

おっしゃる通り、roboは小さい頃、自閉脳が優位に働いていたと思うのですが、だんだん感覚遊びや人への関心の面などが改善して来て、さほど気にならなくなって来ました。

高機能自閉症で社長であり、大学の先生をしているテンプル・グランディンさんも、子供の頃、下を向いて自分の世界に入ろうとする彼女を母親が絶対に顔を上に向けさせたそうです。コロロのアプローチとよく似ているんですよね。

働きかけによって、自閉脳は大きく改善すると私は思っています。そして、そこには、いつも母親の偉大な情熱があったことを私は知りました。

エジソンもそうですが、ビルゲイツも母親の影響が大きかったようです。

コロロの提案はじわじわ増えて行きますが、それは次のステージに上がったという証拠なので、前向きに取り組んでくださいね。

それにしても、毎日骨の折れることとお察しします。
Commented at 2017-10-10 22:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-10-11 07:59
鍵コメさんへ

返信をありがとうございます。
三男君は、早くからしっかりとした療育に取り組んでいるので、robo以上に特性が薄れて来ると思いますよ。そして、良い面がますます輝き出すと思います。本当に楽しみですね。

次男君の方はすでにずいぶん本人の困り感が募っているようですね。

担任の先生がおっしゃる通り、WISCを取って状態を明らかにしておくことは、親が本人を把握する上でも、今後担任の先生に理解を求める際の資料としても役に立つかもしれませんね。
 
集中し過ぎて、机の上のものが落ちても気づかない。集中し過ぎて、勝手に先に進める。などと言ったことは、本来悪いことをしているわけではないので、過剰に叱責されたりしないように、本人を守って上げる必要があると思います。

イライラしてしまうお気持ちはわかりますが、本人が学校でも家でも怒られてばかりで辛いと言っている以上、家では、出来るだけ怒るよりも、「今は何もできない子」と思って接した方がいいと思います。

roboが小学校2年生の時は、時間割も宿題も着替えも全て私がやって上げていましたよ。三男君がいて大変でしょうが、やらせるよりやって上げた方が楽だし、ガミガミ言わずに済みます。

今無理にやらせても、おそらく出来るようにはならないと思います。出来る時期になってやらせた方がいいと思います。連絡帳に次の日の時間割と持ち物と宿題を書くことだけは、担任の先生にチェックしていただき、それを見て、時間割から持ち物の準備から宿題まで、全てママと一緒にやった方がお互いストレスがない気がします。

大変な状況にあるとは思いますが、無理はなさらずに、出来る範囲で取り組んで下さいね。
Commented at 2017-10-11 09:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-10-11 10:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bonteblog at 2017-10-11 10:50
おはようございます!

以前、私のブログにコメントを下さった時、
むすめはギフテッドデはないかとアドバイスいただきました。

ギフテッドの方のブログを見ていたりすると
むすめはどうなんだろう?と思っていました。

他の方と比べるからややこしいんですね。
もう一度お勉強し直しです(^_^;)

ちなみに何かいい参考文献がありましたら
教えていただけるとうれしいです!
Commented by robo223 at 2017-10-11 11:26
鍵コメさんへ

次男君、今はまだ素直に話してくれるんですね。「お母さんが、何かを言えば、小言ばかり。」という印象が固定してしまうと、中学年でも反抗期のようになってしまいますので、気をつけたいですね。

一般のある程度何でも自力で出来る子供なら、早々と反抗期にさせても、自分で何とかやっていくので構わないのですが、この子達は、早々と反抗期にさせると難しいです。

ですから、お母さんの言葉に耳を傾けられる状態をしばらくはキープするためにも、ガミガミ言わなくて済む状況を作る必要があると思います。

持ち物を把握していても、間際に言い出して怒りたくなるなら、学校から帰って来たらすぐにママの方から確認すれば良いと思います。大変だとは思いますが、当分、何もかも抜かりなく一緒にやるといいと思います。

以前も書きましたが、家庭での基盤がしっかりしていれば、外での困難は多少なら乗り越えられるものです。

おっしゃる通り、ママさんが変われば、状況は好転する部分もあると思います。

だいたい、そんなに優秀なお子さん、皆さんうらやましいはずですよ。男の子ですし、多少ずっこけていてもいいじゃないですか。学校でも一目置かれ続ける魅力的な存在だと思いますよ。勉強がそんなにできているのですから、逆にずっこけたところがないと鼻についてしまうかもしれません。ボケボケなところがあって、たぶんバランスが取れていると思いますよ。
Commented by robo223 at 2017-10-11 11:32
チャコさんへ

コメントをありがとうございます。

娘さんは学習障害がおありだというお話しなので、正確には2Eの可能性が考えられますよね。

日本の書籍には、ほとんど参考になるものがないのですが、強いて言えば、「ギフテッド 天才の育て方」(杉山登志郎など著)です。

ちなみに、学習障害はどのようなタイプのものですか?WISCでは作業速度が他の項目より低いですか?差し支えなかったら教えて下さい。
Commented at 2017-10-11 22:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by EGM at 2017-10-12 01:01 x
こんばんは。
なかなか更新できないブログを取り上げてくださってありがとうございます (^^;;
知識豊富なroboくんママさんに参考にしていただける情報が少しでもあってよかったです。。
こちらこそいつも勉強させてもらっています。
これからもどうぞよろしくお願いします。
とりいそぎお礼まで。
Commented by robo223 at 2017-10-12 07:50
鍵コメさんへ

少し冷静になることが出来たんですね。時間割が上手くいって、少しはイライラがおさまったとのこと、良かったですね。

今は全く何も出来ないと思っていれぱ、意外と出来ていることや頑張っていることも見えて来るんですよね。

幸い手際がいい方が、上のお子さんだったので、次男君を手伝いやすくて良かったですよね。三男君よりは出来ているので、さほど自尊心を傷つけずにいられますから。

ご自分お一人でメンタルをコントロールするには限界があると思いますので、行き詰まったら、また、こちらでいつでもうかがいますからね。しばらくは、同じことの繰り返しになってしまっても仕方ないと思います。だって、3人も男の子がいらして、2Eとギフテッドの方を含むわけですから、最強の子育てですよ💨
Commented by robo223 at 2017-10-12 07:57
EGMさんへ

コメントをありがとうございます。

お忙しいので、読んでらっしゃらないだろうなぁと思いながら、でも、ぜひ記しておきたいなぁと思って書いていました。

英文を訳して下さったものも、大変参考になりましたが、実際に心理学を学ばれている中で得てらっしゃる内容も、さらに内容が濃く、実態に即したもののように感じています。

日本では、まだあまり、ギフテッド研究が進んでいない中、大変貴重な情報となっています。

これからも、研究に差し支えのない範囲で記事にしていただけると、ありがたいです。よろしくお願いします。
by robo223 | 2017-10-10 08:10 | Comments(15)