ふくらむroboの夢

roboは機械類が小さい頃から大好きで、機械式の物なら何でも触りたいし、何でも見たいという子です。ですから、小学校に上がる前から科学館にはたくさん通いました。

特によく行っていたのが、みなとみらい駅にある「三菱みなとみらい技術館」です。ここは、手帳があると無料ですし、自宅からも近くて、きれいな施設なので、私も気に入っていました。

また、この施設にとりわけ愛着を私が感じていたのが、私の父方の祖父が三菱重工のエンジニアだったからです。しかも、原爆投下の候補地となった要因とも言われる広島の三菱重工(造船所)で働いていました。

しかし、そのせいで、父の家族は爆心地からそう遠くない場所に住んでいて、被爆してしまったのです。私自身は被爆二世として、横浜市から被爆手帳をいただいている立場です。父の家族は大変な苦労を強いられましたので、父は戦争関連の番組は一切見ないという心理状態が一生涯続いていました。

ところで、私の父もその後、三菱重工ではありませんが、三菱系の会社の研究所に勤め、そこで、母と知り合ったのですが、母の父は、その会社のエンジニアとして働いていたのです。

つまり、私の方は、父方も母方も三菱系で、しかも、私の祖父は両方ともエンジニアでした。もしかしたら、そのような流れから、roboが機械好きになっているのかな、とも思っています。

また、roboは三菱重工の造った戦艦武蔵や零戦が好きですし、私の両親の家系が皆三菱系だということもあって、昔から三菱系の会社に就職してエンジニアになり、開発(発明)をしたい!と言っています。✈🚢

そして、「でも、僕は平和のためになる物しか、絶対に作らないんだ!」と強い口調で言っている辺りがroboらしいところです。

しかし、夢ばかりがふくらんで、全く実態が伴わないので、私としては、もう少し現実的な夢を見てほしくて、「じゃあ、三菱系の子会社もいいよね。」などと、つい余計なことを言ってしまいます。

実際、roboのような子は、組織の小さい場所の方が融通もきいて良いようなので、将来は現実との折り合いを付けて行ってくれるといいなと思っています。

e0365597_09555003.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌷

ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると、大変励みになります🍀
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
Commented by suzu62taha88 at 2017-09-13 13:25
robo君の夢には、遺伝子レベルの後ろ盾もあると思うと、どれだけの素晴らしい活躍があるかと期待してしまいます。
まさに日本の宝です。

子会社の方が良いとのお考えもわかります。
大手の、どこに配属になるかわからないのに対し、それぞれの役割を担うための子会社として存在する子会社であれば、活躍の分野が保たれます。
エンジニア部門だったり、ソフト部門だったり、はたまた営業部門だったりと。
その先見の明があるお母様がアドバイスをされるのですから、きっとrobo君に見合った活躍の場を見つけることができると思います。

原爆投下されて心も傷つかれたおじいさまが戦争の番組が見られなくなったというところには、感情が移入してしまいます。
どんなにお辛かったことでしょう。
robo君が平和のためだけに開発されたいとおっしゃるところもホッとすると同時に、素晴らしいと感心しました。
Commented by リラママ at 2017-09-13 13:35 x
はじめまして、4歳年少の自閉症児の母親です。毎朝息子を幼稚園に送った後、更新を楽しみに読ませていただいています。うちの子も機械が大好きで科学館に通っています。スウィッチやエアコンのリモコン、あらゆる機械に興味があり点けたり消したりするのを、いつか飽きるのかな〜と半ばウンザリしながら眺めているのですが、Roboくんはどうでしたか?スウィッチ押さないとパニックになると言う事はありませんが、あらかじめ注意しても私や幼稚園の先生の目を盗んでは触ります。そのうちなくなるかな〜と思いながらも叱ってしまい自己嫌悪に陥ります。家ではリモコンを隠したりしているのですが出先でも、エアコン点けて、とレストランの店員さんに言ったり…気になるようです。
Commented by robo223 at 2017-09-13 15:31
ふぅ君ママさんへ

コメントをありがとうございます。
「活躍の分野が保たれる」というお考え、大変参考になりました。本当にそうですよね。やりたい仕事に集中できることの意味は大きいと私も思います。

父は、「天皇万歳」という言葉自体にも、抵抗があり、戦争の原因ではないのに、「天皇」という言葉にすら過敏に反応していました。それで、我が家では、「天皇家」の話題すらタブーになっていたくらいですから、その心の傷には計り知れないものがあったのだろうと思います。

roboが本人の希望通りエンジニアの血を受け継ぎ、ささやかでもいいから活躍できたら、と思う親心です。夢があるのはいいのですが、叶わなかったら気の毒という別の心配が生まれてしまいます。

いつも励ましや応援をありがとうございます。
Commented by robo223 at 2017-09-13 15:50
リラママさんへ

はじめまして。
コメントをありがとうございます。
私も毎朝、ブログを更新することを日課としていますので、毎日更新を楽しみにして下さっているなんて、とっても嬉しいです。拙いブログですが、読んで下さりありがとうございます。

roboとそっくりな状況に驚きました。roboも4才の時、リモコンで遊ぶし、スイッチは永遠にパチパチやっていましたよ!だから、家の中では、手に届かないところに、置いていましたし、おそらく、保育園でもそうしていたのだと思います。

必然的に当時は、レストランになど行けるはずもありませんでした(T_T)当時のことを思い出しました💦うんざりするお気持ち、とても良くわかります!これは、まともじゃないぞ、と思っていました。

でも、いつの頃からか、ホテルのベッドサイドのライトなんかもパチパチやらなくなって来て、楽になったな~、と思える日がやって来ましたので、今しばらくの辛抱だと思います。

懐かしい思い出となる日が必ず来ますので、その日までは、何とか乗り切って下さいね!

また、ぜひ、遊びに来て下さいね。
Commented by リラママ at 2017-09-13 22:26 x
早速のお返事ありがとうございます!
まだまだ慣れない子育てに悩む日々。不安な気持ちで子供を幼稚園バスに乗せつつも、別れた後はちょっとした解放感の中、roboくんのBlogを読んでパワーをいただいています。たくさん聞きたい事があったのですが、つまらない質問してしまったんじゃないかな〜と思っていたので嬉しかったです。
ホテルのベッドサイドのボタン、息子も大好物です。roboくんみたいに育ってくれると嬉しいなぁ。私もママさんみたいにたくさん愛着を注がないといけませんね。これからも更新楽しみにしています。
Commented at 2017-09-13 23:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-09-14 02:02
リラママさんへ

返信をありがとうございます。
今は特に何かと大変な時期ですよね。私もそうだったからわかります。

でも、そんなママさんにブログでパワーをチャージできているとしたら、本当に嬉しいです。ブログを書いていて、良かったな、と思います。

メカ好きさんのようなので、息子さんもroboのように物作りに興味が湧くかもしれませんね。楽しみですね。

幼少期に自分のままでいいと思えた子は、その後、失敗を恐れず、様々なことにチャレンジしたり、困難にくじけない、頑張りのきく子になるようです。小学校4年生くらいまでは、試練よりも、愛情を注ぐことに重きを置くべきだと思います。

一緒に頑張っていきましょうね!
Commented by robo223 at 2017-09-14 02:29
鍵コメさんへ

コメントをありがとうございます。
いつもブログを読んで下さりありがとうございます。もう日課にして下さっているんですね。とても励みになっています。

本当に働くって、あらゆる調整能力が必要とされて、そう簡単に行くものではない、と私も思います。働けるようになってほしいけれど、今のままでは難しいかもしれないな、と私も時々悲観的になります。

でも、roboは今12才なんですが、8年前とは、別の生き物のように成長しましたから、20才になる8年後にはまた、ものすごく進化しているかもしれません。(わかりませんが💦)

ですから、息子さんもきっと今後、想像も出来ないくらい進化しますから、悲観的になることはないと思います。希望を持って頑張っていきましょうね!

次男君の件ですが、私なら問題を解かせる前に、泣いたら勉強はおしまいにするよ!と言っておいて、泣いたらプリントを取り上げて、泣き終わったら渡すようにすると思います。そして、泣かなかった日は、ほめるようにします。

しかし、2年生で中2は大変ですね。あまり泣くようでしたら、進度に調整が必要かもしれませんね。かなり無茶と言えば、無茶ですから。でも、公文の場合、計算だけだから大丈夫なのかもしれませんし、先生が大丈夫と言えば、大丈夫なのかもしれませんね。
Commented at 2017-09-14 14:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-09-14 15:35
鍵コメさんへ

返信ありがとうございます。
まさにその通りです。今すぐに出来ないことは、やらせない、手伝うという対応が必要ですが、出来ることは、騒がずに黙ってやらせる、ということが必要です。これが、適応能力を養うことです。

出来ないことは出来なくてもいいけれど、出来ることは確実にやらせる、という方針で徐々に能力を上げていきます。特性を受け止めるけれど、甘やかすわけではないということです。理解して下さってありがとうございます。

roboもスイッチを永遠にパチパチやっていて、3才が虫、4才が下等動物、5才が霊長類です。人間は、まだ、ずっと先で、4年生です。科学館はパチパチの延長みたいなものです。

でも、最近になって、昔のことを語り出したので、行動面だけ見ると、人間には程遠くてもちゃんと人の心がすでに育っていたんだな、ということが分かって来ました。だから、幼い時も、言葉掛けには気を付けた方がいいと思います。

脳番地トレーニングにも、子供の特徴を大人がつかんで共有することの必要性が書かれていたんですね。教えて下さってありがとうございます。

子供の特徴をつかまずに、やみくもに教育しても、全く意味はないと思います。まずは、我が子が何者なのかつかむことが、全てのスタートだと思っています。

そして、変えられるところは変え、変えられないところは受容すれば、子供は明るい方に向かってスクスクと伸びていくと思います。もちろん、やっているうちに、変えられないと思っていたところが、変えられたり、その逆も起こってくるところが、面白いところでもあると思います。
Commented at 2017-09-14 22:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-09-14 23:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-09-15 08:10
鍵コメさんへ

三男君は、まだ小学校2年生なのに、中2の数学をやっていたり、夏の自由研究で驚異的な集中力を発揮したりと、突出した才能がある一方で、実行機能に課題があるという、ギフテッド(英才)の典型的な例のように感じてしまいます。これは、私の勝手な予想ですが。

そうであっても、そうでなくても、他の部分がむしろ他の子より優れているのに、実行機能の部分にこれだけ課題があると、本人にとっては、なおさら、学校や家庭で叱責されることがつらいのです。

賢いだけに、やらなければいけないと分かっているし、理想も高いのに、出来ていない自分に対して一般的な子供の何倍も苦しんでいるはずです。

まずは、その気持ちを充分に理解して上げる必要があります。それで、ついつい、自らの不甲斐なさを隠そうと嘘やごまかしを言ってしまうのでしょうね。

対策としては、本人の年齢が上がって実行機能がついて来るまでは、手伝ったり教えたりと根気強く対応することは、以前申し上げた通りです。

また、嘘やごまかしについては、まず、それほど大きなことと捉えないで下さい。そこで、親が怒りを持って対応すると余計気持ちが萎縮してしまいます。

大事なことは、子供に「嘘をつかなくても大丈夫よ。」ということを伝えることです。子供は嘘をつきたくてついているわけではなく、怒られるのが嫌なだけなんです。

ですから、「失敗しても、正直に言ってくれれば大丈夫よ。本当はちゃんとやりたかったのよね。」または、「失敗は誰にでもあるんだから、正直に言った方がかっこいいのよ。」と言って上げれば、嘘をつく必要がなくなるんです。

それと、同時に、「嘘はいけない!」ということも伝えて下さい。ただし、それだけ言っても、子供の嘘やごまかしは解消しません。

長い目で成長を見守って上げて下さいね。
Commented by robo223 at 2017-09-15 08:53
鍵コメさんへ 訂正

三男君→次男君
Commented at 2017-09-16 17:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-09-16 17:39
鍵コメさんへ

お忙しいところ、返信をありがとうございます。

ギフテッドにも過度激動はありますが、表れ方は個人差があると思います。次男君にも、感じやすいところがあるかもしれませんよ。

怒らないように、と思っても、3人の男の子のママですから、なかなか我慢するのも難しいですよね。きっとママさんの気持ちは伝わっていると思いますから、大丈夫だと思います。怒り過ぎた時は、たまに「怒りすぎちゃってごめんね。」と言って上げるだけで、子供の気持ちは癒されるそうですね。私も年に1回か2回くらいは、謝っています💦

ママさんのお誕生日に、次男君が「いつも怒らせてごめんね。」と書いてくれたんですね。胸にじーんと来ますね。賢いお子さんで、全て良く分かっているのだと思います。今はまだ、2年生ですから、もう何年かの辛抱だと思います。

本当に毎日お疲れさまです。

Commented at 2017-09-16 19:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-09-17 08:37
鍵コメさんへ

確かに混乱しますよね。

でも、やっぱり、次男君はバッチリ特性が出ていますね!

神様からの贈り物ですから、同時にママさんも自分を神様から試されているのかもしれませんね。

しんどい子育てでもありますが、得られる喜びも大きい子育てです。無理のない範囲で気負い過ぎずにやって行って下さいね。

私のブログが多少でも、お役に立てれば、嬉しいです。いつも読んで下さりありがとうございます。
by robo223 | 2017-09-13 08:00 | Comments(18)