「ギフテッド=天才」ではない!

昨日の記事へのコメントに、「ギフテッド=天才」ではないと、初めて知りました!ということを書いて下さった方が何人かいらっしゃいましたので、今日はもう少しくわしくギフテッドのことを紹介させていただきたいと思います。

ギフテッドの人は異常なほどの熱情、並外れた集中力、他人とは一風変わった振る舞いが見られます。これは、ギフテッドの人の脳の過度激動という働きがもたらすものだと考えられています。

ウィキペディアでは、過度激動(OE)を5つの分野に区分したものが紹介されています。

①精神運動性OE:「一般的に落ち着きがなく頭の回転が速い」印象を与えるもので、身体的多動だけでなく、話すスピードが速い、話が一気に飛躍する、頭が働いて眠れないという精神的多動を示す。

②知覚性OE:「神経質」という言葉で表される性質で、増長した知覚意識を持ち、まぶしい光、大きい音、匂い、触感など感覚器官に与えられた刺激に過剰に反応する。

③想像性OE:隠喩などの詩的表現に優れる。「注意力散漫」と見られ、「おとぎの国の住人」と揶揄されるほどの強い想像力を持つ。

④知性OE:一般に広く知られているギフテッドの特徴。知識を渇望し、疑問は研究し、理論的な分析や真実の探求を愛する。そのため高度な科学・ドキュメンタリー番組を好んだり、頭脳パズル、知覚ゲームを好む。

⑤感情性OE:感情の種類と幅が大きく「ドラマチック」な反応を示す。より楽しみ、より悲しみ、より腹立ち、より驚き、より恐れる。深く感情移入し、愛着心、責任感、自省意識も非常に深い。

これらを読んで、いかにギフテッドの人が「特異な脳の持ち主」かということを理解していただけたと思います。そして、今改めてこれを書かせていただいて、ほとんどの内容が、細部に至るまで、roboの特性に当てはまることに気付き、驚いているところです。唯一、roboは話し方があまり速くないところが違うだけです。

ところで、ギフテッドの人達は学校や社会で問題なく過ごしたり、活躍している人も多くいることは確かだと思います。しかし、その一方で、理解のスピードや深さが違うことにより、授業や話題が合わなかったり、過敏さ故に刺激に翻弄されたりすることによって困難が生じてしまっている場合もあるようです。

ですから、今後は、発達障害に加えて、ギフテッドの特性を踏まえた教育を取り入れて、roboがスムーズに社会生活を送れるようにサポートしていきたいと思っています。

しかし、発達障害であろうと、ギフテッドであろうと、定型発達であろうと、基本的に子育てをする上で大切なことは同じだと思います。

つまりは、「その子のままを尊重する」ということです。そして、「その子のまま」というのがどういうものかを知るために、私は様々な特性を出来るだけ正確に知りたいと思っているだけなのです。

ですから、どの子供の状態が上位で、どの子供の状態が下位などといったものはなく、皆それぞれ等しく価値あるものとして、尊重されるべきだと思っています。

これからもお子さんの特性の垣根なく、ブログを通して皆さんにお付き合いいただけたら、こんなに嬉しいことはありません。

お互いに子供の成長を喜び合い、励まし合いながら、子育てという貴重な時間をともに楽しんでいけたらいいなと思っていますので、これからもよろしくお願いします110.png


姉手作りの梅酢にハチミツを加えて飲んでいます🍯
e0365597_10174148.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌷

ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけたら、大変励みになります🍀
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
Commented by mashiro507 at 2017-09-10 10:51
ギフテッドって言葉をrobo223のブログから初めて知る事になり、まだまだ奥深く知る必要があるのかもしれないなぁと思いました。

無知すぎて恥ずかしいのですが、ギフテッドというのも、医師の診断により分かるものなのですか?
Commented by mashiro507 at 2017-09-10 10:52
ごめんなさい!
敬称が外れてました😵

robo223さんですm(._.)m
Commented by robo223 at 2017-09-10 10:57
マシロさんへ

コメントをありがとうございます。
診断ではなく、専門家や教育機関が認定するものです。認定されると外国では、ギフテッドの教育プログラムが受けられる地域もあります。

日本は認定する場所はありませんが、最近、渋谷区でギフテッド教育がささやかながならスタートしました。
Commented by ゆうママ at 2017-09-10 11:17 x
ギフテッドはやはり癖はあるものの、超優秀なイメージがあるので(IQ120〜130は軽く超えている)我が子はかすりもしないと思っていました。

ただ、発達障害の子に有効と呼ばれる手段(視覚支援やスケジュール、タイマー)など、ほとんどうまくいかず、特にタイマーなんて、逆効果で、終わりが近づくといらいら、そわそわして、すごく嫌みたいです。破壊的な思考になる時があります。

今回示してくれた5つの分野な①と⑤が当てはまる気がします。言語の力が凹なので、大した内容は話せないのですが、とても早口なのです。そして何故か、本当に何故か、塾の先生に頭の回転は早いと言われています(私は勘違いされてると思っていますが)集中力がないのと、気がそれるのと、素直に人の言うこと聞けないのと、そして不注意の問題もからんで、学力は残念な感じですが…

そして感情の起伏、というか表現がとても大げさな感じがしていたのですが、⑤の特徴と重なります。自省意識は全然ですが…

うちの子はギフテッドではありませんが、発達障がいだけではない気がしています。でも人間って、そんなにすっきり分類できるわけありませんよね。roboママさんが何度も書かれているように、ラベリングはせずに、こんな特性があるのだと意識して子どもに向き合おうと思います。
Commented by robo223 at 2017-09-10 12:33
ゆうママさんへ

コメントをありがとうございます。
ギフテッドの特性は、一部、発達障害の症状と重なるので、ギフテッドの概念のない日本では、ギフテッドの人が発達障害だと誤診されている場合もあるようです。

しかし、表面的には同じような特性が見られたとしても、その原因は全く異なるため、取るべき対応が違うこともあります。だから、本来は日本にもきちんと認定する機関が必要だと思っています。

また、発達障害の人だとしても、それを一括りにして考えて、おおざっぱな対応をすることは得策ではないと思っています。

どこに困り感があるかは、それぞれですし、得意なところもそれぞれなので、単純に発達障害というラベルをはってまとめてしまうのは、乱暴だと思っています。

例えば、ゆうママさんの息子さんだったら、言葉が苦手という部分で、言語専門のプログラムをほどこしながら、一方では才能教育として科学系・工学系・製作系などの興味を引くプログラムをほどこすという風にすれば良いと思います。

底上げと引き上げの両方を専門家の指導のもとで行われたら、心強いですよね。でも、すでに、ゆうママさんはご家庭で、長期休みなどを利用してそのような取り組みをされているので、ご心配な点はあろうかと思いますが、息子さんは順調に成長されていると思います。

ただ発達障害という前に、一人の人間であるといことの方を重視して本人の個性を見ていきたいですよね。
Commented by ゆうママ at 2017-09-10 12:35 x
度々すみません。
前記事の整理整頓の話もうちの息子にも当てはまります。整理整頓しないのに、ものの場所をとてもよく覚えています。だから見兼ねてわたしが勝手に片付けると、よけいに探さなければならなくなります。すごく嫌なのですが、大目に見るしかないのかなぁと思っています。

宿題を連絡ノートに書いてくるかというと、覚えてきてるんですね。ただ、意識が向けられていない時に言われた時は、抜け落ちているので信用できないのです。もれなく、ムラなく聴いて覚えてくれたら、別に書かなくてもいいと思うのですが、そうではありませんし、書いてくれないと私もチェックができないですしね。

本当に難しい子です。関わってくれた方々にことごとく「難しい子」と言われてきました。主治医には「できないのではなくて、学校が向いてないんだよ」と言われてます。

Commented by robo223 at 2017-09-10 12:57
ゆうママさんへ

返信をありがとうございます。
ギフテッドの特徴として、欠かせないのは、過度激動だけではなく、皆さん、どこかに、その学年の子に比して、数学年先のことが出来ることがあるようです。

学力だけでなく、音楽、美術、スポーツ、リーダーシップ、創作などです。

roboの場合は、研究的なことや製作などは、すでに大人のようなところがあるので、ギフテッドの特徴があるのかもしれないとも思いました。息子さんもそういうところがあるかもしれませんね。

そうでなくても、
Commented by robo223 at 2017-09-10 13:04
続きです。

そうでなくても、それぞれタイプが違いますから、発達障害と一括りにはできませんよね。

同じ発達障害の人でも、勉強や学校に合っている人もいるのですが、逆に社会に出てから大変になることもあるので、対応は本当に難しいですよね。

苦労されている様子、とても良くわかります。ママさんの頑張りと工夫のおかげで、前進しているのだと思います。
Commented by suzu62taha88 at 2017-09-10 14:46
天才というと、業績あっての表現だと思っています。
ギフテッドば過度激動により、他とは特別で素晴らしいということよりも、他とは特別で、平均的な世相に溶け込めない部分に課題があります。
この辺りがいろんな意味でうまくいけばその能力に期待できます。
そして結果が出せれば、◯◯の天才などと標榜されるかもしれません。

理解の入り口に立って、色々と発信して行きたいですね。

Commented by robo223 at 2017-09-10 15:21
ふぅ君ママさんへ

コメントをありがとうございます。
コメントを読ませていただいて、ギフテッドの人は、「他とは特別で平均的な世相に溶け込めない部分に課題がある」ことをうまく生かして行けば、業績の残せる本当の天才になれるのかもしれない、と私も思いました。

うまくまとめていただき、ありがとうございました。私も頭の中が整理できました。

子供時代のある時期は、数学年先のことが出来ていたりと、能力の高さを見せていたのに、どの時点かで、その能力の伸びを断ち切らざるを得ない心理状態に追い込まれたりしないような教育環境を日本に作って行きたいですね。

私などは、まだギフテッド初心者で語るに足りぬ立場なのですが、読んで下さる方がいる限り、まずは入口部分の情報から発信して行きたいな、と思っています。

思っていたよりも反響があり、嬉しかったです。ギフテッド先輩方の経験を無駄にしないように、私に出来ることを草の根的にやって行きたいと思います。

Commented by robo223 at 2017-09-10 15:24
ふぅ君ママさんへ

訂正です。

ギフテッド先輩方→ギフテッド教育先輩方
Commented at 2017-09-11 10:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-09-11 10:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-09-11 11:38
鍵コメさんへ

いつもブログを丁寧に読んで下さり、ありがとうございます。

roboが4才の頃は、機械類がやたら好きだったというだけで、物作りに目覚めてはいませんでした。目覚めたのは、小学校3年生からです。

それから、感覚過敏は当時からひどかったですが、年々ひどくなっても行きました。今はむしろ風船や歯科治療など克服しているものがあります。

それから、ギフテッドっぽいことは、保育園の先生に良く言われていました。まず、記憶力がいい、早くから色が分かっている、英語でネイティブの先生と話していた、などで、robo君は将来博士になるのでは?などと5才くらいの時に園長先生に言われました。その時は、ご冗談を、としか思いませんでした。

泣きについて、少し楽になったのなら良かったですね。抱っこしたり、抱きしめてやるとおさまるのは、roboと一緒ですね。今でもroboは私にハグされると、気持ちがおさまるみたいです。

しかし、最近になって分かったのですが、これは自閉症の人には有効な方法らしいですね。彼らに不足しているセロトニンやオキシトシンが分泌されて、ハッピーホルモンが得られるそうです。

日本人は、大人になるとハグしませんが、外国人はずっとしますので、日本人も自閉症の人は大人になってもハグした方がいいそうです。外ではしませんが、roboが望む限り、ハグしようと思っています。



Commented by robo223 at 2017-09-11 11:58
鍵コメさんへ 続きです。

2Eの人は二重にユニークなのですから、場合によっては、普通の発達障害の人より、さらに、風変わり感があるのかもしれない、と私は感じています。

まわりの標準的な知能の発達障害の子は、ホント普通に見える場合があります!ただ、場面によって問題が出てくるだけで、たたずまいが自然なんですよ!

それに比べて、roboや他の2Eと思われる高知能の子は、個性的な気がします。全員ではないでしょうし、たまたまかもしれませんが。

ところで、roboは風変わりの極地で、かなり目立っているし、もう違和感を感じることばかりなんですが、私はそれでいいと思っています。だからって、誰かに迷惑を掛けているわけではないので、むしろ、ゆるキャラ的な存在として、愛されていますから、意外と本人は幸せそうですよ。

カッコ良くて素晴らしくて優秀な方がいいかもしれませんが、そうでなくたって、幸せに生きる道はちゃんと用意されているものです。誠実に心を尽くして、毎日の生活を送っていれば、皆に信頼され、必要とされる存在になるでしょう。

人から必要とされない存在になることこそ、孤独で残念なことだと思います。まわりの人から必要とされ、受け入れられて、自分の望むことをやれる場所こそ、その人が輝ける場所だと思います。
Commented at 2017-09-11 12:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-09-11 12:47
鍵コメさんへ

機械類が好きなことは、機械式の物ならなんでも好きで、触ったり見たりしたがり、言葉も最初に出たのが、「タクシー」で、次が「バス」でしたから。笑

でも、むしろ私は数に興味を持ってもらいたいです~!息子さんには数があるから、もう充分ですよね。

ギフテッドの記事は、あまり皆さんの参考にならなかったかな、と思いましたが、子供を多角的に見るべきだという点で一石を投じることができたようなので、良かったと思いました。それに、中には、我が子がギフテッドだと気付く方がいらっしゃるかもしれませんしね。

子供を知ることは、子供がありのままでいることを許すことにもつながると思います。今すぐの変化を求めて焦ることは、母親にとっても子供にとってもつらいことです。

そんなことより、もっと時間的にも空間的にも広い視点を持って、何が大切なのかを見極めて、子供と共に歩んでいきたいですね。
Commented at 2017-09-11 12:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-09-11 12:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-09-11 12:59
鍵コメさんへ

わざわざ返信をありがとうございます。

何か興味のあるものを見つけて、ふわ~っと近づいて行くってroboとそっくりです。というか、今もそうです。必然的に一人行動が多いですよ。ずっと一人ではありませんが、自ら一人になりたがるので、集団にくっついたり離れたりしています。

本人も「僕はすぐ一人になりたくなる。」と言っているので、自由にさせています。周囲もよく分かっていて、roboは猫みたいなものだと思ってる感じが伝わって来ますよ。皆と同じじゃなくていいと思っています。仲間はずれにされているわけじゃないですからね。

少しでもお役に立てれば嬉しいです。いつも、ありがとうございます。
by robo223 | 2017-09-10 10:26 | Comments(20)