家庭学習の進み具合

roboが中高一貫の中学校に入学し、気分的には、落ち着きましたが、6年後、大学受験をするとなると、そう、うかうかもしていられないと思っています。

もちろん、roboのやりたいことは、専門学校で学んだ方が良さそうなこともあるので、専門学校もいいな、と思っています。最終的に進路を決めるのは、robo自身だと思います。家から歩いても行けるところに、roboの興味を引きそうなコースのある専門学校があって、そこもいいな、と私は思っていて、すでに色々調べてはいますし、いつか、体験入学に行かせてもいいな、と思っています。

でも、今のところ、roboは、理系の大学に行ってエンジニアリングを学びたい!と言っているので、どちらに転んでもいいように、準備だけは、しておきたいと思っています。roboは、あまり勉強に熱心ではなく、自分の好きなことに没頭したいタイプです。だから、大学受験の時期になって、急に勉強を猛烈にやるということはないと思います。

それで、私は今から無理のない範囲で、コツコツと勉強に取り組ませ、受験期もさほど勉強時間を増やさず、そのままの実力で入れる程度の大学に入れたら、理想的だな、と考えています。もちろん、本人がその時になって、急にやる気になって、受験勉強に打ち込んでくれる分には構わないのですが、roboの「のん気」な性格上、それはないな、と私はほぼ確信しています。笑

それに、頑張ってレベルの高い大学に入ると、入ってからが、また、大変になると思うので、少し能力的に余裕のある大学に入ってくれるのもいいと思っています。ただ、どうしても、私は、roboが幸せに過ごしてほしい、とか、充実した学生生活を送ってほしい、とかの方が気になって、全てが抑え気味になってしまうので、その頃、成長したroboがそういう私の考え方に異議を唱えたら、それを否定するつもりはありません。(ないと思いますが😜)

そんなわけで、私はroboの勉強を6年計画で考えて、高校2年生の1月くらいまでに、数学・英語・理科の3教科は基礎的なところを高校3年生分まで終わらせて、受験までの1年間をゆっくり受験準備に使わせたいな、と思っています。今のところ、私立大学の方がいいかな、と思っています。国立大学受験は、オールマイティを求められるので、roboにはとても無理だと思います。

それで、中学受験が終わった直後から、数学と英語は先取りを始めたのですが、やはり、計画通りには進んでいません😵✏2月から始めて、もう半年も経つのに、やっと英語と数学は1年生の半分まで来たところです📄最終的には、14カ月分、先取りをさせる予定なのに、まだ、2カ月分くらいしか先取りになっていないということでした103.png

数学の後半は、roboの好きな図形なので、スピードアップできるかも、とは思っていますが、前半が苦手な計算だったので、ひどく時間を取られました😒理科は最近やっと先取りを始めたばかりなので、まだまだです😔📚

夏休みに挽回しようという計画は断念せざるを得なかったので、残念ですが、仕方ありませんので、あまり欲張らずに行くしかないですね。だいたい、夜、勉強させない主義なので、勉強時間が確保できず、進むわけもありませんでした💧

それに、試験前の2週間前からは教科書ワークを自分でやらせて、自学自習の練習もさせている(得点アップもねらっている)ので、これも、先取り学習の時間を確保できなくしている要因ですから、まぁ、ちょっと欲張り過ぎなんですよね111.png

無理のない範囲で、本人の自主性を育みながら、roboが自己実現できるように日々努力していきたいと思っています。


数学・英語に続いて、国語も「完全攻略」シリーズを購入しました。前に買った国語のドリルがもうすぐ終わりそうなので✏
e0365597_10012968.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌷ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]
Commented by glow-gen at 2017-08-03 15:15
いつもコメントありがとうございます。
なんか、とても励まされています。
ところで、お姉様のように女性の研究者は、日本って、先進国一数がすくないらしいです。
それより、少ないとこは、イスラム圏なんだとか・・・
すごいですね。
夏休みに先取り勉強いいですね~。うちももちろんできません。1学期の勉強を定着できればおんのじです。とほほ・・・
英語は、やらねば、・・・と思い、公文もおためししてますが、綴りを覚えるにはいたらないような気がします。
前後から推測して、法則を読み解くということが、ぜんぜんぱっとしないので、つづりかたの法則も読み取れません。
あぜんとするばかり・・・
それに、注意欠陥もまだまだひどくて、・・・伸びてる・・とはいえ、やはり、普通の子ではありません。

なんか、やるだけやったし、今は待つ、と決めてみたものの、どんよりしてきます。
ロボママさんのメッセージを心のささえにしてます。笑
Commented by robo223 at 2017-08-03 16:03
げんちゃんママさんへ

コメントをありがとうございます。
いつも私のおせっかいで長いコメントを読んで下さり、ありがとうございます。もし、励みになっていたら、本当に嬉しいです。

げんちゃんにママさんが直接して上げられることは、ほぼやり切ったとしても、今までは通えそうになかった公文に通えるようになって、そこで新たな能力開発が期待できそうなので楽しみですよね。秋くらいには、また「お~っ!」という進化が見られると思います。

とにかく、げんちゃんが伸び続けているのは事実なので、これはすごいことですよね。

姉が女性でここまで上りつめるということは、実力も努力も半端ないのだと思います。この姉と比較されて、私は母から子供の頃、ずいぶん責められ、里子に出されるところでした。

ですから、私は実力もないし、努力も出来ない子供の寂しさや切なさが痛い程わかるので、自分の子供は、あるがままを尊重し、その子の良い面に目を向けて育てて行こうと思っていました。

ですから、私がroboをほめることができるのは、悲惨な幼児体験のせいです。

それに、自分を周囲の人に認めてもらいたいというげんちゃんの気持ちは痛い程わかります。優秀なご両親やお姉さんに囲まれて、幸せなこともたくさんあるとは思うのですが、プレッシャーもあると思います。

そんな中、嫌がりもせず、毎日毎日先生のところに通うげんちゃんはとても健気で立派だと思います。私がげんちゃんのお母さんだったら、いいところが一杯目について褒めてばかりだと思います!(ほめすぎもいけませんが。)

もし、褒めるのが苦手なら、買い物の荷物を持ってもらったりお手伝いをお願いして、「ありがとう。」とか「助かるなぁ。」などと言うだけでも良いようです。もし、良かったら、試してみて下さいね。
Commented by glow-gen at 2017-08-03 19:51
そうなんですか~。優秀なお姉様と比較されていたのですね~。
私も高校からは落ちこぼれてたのですが、子どもの頃は、何もしなくても、けっこう何でもできていて、姉妹二人、できの違いがあるけれど、お姉さんの立場だったかな。できないことがわからなかったです。レスポンスの悪い子きらいだったし、・・・
できてあたりまえ~、のとこがあります。
だからげんちゃんを持ってみて、すごく人生勉強してます。笑
でも、やっぱり、できてあたりまえが抜けないかも・・・
なので、ここから先は、人の手を借りた方がよさそう・・・と思ってます。
 え~~っ!と唖然とするちょっとしたことに、ついうろたえます。そうすると、だめだ、この子。ちょっとくらい伸びても、まともじゃない!
とか、冷たい視線を送ってしまいます。娘だと、しょうしょう何かやっても、この子は大丈夫、みたいな信頼感があるのですが、げんちゃんは、あ、絶対これはずしてくるな、みたいな、期待の低さがあります。
これいけないのでしょうが、過去、裏切られ続けているので、・・・・
げんちゃんのメンタルも、私のメンタルも、過去からのちりと傷でいっぱいなのかもしれませんね。夏休みは、せいぜい、いっぱい、思いで作りの方に、私はかかわるのがよさそうです。
Commented by robo223 at 2017-08-03 20:31
げんちゃんママさんへ

げんちゃんママさんは子供の頃、どちらかと言えば、出来のいい立場にいらしたんじゃないかな、と思っていました。高校から落ちこぼれたと言っても、優秀な子が集まる学校に行かれて、そこでの順位なので、世の中的には優秀な方だったのではないかと思います。

ですから、げんちゃんへの要求も必然的に一般レベルより高くなっていると思います。私だったら、roboができてなくても流してしまうようなことも、課題として問題視してらっしゃるので、これは、ママさんもげんちゃんもしんどい時があるだろうな、と思いました。

もちろん、お姉さんとは違って、げんちゃんに障害特性があるから、余計心配になるのでしょうが、げんちゃんってトータルで見た時にかなりの仕上がりだと思います。突出した才能があったからと言って幸せが約束されるわけではありませんからね。社会を生き抜く力が育っているかどうか、だと思います。私達の子を世間の人はチヤホヤしてくれませんからね。

その点、げんちゃんはある意味では、ママさんに鍛えてもらって来たおかげで、メンタルが強そうですよね!大事なことだと思います。私も最近の子は叱られ慣れてない所もあると思うので、褒めてばかりではなく、ものすごく叱ったこともあります。

やはり、夏休みの過ごし方としては、勉強は外注して、遊びはママさんというのが、1番良さそうですね。お互いの精神衛生上もげんちゃんの能力面と精神面の成長のためにも。

たくさん楽しんで、可愛いげんちゃんと素敵な思い出を作って下さいね。また、ブログの記事にして下さるのを楽しみにしていますね。
Commented at 2017-08-03 23:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by suzu62taha88 at 2017-08-03 23:28
先取り学習も順調だと思います。
早いだけよりも、むしろ理想的だと思います。
先取りだけではなく、試験の準備もあり、穴が開かない様に見守りして、
結果的に、万全な基盤が出来上がるというものです。

>大学受験の時期になって、猛烈に勉強するかやとはないと思います。
…激しく同意。
(^◇^;)

それから、オールマイティーな国立大学受験は、私も f には求めていません。
無理ができる範囲で決めて行けたらいいと思います。

自ら勉強をしようとしない子を、大学に行かせてあげようだなんて、私は相当優しい親だと思うわ。(笑)

高校生になったらがんばれー!と、期待しておきます。^_^
好きなことを見つけてくれるのが先決ですが。


国語のドリルは終わられた様ですね。
素晴らしいです。
Commented by glow-gen at 2017-08-04 06:29
ロボママさん
ありがとうございます。でも、ロボママさんこそ、優等生タイプに思えます。っつうか。すごいレベル高い家族だったんでしょうね。
 知恵のな~いげんちゃんの行動には、娘と二人で過敏に反応してしまい。馬鹿じゃないの、とかつい言ってます。

でも、彼のいいとこも知っていて、おねえも、その部分は一目おいてます。なんか、人懐っこいとこ、とか、最近は、そうでもないでう。

総合力と言ってくださいますよね。そうなのかな~と思ってみてます。夏休みは、友達の家に遊びの誘いに積極的に行ってますね。いつも留守とかで遊べませんが、ソーシャルが動き出したかもしれません。

また、アドバイス楽しみにしてますね~。
Commented by robo223 at 2017-08-04 08:12
鍵コメさんへ

コメントをありがとうこまざいます。
私は子供の頃、毎日毎日つらくて、早く大人になりたいとばかり願っていました。でも、その人の人格は、生まれつきや育てられ方によるところもあると思いますが、そういうもののせいにしていいのは、せいぜい20代までのことだと思っています。30代以降は、自分で自分を作っていく、自分に自分で責任を取るべきだと私は思っています。自分のあり方は自分で決めるものだと思っているので、子供の頃の体験のおかげで良かったことはありますが、悪影響があるなら、それは、自分で消すべきだと思っています。

親であろうと、誰であろうと、自分に最適な接し方をしてくれるとは限らないと思います。人はその人のしたいようにするので、コントロールは難しいですよね。

スイミングのことですが、やめても続けてもいいと思いますが、やめるなら、体操をやらせるなど、1つは運動をさせた方がいいと思います。顔がつけられないなら、家で洗面器に顔をつける練習を毎日するといいと思います。roboもさんざん練習しましたので。

「遊び=数」でいいと思います。感覚遊びじゃなければ、大丈夫です。ただ、なるべく好き勝手に遊ばせる時間は少なくして、親が提示した数の課題に取り組む時間も作って下さいね。

数が好きだったり、得意だったりして、困ることはないし、むしろ良いことだらけなので、良かったですね!すごいです。
Commented by robo223 at 2017-08-04 08:26
ふぅ君ママさんへ

コメントをありがとうこまざいます。
確かに先取り学習が先に進めばいいと言うものではないですね。定期試験対策で復習をし、学習内容を定着させるのも意味があるのかもしれませんね。励ましていただき、ありがとうごさまいます。

国語のドリルは薄くて、すごく簡単なものを選んだので、あと数ページで終わりそうです。最後の方は古文や漢文で、今はそこをやっているところですが、宿題のせいで、なかなか進みません💦

ふぅ君は数学と英語の強みを生かして、おそらくやれば得意な理科も加えて、受験に臨めば、かなりの結果を残せると思います。とにかく、この3教科だけ、ある程度できていれば、私立ならふぅ君は大丈夫だと思います。そして、好きなことを見つければ、鬼に金棒だと思います!(急に国立と言い出したら、それもありだと思いますが。)

私もこんなに、親に手取り足取りの子を、本人が希望しているからと言って、大学に行かせて上げようとしているなんて、甘いと思いました。笑
Commented by robo223 at 2017-08-04 08:39
げんちゃんママさんへ

正直、私は優等生タイプではありませんでした😖大学生の時は、親に何も告げずに数日間家をあけて、ふらふら遊んだりしていましたよ。親もあきれていました。

げんちゃんは、結局、ソーシャルの部分も低くはないんですよね。集団の場で人に迷惑を掛けたり、突飛な行動をするわけではないし、たぶん雰囲気もほがらかだし、とにかく周囲から浮くということはないのだと思います。

友達との交流も、これから、充実してくると思いますよ。学校では、緊張が少しあるかもしれませんが、夏休みなら、よりリラックスして友達と遊べるから良かったですね。

ママさんが望むスピードではないかもしれませんが、げんちゃんのペースで力強く着実に前進していますよね!今すぐの結果ではなく、20才になった時にどうなのか、という長いスパンで見ていく余裕があれば、なかなかどうして、げんちゃんはいい調子で伸びて行っていると思います。
Commented by ゆうママ at 2017-08-04 09:08 x
おはようございます。

息子との信号機&鉄道テーマの二人旅から帰って、昨日はBBQイベントへ参加してきました。さすがにくたくたです。

一方、娘はroboママさんのお姉さまの大学のオープンキャンパスに1人で行ってます。げんちゃんママさんのところと同じく両極端な子育てです。なかなかに予約も大変だったのですが、今日東京から帰ってきます。
息子は大学はまだまだイメージできないです。専門学校でやりたいことを見つけてくれたらいいですが、趣味の追求にしかならないですし、それが自立につながるかどうか??働ける人になるためには…気持ちのコントロール、他者にあわせること、時間感覚等、まだまだ身につけなければならないことがたくさんあります。

お勉強からまったく離れた3日間でしたが、また違った目で見ることができたなぁと思います。方向音痴の私が助けられたことも度々。イラっとすることもありましたが、見直したところもあって、日常をはなれてみるのもいいですね。
Commented by robo223 at 2017-08-04 09:42
ゆうママさんへ

コメントありがとうごさまいます。
信号機&鉄道テーマの二人旅に行ってらしたんですね。男の子がワクワクするような楽しい旅ですね!roboがいかにも喜びそうです。

娘さんもかなり優秀なんですね。おそらく、ママさんも優秀で、げんちゃんファミリーと似ていますよね。この両極端さが、また、親の意識の混乱につながりますよね。

うちみたいに、私もさえないし、子供もroboしかいないと、意識を「出来ないモード」に集中できています。はっきり言って、これが、楽に障害者の親が出来ている理由かもしれません。笑

roboは初め、IQが76で、知的障害に近い状態だとされました。その後、信じられないくらい変化しましたが、当時は当時で、私の子供だから、そうかもしれないなぁ、このままでいいから、とにかく、幸せな子にしてやりたい!と思って療育に取り組み始めました。

ところで、学校に行っている時は、学業成績や先生の評価などに対して近視眼的になって、息子さんの全体像や本質的な部分が見えなくなりがちですよね。日常を離れて、息子さんの頼もしい部分が発見できて良かったですね。

最終的には、社会でやっていけるかどうかなので、道に迷わない、といったライフスキルこそ大事だと思います。

大学もいいのですが、専門学校の方が、実践力が身に付き仕事で使える人間になれる部分があると思っています。息子さんはまだ小学生だから、成長した姿がイメージできないかもしれませんが、その頃には、しっかりしてくると思いますよ。

塾通いもたくさんさせた方が、費用はかさみますが、ゴールデンウィークのようにならず、いいと思います。
Commented at 2017-08-04 15:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-08-04 19:59
鍵コメさんへ

コメントありがとうごさまいます
やはり、鍵コメさんも同じような感じなんですね。余計、違和感や焦りが生じてしまいますよね。全員似たり寄ったりだったら、こんなもんかなぁ、とも思える場合もあると思うんですよね。

私も姉が私と同じような人だったら、特別何も言われなかったと思いますし。発達障害があるとなれぱ、なおさら皆さん心配になりますよね。

スイミングは、あまりに上達しないようでしたら、リトミックや体操に変えてもいいかもしれませんね。小学生くらいになって、改めて始めてもいいですしね。roboも初め大変だったので、わかります💦すこく怖がっていましたし、感覚過敏で顔をつけたがらなかったんです。

妹さんが私みたいだったんですね。今は私の方が母と仲良しなんで、そこまで似てますね。笑
by robo223 | 2017-08-03 08:43 | Comments(14)