やる気スイッチを見つけた!(つもり)

中間試験の成績表はどのお子さんにも、かなりインパクトがあったようです。全教科平均点と順位が出て、総合順位まで出ていたからです。授業参観の時も、先生に「俺、得意な教科が一つもないよ。」と嘆いている場面が見られました。また、懇親会の時に、お父さんが先生に「うちの子、まだ得意教科がないんです。どうしたらいいでしょうか。」と相談してらっしゃいました。

のう天気なroboでさえ、試験結果を多少意識していたのですから、一般のお子さんや親御さんはなおさらだと思います。私の関心事の半分以上はroboの社会性のことなので、勉強にばかり力を入れていられません😅

そんな中、roboはクラスで友達が勉強のことで言い合っているのを聞いて、とても感化されたようでした。

C君という中間試験の結果があまり振るわなかった男の子が冗談で、D君に「ぶっ⚪すぞ!」と言ったところ、言われたD君が「ぶっ⚪してみろよ!勉強でな!」と言ったそうです。すると、つられてE君も「そうだよ。ぶっ⚪してみろよ!勉強でな!」と言ったそうです。すると、C君がカーッとなって、E君に飛びかかって行ったそうです😵(この出来事はひどいなと思い、実は担任の先生と保護者には伝え、C君にも私から直接フォローも入れました。)

その様子を見て、roboは何かを悟ったようでした。「お母さん、勉強は武器なんだ。学校では勉強で戦うんだ。勉強で地位が決まるんだよ。」と私に興奮気味に言ってきました。

確かにそういう要素があることを一般の子はもっと早くに悟っていて、勉強で勝負をかけたり、あまりかっこ悪い立場になりたくなくて、そこそこ集中してやっていたりしていたわけです。

それで私は「勉強が全てではないよ。他にもスポーツや人間性なんかも大事だからね。でも、確かに学校でやっていることのメインは勉強だから、皆、勉強が出来るか出来ないかで、自分のポジションを探ってもいるよね。」と言いました。roboのような子にきれいごとを言うと、そのまま信じてしまうので現実を伝えました。

すると、roboは「じゃあ、僕、これからはもっと勉強を頑張るよ。織田信長みたいに本能寺で部下に追い詰められたりしないように頑張る💪お母さん、一万円払うから、勉強教えて!」などと言い出しました。そして、その日の勉強はroboにしては、ずいぶん集中してテキパキ取り組んでいたので、私はとても楽でした😆

そして、勉強が終わった後「あ~、僕、嬉しい✨すっきりした気分だ。やっと僕のやる気スイッチを見つけたよ👦」と目をキラキラさせながら言っていました。

実は早くも、期末試験が近づいているせいで、余計モチベーションが上がっているようです。幸い今のところ、そのやる気は続いていますが、試験が終わったらスイッチがoffになってしまうかもしれません😅それに、次の日からは、やる気はあって勉強はしたがるのですが、途中は意識が途切れてぼんやりする時間がたびたび発生してしまっています。やっぱり、roboはroboです105.png

でも、「予習すると、皆より勉強が出来る」こともわかって来たようで、「テストが終わったら、予習もしたい!」と言ってはいます。それに、「やる意味はあまりわからないけど、やらされている」のと「やる意味を自ら感じて、やっている」のとでは、少しは違いがあります。

そしてroboには、「本当の敵は他人ではなく、自分なんだ。」ということは、しっかり伝えました。「できなくても、あきらめずに問題に挑むことで進歩していくんだよ。それは、自分との戦いだからね。」と言ったら、「分かった!自分に負けないように頑張る💪」と言っていました。

いつまでこの意識が続くかわからないし、私の手をたくさん借りなければなりませんが、roboが成長の階段をちょっとずつちょっとずつのぼって行っていることは確かのようです。そして、長い目で見れば、ステップが小さい方が息切れすることがなく、無理なく自分の力にしていく事ができると思っています。


勉強の途中休憩は、ビー玉やX型のパーツをロボットの形に並べて気分転換すると、頭がスッキリするのだそうです。
e0365597_07510392.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌷ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by suzu62taha88 at 2017-06-19 08:43
robo君が周りの言葉からお勉強をするある価値に気づかれたようで、良かったですね。
もちろんrobo君ママさんの仰るところのお勉強ばかりじゃないというメッセージもrobo君の心に届いていることでしょう。

違う観点から見てしまって、申し訳ないですが、勉強でな!的なことを言うのは、あまり良くない価値観かなと思います。
できるからこそ、そんなことを言わないで欲しいなと思います。
暴力でしか返せない子の辛さを考えてしまいました。
その子が火種のようでこの場合、事情を知らない者がとやかく言う話でもなく大した問題でもないと思われそうですが、人を馬鹿にする発言が気になりました。
お話がされてすみません。

ともあれ、robo君は成績優秀で、ご活躍されていることでしょう。
心持ちも整って、期待しています。
楽しみですね。🎶

Commented by robo223 at 2017-06-19 09:48
ふぅ君ママさんへ

実はカッコの内容を書き足すつもりで、書き忘れていたので、気付かせていただき、ありがとうございました!感謝です。

私も全く同じ考えをして、すぐに担任の生徒に「勉強のことでからかった生徒に指導を入れてほしい!」と申し入れをしました。

それから、体育祭でお会いした時に、C君のママにも事情を伝えました。ママはC君が勉強しなくてお困りのようでした。そして、C君にも「勉強はこれからだから大丈夫。それに、C君はスポーツができるから大丈夫。」と伝えて、期末試験の勉強方法について話し合いました。(よそのお母さんの話しなら素直に聞くので。)

不登校の原因として、特に多いのが学業不振ですが、勉強の出来不出来は大人の想像以上に子供にとっては死活問題です。動物の本能で能力の低い者は排除しようとしますから、いじめにつながりやすいんです。自分のペースで学ぶということが、もっと当たり前のことであれば、このようなこともなくなるのでしょうが、現実はなかなか難しいです。

ですから、roboには「現実」と「本来あるべき姿」の両方を教え、現実にうまく対応するスキルを持たせながら、理想を追い求める純粋さもずっと持たせていたいです。
Commented by robo223 at 2017-06-19 09:49
訂正 担任の生徒→先生
Commented by mashiro507 at 2017-06-19 10:14
やる気スイッチ、見つかってよかったですね!

すぐにそのスイッチを見失ったとしても、見つけた快感を知った事は必ず次のステップに繋がりますし、またスイッチを見つけれると思います(๑˃̵ᴗ˂̵)و

私も「やらされてる」と「自分の意思でやっている」では全然違うと思っています。

うちの子の登校の意味もまさにそこに焦点を当てて、登校に繋いでいるところです。

だからroboくんはますます伸びるんじゃないかなぁって嬉しく思いました💪
Commented by robo223 at 2017-06-19 10:41
マシロさんへ

コメントありがとうございます。
やる気スイッチをroboはすでに見失いかけていますが、1度見つけたという意味は大きいと私も思いました。これからは、見つけやすくなるような気が私もしています。

それで、すぐにぐんぐん勉強が出来るようになったわけではないのですが、おっしゃる通り「自分の意思でやる」が出来ることに意味があると思います。

そして、長い目で見れば、自分の意思で始めたことの方が、結果的に伸びて行きますよね。マシロさんも息子さんの登校について同じように考えてらっしゃるんですね。親のやる気が本人のやる気の前に出てしまっては、長く続かないと私も考えていて、できるだけ本人の内発的動機を引き出したいとは思っていますが、なかなか難しいですよね~😅
Commented by suzu62taha88 at 2017-06-19 20:36
私のつぶやきは、書いて良かったのかどうなのかと気にしていました。

逆にrobo君ママさんから、フォローをしていただき感謝しています。
同じ大学だったものたちで教育論議をしては弱いものの立場を改善することを話し合っており、余計に敏感になってしまいます。
何を焦って差別をするのか。
自分が差別される立場にならないための差別であり、robo君ママさんのいうところの勉強ができるかどうかもその指針になるのですかね。

とはいえ、それはちがうということを教えていかなくてはなりません。
robo君ママさんの仰る様に、本能の一部であるならばそう簡単なことではないのかもしれないのですが。

robo君ママさんの優しさにとても嬉しくなりました。
Cくんも、その学校に合格されたのですから、きっと挽回できますね。



Commented by カタツムリ at 2017-06-19 23:12 x
織田信長?!一万円?!roboくんの発言って面白いですね(*^^*)自らやる!って言ってくれてる時って、親がギャーギャーいうときよりもよっぽどスムーズに色々動いてくれるから、いいなと思います。

うちの子はまだ小さいので、そこまで"出来るようになりたい"とは思っていないですが、本を読んだり知らないことを知ることは好きみたいなので、それがずっと続いてくれたらいいなと思います。

でも、小学校の間って
だらしないけど勉強出来る子<勉強はそんなに振るわないけど生活面がしっかりした子
という感じなので、うちの子が日の目を見ることはありません(*_*)
親の私も、この子の良さは小学校では評価されることはないだろうなと、悟ってしまっています。
生活面を最低限サポートしつつ、いつか花開くさと期待しつつ頑張ります(^^)v
Commented by robo223 at 2017-06-20 08:07
ふぅ君ママさんへ

弱い立場にある人をどのように扱っているかによって、その国や組織の質や未来が決まって来ると思います。

ですから、あるべき理想の社会を作り出していけるよう、草の根的に努力していかなければならないと思っています。

しかし、一足飛びにそういう世界が出来るわけではないのも現実です。そして、その現実社会にこれから飛び込んでいかなければならないのが私達の息子です。


丸腰では、すぐに息絶えてしまうでしょう。それなりに武装させて戦地に送り込んで行かなければなりません。(武装化できなければ、社会に出さないつもりです。命より大切なものはないので。)

ですから、私達は、現実社会に対処でる子供に時間をかけて育てていく努力と、社会に啓蒙的に働きかけていく努力の両方が必要なのではないかと考えています。

学校に対しては、roboのことも含めて、啓蒙的な働きかけをして、ささやかながら一定の成果を上げたことが何件かあります。先生方の相談にものらせていただいて、勉強になりました、と言っていただけました。この実践については、個人のことになるので、くわしくは紹介できませんが、またブログに書かせていただきますね。

先生方もどうしたらいいか、悩んでらっしゃる場合もあるんですよね。大勢の子供達を全て掌握することは難しいですし、方法も明確ではありませんし。とてもセンスのいい先生もいらっしゃいますが、そうではない先生もいらして、そういう先生が担任になった1年間は弱い立場にある者には辛い1年間になってしまいます。

そういう1年間は、ふぅ君ママさんがされていたように子供に代わって親が子供を守るしかないですよね。本当にお疲れさまです。
Commented by robo223 at 2017-06-20 08:24
カタツムリさんへ

コメントありがとうございます。
roboの発想は意外でおもしろい!とよく言っていただけます。はっきり言って目立って変ですが、「楽しい!」「おもしろい!」とも取れるようですので、美点なのだと前向きに解釈しています。笑

息子さんも本が好きで、好奇心が強くて、そして、だらしないんですね。roboと全く同じです。笑 真面目できちんとしていることが重視されるのは、小学校のうちくらいで、中学校以降はむしろ発想力や知識の豊富さが求められて来ていますよ。小学校だって高学年はもうそうなってきます。

小学校の卒業式の後の謝恩会で色々なママさんに「robo君はうらやましい!」って言われましたし、中学校ではカミングアウトしてないのに、同じく「うらやましい!」と言われますが、皆さんだらしないかどうかなんて、全く気にしていませんよ。その子に光るところがあるかどうかを見ている気がします。

ですから、robo程度のささやかな光で良かったら、日の目を見る日は、もうすぐそこまで来ていますよ。強烈な光ではなく、若干鈍い光ですが、なかなか味があって、私はこれでも気に入っていますよ。
by robo223 | 2017-06-19 08:03 | Comments(9)