男も惚れる男

昨日の記事には、roboは友達選びがなかなかうまいと書かせていただきました。今日はそのことを具体的に書きたいと思います。

roboが保育園の時、roboに「1番好きな友達は誰?」と聞くと、毎回「T君だよ😄」と答えていました。私はT君のことを全く知らなかったので、先生にうかがってみたところ、「robo君がT君を好きなのはよくわかります。T君はすごく優しいけれど、言葉に迫力があって、皆を引っ張る力のある子なんですよ。ペアで活動する時も、T君ならrobo君と上手に活動できるんですよ。」とおっしゃっていました。

当時のroboは親の私でさえ手を焼いていたというのに、いったいどれくらい凄い保育園児なんだ!と思いました。

roboに「T君のどこが好きなの?」と聞くと、「優しいし、戦いごっこの相手をしてくれるんだ!」と言っていました。ある時、お迎えに行ったら、roboは背の高いかっこいい男の子と戦いごっこをしていたので、その子だとわかりました。運動神経抜群のT君はうまく手加減しながら、roboの相手をしてくれていたのです。

小学校に上がって分かったことなのですが、スポーツマンでイケメンのT君は女の子が家に押し寄せてママが困るくらいの子でした。そして、硬派なので、男の子にも人気があり、地域で1番強いサッカーチームのキャプテンを務め、地域の選抜選手にも選ばれて大会で優勝したりもしていました。

T君は小学校に上がっても相変わらずroboに親切にしてくれました。このような「男も惚れる男」タイプと親交があると、他の子もまねしてroboに接する部分があるので、個別支援級出身のroboにはありがたいことでした。T君の存在がroboの一般級への適応をスムーズにしてくれたことは確かです。

また、もう一人、スポーツのギフテッドと思われS君の存在もroboの立ち位置を安定させてくれるものでした。明るく元気で面白いS君は中学は別々になってしまいましたが、今でもroboを街で見かけると、「おーい!robo!」と走って来てくれます。他の子に聞いたところ、やはりS君は「女の子にも男の子にもモテる。」のだそうです。

この二人の子のママさんも気さくで謙虚な上に、差別意識など微塵もなくて、この親ありてこの子ありです。でも、お二人の共通した悩みが「うちの子は勉強をしない!」ということです😜なんと贅沢なことでしょう💨

そして、中学でのroboはまたしても、このタイプの子に寄り添っているようなのです。「強くて優しくて、ちょっとヤンチャな男の子」は誰にとっても魅力的ですよね。

最近のroboの3行日記には、かなりの頻度でその子が登場します。「僕の話し相手になってくれるんだ😄」と嬉しそうです。roboが他の子と言い合いをした時も、「robo、もう相手にするな!」と言って助けてくれたそうです。すでに、クラスのリーダー的な存在のようです。

親としては、robo自身は頼りないけれど、集団の場で「誰を信頼して、誰に付いていけば間違いないかを見極める力」があることはかなり安心なことです。世間を安全に渡っていくのに必要なスキルだからです。

「本とコーヒーをお楽しみください。」ですって、なんてステキな組み合わせ📕☕❤
e0365597_16412299.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌹ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると嬉しいです🍀
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by suzu62taha88 at 2017-05-19 10:07
robo君は、いいお友達に恵まれて良かったですね。

robo君の素敵なところに惹かれて一緒にいたのでしょうね。

その後も巡り会うお友達に恵まれて、本当に良かったですね。

うちも、お友達には恵まれていたと思います。
本当にありがたいです。

robo君の幼稚園時代のお友達のことと勝手に重ねてしまって、
緘黙になる前は、逆にリーダー的で人の輪を重んじていたなと思い出してしまいました。
そのお子さんほど素晴らしくないですが。
Commented by glow-gen at 2017-05-19 12:11
感覚過敏あるんですね~。ママとべたべたも無理なのかな?
げんちゃんは、あまりないみたいです。いつもすりすりべたべたしてしまってます。笑
背中をずっとさする、というのがよさそうですが、たぶん、ことはそんな簡単なことだけでは解決しないのでしょうね~。日曜日にそのあたりの認知のことをNHKでやるみたいなので、チェックしてます。
テストって、がんばるものなんだ、っていうの、げんちゃんもほんと、なかったです。最近少し芽生えてきてるような・・・・でも、ちゃんと学習がついていけるのでうらやましいですね~。

それに、お友達も本能的に選び分けてるなんてすごいです。
でも、考えると、げんちゃんも、左脳派の賢くておだやかな年下のお子さんにしきられるのが好きです。おとなしくしたがってます。
自分とにたような子は、きらいなのか、危機感があるのか、よりつきませんよ。本能的に生きるすべを知っているのかも・・と思います。

でも、世の中には、大人も惚れるいい子いますよね~。
Commented by robo223 at 2017-05-19 15:59
ふぅ君ママさんへ

コメントありがとうございます。
私は、どうしてT君がroboと仲良くしてしてくれるのかなぁ、と思っていました。

もしかしたら、人望のあるリーダーは、心が真っ直ぐで、roboのような純粋(単純?)なタイプと心が通うところもあるのかな、と思ったりしていました。

確かに、ふぅ君の小さい頃のイメージに重なりますね。やんちゃで楽しいことが好きなT君ですが、繊細なところもあるんです。大人にまで気を遣うので、疲れないのかなぁ、と心配になるくらいでした。

ふぅ君もお友達に恵まれていたんですね。何よりありがたいことですよね。
Commented by robo223 at 2017-05-19 16:26
げんちゃんママさんへ

コメントありがとうございます。

roboは慣れた人には、比較的接触過敏が和らいでいきます。だから、私に対しては大丈夫で、以前は背中に文字を書いたりもしていましたが、なかなか手強いです。

日曜日の番組は楽しみですね。私も録画予約しています。

げんちゃんもまだテストでいい点数をとりたい、という気持ちはあまりないんですね。roboは理科の実験や英会話みたいな体験型のものは大好きですが、紙の上に書かれている内容の勉強は興味も引かれないし、ましてテストで高得点をとりたいなんて意識はまるでないんですよねぇ😣

roboは知育菓子が大好きで、今でも買ってほしがりますよ。私からすると、ただ面倒くさいだけじゃん、と思いますが、頭も手も使うから、実はいいのかもしれませんね。

今のところ、何とか勉強について行っていますが、油断はできないな、と思っています💨小学校6年生の勉強も難しかったけれど、中学校の内容はまた一段と難しくて、四苦八苦しています。

むしろ、げんちゃんはこれからが楽しみですよね。「ウサギとカメ」のカメ方式で、ジワジワ進んで、気付いたら、実は速かった!というパターンかなと思います。

そして、げんちゃんもお友達選びが上手そうで、安心ですね。正しいことを言っている相手を見極めて素直に従うって、大切なスキルだと思います。
by robo223 | 2017-05-19 07:29 | Comments(4)