環境の影響力

お子さんに発達障害のあるママさんに、子供の進路について相談されることがよくあります。その子によって適している場所は違うのですが、正直、そのお子さんにぴったりの場所はどこにもありません。

なぜなら、私達親が思う程、しっかり特性を理解して最大限に力を引き出し、本人が社会的に充実した毎日を送れるようにしてくれる場所は残念ながらないからです。たまたま、良い先生に出会ってもすぐに異動してしまったりします。

もちろん、一般のお子さんにも100%の場所はないけれど、発達障害のあるお子さんに比べたら、どの学校もそのお子さんの成長を促すに足る場所であることは確かです。

てすから、私はどこに所属しても大差はなく、結局、親のマネジメント力が重要だとお伝えしています。子供にかかわる大人に子供のことを理解してもらえるように働きかけるのも親ですし、放課後や休日など1日をどのように過ごさせるか、本人の性格や成長度合い、希望に応じてコーディネートするのも結局親です。

子供が定型発達なら、世間一般のお子さんがするのとだいたい同じようにしていれば、大きくつまづくことはそんなにはありませんが、発達障害のあるお子さんは独自の発達をするので、ある部分は世間一般のお子さんより先に進ませ、ある部分はゆっくりペースで進ませなければならなかったりします。

しかし、発達障害に関しては、個別支援級があったり、養護学校があったりと充分ではないにしろ、公的な支援がちゃんと用意されているだけ、まだありがたいことだと思います。

それに対して、ギフテッドのお子さんへの支援は、日本の場合、公的な支援は皆無と言っていいと思います。私立の学校ではあったとしても、ほんの数例で遠隔地にお住まいの場合は、全く利用ができないのです。

そうなると、発達障害の場合以上に、教育の鍵を握るのは親ということになるのだと思います。そして、学校選びについても、レベルがどうであれ、ギフテッドのお子さんの特性に合った学び方を提供してくれる学校などほとんどありません。

例え偏差値の高い学校に通ったとしても、そこには人口分布からしてギフテッドの生徒はほとんどいないので、理解力や感じ方に大きなギャップがあることに違いはなく、結局違和感を感じることになってしまうかもしれません。

ですから、あーちゃんママさんの昨日のブログにも書いて下さっていた通り(すごーく参考になりました!)、本来はギフテッドのお子さんの成長にとって環境は大切ですが、ギフテッドのお子さんに特化したクラスや学校がない限り、日本ではどの学校に所属しても大差はないのだろうと思います。(通信制やフリースクールは別として)

ギフテッドのお子さんは自ら思考し、独自の考えを持つので、他の生徒さんが皆やっているから、などということが動機になりにくいと思います。また、先生にちょっと勧められたなんてことで、気が変わったりもあまりしないでしょう。ブレない芯の強さがあるのはいいことなのですが、それが周囲から浮いたり、先生から目をつけられる原因になったりしてしまうこともあると思います。

ですから、あーちゃんママさんのブログで紹介していただいたデイビソン・アカデミーのような学校がもし日本にあれば、HGやPGの方はそこに通えればいいな、と思うかもしれませんが、日本の大多数の学校については、そんなに違いはないのかもしれないと思ってしまいます。

私の姉も偏差値の高い高校に通っていましたが、人間関係に違和感を感じていて、全国のトップ校の中からさらにトップの人が集まるT大において、やっと感覚の合う人達と出会ったようです。高校の同窓会には絶対行けない!と言っています。


ですから、現在の日本で出来ることは、まず親がギフテッドのお子さんが所属する環境に働きかけて、少しでも過ごしやすくしたり、家庭にあっては知的好奇心やチャレンジ精神が満たされるような活動を手伝ったり、そういう場を与えたりすることになると思います。それには、他人ではなく、まず親がお子さんのことを認め励まし、誇りに思い、信じることからがスタートなのだと思います。

残念ながら、今の日本ではなかなか親の努力なしに理解を得ることはできないからです。また、他人にどれだけ評価されても、他人は通り過ぎて行ってしまう存在ですから、親に理解してもらわなければ、継続的に良質な環境や自己肯定感を与えることは難しいでしょう。

そして、大人になってからは、自分自身で自己を肯定したり、周囲に理解を求めたり出来るように導いてやるのも、やっぱり親なのです。これでは、全く親は肩の荷が重く大変なのではないかと思いますし、親だけでは限界があると思います。

一日も早くギフテッドのお子さんに特化した教育の場が充実するように願うばかりです。もちろん、発達障害への教育の場も更なる充実を願っています。


科学技術館にはミニ四駆も展示されていて、roboは驚いていました😆
e0365597_23515133.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by robo223 | 2017-04-15 07:32 | Comments(0)