一つ家族で決めたこと

一つ家族で話し合って決めたことがあります。

それは、中学校ではroboの障害のことを先生方以外には、カミングアウトしないということです。

これは、私達にとっては勇気のいる決断でした。今までroboはハンディキャップがあることが前提で学校生活を送っていましたから、多少のことは大目に見てもらえていました。

ところが、カミングアウトしないとなると、基本的には大目に見てもらえないということになるのです。それは、一つの挑戦です。本当は高校生くらいからカミングアウトなしでいくのがいい、と思っていましたが、中高一貫校なので、それはできません。

そして、家族ではそう話し合っていましたが、一応先生にも相談してみようと思っていました。

それで、面談で家族の意向を伝えてみたところ、先生も同じ考えでした。むしろ、私達家族以上に何も他の生徒には言わずに「違いを受け入れる」という指導方針でやっていきたい、と言ってくださいました。

私が「もし、トラブルがあって、どうしようもない時は、感覚が他の人より過敏なんだということを伝えて下さっていいです。」と言ったところ、それも特には伝えずに、個性として自然に皆が受け入れられるように指導したい!とおっしゃっていました。

面談して下さった若い担任の先生も、ベテランの先生もそろってそうおっしゃっるので、それが学校の方針なのでしょうし、私も今後はroboに成長をもっと促していきたいので、先生方におまかせすることにしました。

つまり、学校の対応としては、roboの特性をふまえた上で、あくまでもそれは個性として生徒達が受け止めるように促し、先生方がさりげなくフォローしながらやっていく、ということでした。

それはありがたいことなのですが、正直ドキドキです💔💦

ベテランの先生がおっしゃっるには、すでにroboの発言が変わっているので、何だろう?という表情を他の生徒さん達が見せる場面もあるそうです(ずっと、どこでもそうでした😔)が、他の生徒さんにもそれぞれ変わったところがあるから、皆同じだということです。

そして、担任の先生によると、今はroboの違った方向からの発言がむしろ面白い!と捉える雰囲気なのだそうです(ずっと、どこでもそうでした😵)。

今後、どのような展開になるかは分かりませんが、しばらくは、様子を見て、また、方針を考えていきたいと思っています😅


以前、ロボフェスで見たロボット・スーツです✨実際に装着できるそうです😄
e0365597_21023384.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます。ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけるとありがたいです🍀
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by mashiro507 at 2017-04-10 08:50
おはようございます😊

大きな挑戦ですね~!
私も想像するだけで少し胃がキリキリ痛みます😅

でも私も行く末に望んでいるのは、息子の全てを『こういう人』『こんな所が面白いよね』と受け止めてもらえる環境に持っていけるようなソーシャルスキルを身につけることです。
でもまだまだ先の話と思ってたので、早速の試みに凄いなぁ!と思いました。

先生、学校のフォローは大きいですよね。
そしてすでに『面白い』と捉え始めてると聞いて、先生、ありがとう!!って気持ちになりました☺️
Commented by robo223 at 2017-04-10 10:22
マシロさんへ

コメントありがとうございます。

私もカミングアウトなしはまだ早いかな、と思って迷いました。しばらく様子を見て厳しそうだったら、やはり、カミングアウトしようかなと思っています。

でも、本来なら先生方がおっしゃるように、世の中には色々な人がいるから、その人の特性は「その人らしさ」と捉えられるようになれればいいですよね。

と言っても、現実は厳しいので、「roboがどこまで頑張れるのか」と「先生方のサポート」に掛かっていると思います。ホント、いつも綱渡り状態です💦
Commented by alovingrabbit77 at 2017-04-10 13:41
こういう考え方、大事ですね^^
先生方は、今までもこうした生徒を扱ってこられた経験がおありなのでしょうか。いろいろ勉強されているような感じを受けますね。

わたしも先日職場の新職研修のお手伝いに入らせていただいて、一つのグループ(5名)を3日間見続けてきたのですが、その中に一人、どうも発達障害ではないかと思える方がいました。周りもとっても優しいのですが、時々彼の発言に対して「あれ?」という戸惑いの表情が見えました。

彼の生い立ちなどを聞く機会があり、わたしの中でほぼそうに違いないと分かったので、途中から対応に工夫して、皆で彼の良いところを見つけるような流れを作れたことは、わたし自身とても嬉しく感じました。
きっと先生方も、そのように配慮くださるのでしょうね。

なんだかあったかいお話を聞けて、良かったです^^
Commented by robo223 at 2017-04-10 15:09
yuKoさんへ

コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、先生方は数年前、こういう生徒に対応した経験がおありで、その時も、発達障害の特性は告げず、まさに「良いところに目を向ける」方法で対応されたそうです。

しかし、「良いところに目を向ける」と言っても、それを上回る奇異なところも多いので、なかなか難しいですよね。

そんな中、先生方がチャレンジして下さるとおっしゃいますし、yukoさんやその職場の方々のように理解してさりげなくフォローして下さる雰囲気があるというお話をうかがえて、とても心強く感じます。

違いを受け入れて、お互いを尊重するという考え方が世の中に広まれば、誰にとっても生きやすい社会になっていくんですよね。
Commented by suzu62taha88 at 2017-04-11 00:53
先生方のフォローでなんとかなりますよね。
告知しないほうがいいのだと思います。
先入観でみられて、有る事無い事、その子のせいにされても困りますし。
それは極端なお話ですが、やはり先入観を持たれてみられるのは誤解を招き兼ねませんからね。
Commented by robo223 at 2017-04-11 08:00
ふぅ君ママさんへ

コメントありがとうございます。

確かに中学生にもなれば、色々わかってくるので、先入観を持たれることもあるかもしれませんね。

先生方がフォローして下さって、うまくいけば、それが1番ありがたいことです。先生方から、そう提案していただけて良かったです。

by robo223 | 2017-04-10 07:57 | Comments(6)