敵10人味方10人の母

roboは今週卒業式を迎えます。ですから、今は学校でお別れイベントとしてクラスや学年でレクリエーションをする時間が多いそうです。roboは「今日はフルーツバスケットをやって、僕が鬼になった時、マインクラフトをやってる人!って言ったら7人くらい席を変わってたよ。」と言ったり、「今日はドッヂボールをして、僕が投げたら相手チームに取られちゃったよ。」などと言っていました。

ところで、roboは球技が大の苦手なので、そもそもドッヂボールをしていて、ボールを取ることができたことじたいが不思議なことだと思い、「robo、ボールを取れたの?」と聞いてみました。すると、あり得ないことに、「ううん。全然取れないから、僕にも投げさせて~って頼んだら、友達が僕にくれたんだ😌」と言っています😱😱💦つまり、roboは自分で取ったわけでもないボールを投げて、しかも敵に取られてしまったということになります😫😫💨

はっきり言って、こんなことをしていては大ヒンシュクです😣元気な子が「そうだよ。roboにも投げさせてやれよ!」なんて言ってくれたらしいのですが、こんな甘えがいつまでも通用するわけありません。私はroboに「ドッヂボールは自分でボールを取った人が投げるものだから、これからは絶対にボールをもらって投げたりしちゃダメだよ😡」と当たり前のことを教えておきました😔

しかし、こういう端から見ると驚くような自己主張が出来てしまうのは、私と同じだなと思ってしまいます😢昨日の記事に書きました通り、私も普通では言えないようなことを平気で言ってしまうところがあるのです。

退職してしまった職場の上司にも「あなたは敵10人味方10人ですね。」と言われ、へぇ~そんなに敵がいるんだぁ、なんて思ったことがありました。確かに私は何か自分に主張したいことがあると、それを主張することで、自分がどう思われるかなんてほとんど考えていないという恐ろしい現実があるのです。それでも、この上司からは退職して7年も経つのにいまだに「君、そろそろ復帰したらどーだい?」なんて、電話が来るので「捨てる神あれば、拾う神あり」の状態なのだと思います。(よっぽど人材不足なのか💦)

本来、全ての人が同じ考えでいることなんて不可能だし、全ての人に良く思ってもらうことはできないし、必要もないと思います。そして、自己主張できずに、困る方も多いと思うのですが、roboの場合はやはり私から見ても、あまりにも自分本位な発言が多すぎるなと思います。

roboに「そういうのを、自己中心的と言うのよ!」と言ったら、「あ~、友達に『自己中』って言われたことある!」と言っていました。私もroboのことは言える立場ではないのですが、やはり、roboの今後のことを考えると、もっと自分を抑えるということを教えていかなければ、とつくづく感じましたemoticon-0107-sweating.gif

roboが2年生の時、落ち葉で描いたティラノサウルスです。
e0365597_15223878.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by alovingrabbit77 at 2017-03-16 11:46
わかります、わかります。。。
うちも、息子が友人宅に行って常識外のことをしてくるので、それも自分がどうしてもそれが欲しいとかやりたいとか思うと、もう何を言っても聞かないから、どうなっちゃうのかと思ってました。

でも、男の子たちの関係ってさっぱりしてるから、まだ大丈夫だと思いますよ(´▽`*)
障害のない甥っ子たち見てても、「そこ、それで許せるんだ!?」っていう友人付き合いがあったりして、男の子たちのちょっとバカな可愛さが憎めないのって、こういう優しさを含んでるからなのかな~って思いますもの(笑)

今の息子を見てると、付き合いがうまく出来ない相手と、とても上手く付き合える相手とはっきりしてるようで、ちゃんと自分なりに仲良くなれる人を見つけてきてる様子を見ると、まあなんとかなるかなと思っています。
もちろん、roboさんと一緒で、間違いを見つけたら、いちを説明するようにはしてますけどね。どこまで理解してくれているものか。。。(^^;

社会に出たら、人間関係とか働き方もちゃんと話を聞きながら、その時に少しずつ教えていこうと思っているところです。
Commented by robo223 at 2017-03-16 12:22
yukoさんへ

コメントありがとうございます。
息子さんも同じようなところがあるとうかがって、安心しました。しかも、高校生でちゃんと仲良くできる友人を見つけることができているなんて希望が湧いてきました!

確かに、女の子の世界では許されないことでも、男の子の世界ではお互いのんきにやっていて許されてしまうようなところがありますね。roboが男の子でホント良かったです!

しかし、この親ありてこの子あり的な自己中で心配は多いので、おっしゃる通り、社会に出て職場でどのようにしていったらいいのかも、行く行くは入れていかなければなりませんね。
by robo223 | 2017-03-16 09:07 | Comments(2)