「ほっ」と。キャンペーン

英語がちょっと話せるrobo

roboがまだ10か月の頃から、早期教育英語教材を購入して使っていました。理由は、英語のヒヤリングができるようになると、将来楽かなぁと思ったからです。だいたい中学校くらいまでの英語を学べば簡単な日常会話くらいはできますが、聴き取りに困ることが多いと思ったからです。日本語より英語の方が発音する音の数が多くて、子供のうちにその音を聴いている方が耳に入りやすいということです。

また、その教材のキャラクターが世界中で人気のある可愛いもので、絵や色が美しくて私自身がその教材を気に入ってしまったということもありました。

それで、10か月頃からその教材のDVDを見せたり、遊ばせたりしていました。roboはすっかり気に入ってしまって、何度も何度もDVDや音の出るパッドで遊んだりしているうちに、2才くらいには片言ですが、日本語と同じくらい英語もしゃべるようになっていました。何度も気に入ったDVDを観るのは、自閉症スペクトラムの子の特性のせいかもしれません💿💦

通っていた保育園ではネイティブの先生による英会話の時間がありましたが、その先生が「roboは英語が話せる!」と言っていたそうです。また、聴覚過敏のせいで、普段も「Be quiet!」と言ったりしていたそうです。半信半疑で始めた英語早期教育でしたが、どうやら効果があったようなので、他の幼児用DVDも英語で見せたりしていました。

しかし、発達障害があることがわかり、英語よりもまずは日本語の方が大事だろうと思い、英語に力を入れるのはやめてしまいました。ただ、roboは早期教育用のDVDやおもちゃ、絵本などをその後も気に入っていて毎日ではありませんが、結構な頻度で小さい頃は使っていました。今でも時々、この教材のCDを聴きながら、絵本をめくったりしているくらいです。それに、英語でパソコンの動画を時々観ることもあります。

そのせいか、小学校の英語活動の授業の時に、「いい発音で英語を話しています。」と先生によく言われていました。どんな野菜が好きですか?と聞かれて、即座に「I don't live anything!」と言ったそうです。それに、いつの間にか、その教材にはない英語の単語をたくさん知っていますし、まだ教えていないのに、少しならすでに英語を読むこともできます。

中学からは本格的に英語が始まるので、その導入としてはこの教材を使っていて、良かったのかなと思っています📕

しかし、また、スペルのミスやピリオドの書き忘れなどが発生して困ることが今から予測できてしまいますemoticon-0107-sweating.gif
e0365597_15584794.jpg

いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by suzu62taha88 at 2017-02-11 19:17
フランスにいた姪が一年でフランス語を話せるようになっていました。
机上の勉強よりも見て聞いての体験することが外国語を話す1番のアプローチだと思います。
f も動画やビデオや歌など、日本語を話す前からずっと接して来ました。
f が、習ったこともないことも知っているって不思議ですが、小さい頃に接して来たことが要因だと思います。
個人的に、フォニックスもいいと思います。

素敵な姉妹愛に癒されました。
robo君ママさんも優秀でしょうに、さらにとは、素晴らしいですね。
Commented by robo223 at 2017-02-11 19:55
ふぅ君ママさんへ

コメントありがとうございます。
ふぅ君も小さい頃、英語の動画や音楽に触れていたんですね。フランス語を習得された姪っ子さんもそうですが、見て触れての方が、やはり机上の勉強より楽しくて身に付きやすいんですね。フォニックスもいいんですね。

姉とは性格が真逆ですが、考え方が似ていたりして気が合います。癒やされる…なんて、ありがとうございます。
by robo223 | 2017-02-11 09:15 | Comments(2)