M学院のある街

roboが通うことになったM学院は東京の学校ですが、横浜の自宅近くの駅から乗り換えなく電車一本で通えますし、最寄り駅から歩いて5分くらいのところにあります。どうして初めからこの学校を志望校に入れていなかったのか不思議なくらいです。

私はroboが電車通学に慣れるまでは送り迎えするつもりなんですが、M学院は以前から私の好きだった街にあるのが嬉しいことです。駅前には、本が読み放題の素敵なカフェがあったり、アンティークや北欧家具の店かたくさんあります。

また、私には最も好きな美術館が3つあるのですが、その一つがこの街にあるのですから、嬉しい限りです。ちなみに、他の二つは世田谷美術家と京都の何必館(「かひつかん」と読み、意味は「なんぞかならずしも」)です。いずれも、規模が大き過ぎず、その美術館特有の個性が感じられるものです。その中でも特に好きな、歴史的建造物を利用した美術館がこの街にあるので、何となく気分がウキウキします。

ところで、私は歴史的建造物が大好きで、自宅のある街にも白亜の歴史的建造物があります。そこには、小さなコンサート会場があり、毎週セミプロの方のリサイタルがあったり、ぐるりと回廊になった展覧会場があり、それはまさにギャラリーです。そして、その建物を含む広い公園が街の雰囲気を作り出していることが気に入って、この街に住みました。いい季節には観光客もたくさん訪れます。

さて、roboの学校ですが、中高一貫校でほとんどの子が大学受験をして大学に進学するということです。高校生になると理系文系国立私立など、選択科目制で授業を行いますが、生徒数が多くないため、各教室が個別指導なみになるので、進学率が高いのではないかというお話しでした。実行力の低いroboにはありがたいことです。また、今後私がroboに受けさせたいと思っている英検や数検も学校で実施しているようなので、学習の環境はなかなか良さそうです。もちろん本人次第ですが💧

roboはパンフレットを見て、スキー教室があることに気付いて、喜んでいましたので、私も嬉しくなりました❄それにしても、物事はあるべき方向に自然と流れていくものなのだな、と改めて感じさせられました😌

そして、今回大変な思いをして、なぜか村上春樹さんのエッセイ「村上ラヂオ2」の中に書かれていたエピソードを思い出しました。昔の地下鉄銀座線が駅に停車する直前に必ずばたっと照明が消えたことから、「そうだ、人が目的地に着く直前には常に深い闇が訪れるんだ」と一人で勝手に省察した、と書かれていました。確かにそんなこともあるかもしれませんね。

1723のロゴ入りフェルトケースは、私がSeriaの材料で作った電子辞書ケースです。ご覧いただき、ありがとうございます。
e0365597_18523142.jpg


いつもブログにご訪問いただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by robo223 at 2017-02-05 13:44
ふぅ君ママさんへ

情報をありがとうございます。M学院は中学からの入学者と高校からの入学者はほとんど別扱いで、校舎まで違うので、「中学からはいい…」とおっしゃったのかもしれません。

穏やかに6年間過ごせるといいなと思っています。制服の採寸などこれから忙しくなりそうです。
Commented at 2017-02-05 15:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo223 at 2017-02-05 22:36
鍵コメさんへ

全然大丈夫です。わざわざご配慮ありがとうございます。
Commented by payoung at 2017-02-05 23:38
合格おめでとうございます!
息子さんもお母さんも、ひとまずお疲れ様でした!
どうか、充実した学校生活が送れますように。
Commented by robo223 at 2017-02-06 07:17
payoungさんへ

コメントありがとうございます。
本当にroboが充実した学校生活が送れるといいなと思っています。4月からが楽しみです。
by robo223 | 2017-02-05 08:52 | Comments(5)