「ほっ」と。キャンペーン

卒業記念発表会

先週、roboの学校では6年生が卒業を記念して、各クラスが出し物を体育館で発表しました。どんな出し物をするかは、当日までは内緒だったので、何を披露するかは知りませんでした。

でも、今テレビで放映している「スーパーサラリーマン佐江内氏(さえないし)」のエンディングのダンスをすることだけはわかっていました。なぜなら、自主練習をするように言われているらしく、roboが家でYou-tubeの動画を観ながら、一人で練習していたからですemoticon-0170-ninja.gifしかも、ちゃんと振り付けを覚えていない子は、リーダーの女の子に休み時間返上で個人指導を受けるらしく、roboを含めた数人の男の子が教えてもらっているのだと、楽しそうに言っていたからです。女の子はしっかりしていて、ドンくさいroboを見捨てずに指導してくれたようです。

練習のかいあってか、roboのクラスのフィナーレに踊った「佐江内(さえない)ダンス」は見事に決まっていましたemoticon-0136-giggle.gif

それから、舞台で劇もやったのですが、roboは大きな声で堂々とセリフを言うこともできていました🙆roboを保育園の時から知っているママは、とても驚いた様子で「robo君、あんなにはっきり大きな声でセリフが言えるんだねぇ!」と言っていました。

過去記事から読んで下さっている方はご存知だと思うのですが、保育園の頃のroboは同い年の子とほとんど同じことはできませんでした。だから、そのママは6年前、保育園のお遊戯会で大泣きをして何もできず、演目を台無しにしてしまったroboを見て以来、久しぶりにroboを舞台で見たので、驚いたようなのでした😅

すっかり、昔のことを忘れていた私は、そのママの驚いてまん丸になった目を見て、6年前のことを思い出しました。当時のroboは同じ空間に私がいるのに、私と一緒にいられないと大泣きをして、いつも「お母さーん!お母さーん!」と叫ぶので、自分が舞台にいて、私が観客席にいることが耐えられなかったようです。

これは、一種のこだわりなのだそうです。もちろん今はずいぶん解消していますが、それでも、私へのこだわりはまだ残っているので、徐々にこだわりを崩していかなければ、と思っています。

しかし、当たり前のことではあっても、6年前のroboの様子と比較すると、まるで別人のような発表態度だったと言えます。毎日毎日が必死で、あっという間の6年間でしたが、roboが力強く成長してくれていたことに気付かせてもうことができました。

鉄瓶は京都で、萩焼は鎌倉で買いました👛
e0365597_17174635.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
# by robo223 | 2017-02-28 08:51 | Comments(2)

ピアノの練習を再開!

roboは5才の時からピアノを習っています。手先が不器用なので、曲を弾きこなせるようになるまでとても時間がかかりますが、音感がいいし手が大きいので、楽器はそこそこ向いている方だと思います🎹

もしできれば、本格的に練習させてピティナなどのコンクールに出場させてみたいとチラッと思ったこともありますが、本人に聞くと、ピアノは本格的にやりたくないというのであきらめました。それに、ピアノより力を入れなければならないことが、roboの場合は多くて、実際コンクールへの出場などは無理だったと思います。

それでも、せっかくなので細く長く練習を続けさせて、大人になっても趣味や気分転換に演奏できるようになればいいなと思っています。また、「芸は身を助く」というので、何かの役に立つかもしれませんemoticon-0100-smile.gif

ところで、roboは中学受験をして、年末年始は忙しかったので、思い切って、この3か月くらいはレッスンをお休みしていましたが、昨日から久しぶりに家での練習を再開しました。emoticon-0159-music.gif全然弾けなくなっていたらどうしようとドキドキして練習に臨みましたが、意外とブランクを感じさせないくらい弾けていたので、安心しました。

しかし、roboは受験準備のための長期休みに入る直前、4冊使っている楽譜のうち2冊が新しいものに進んでしまって、かなり難しくなっているので、ほんの少し進めるだけで、2人共ヘトヘトです。2冊のうち、1冊目のソナチネがソナタに進んだのはまだいいのですが、2冊目のバッハの練習曲がインヴェンションからシンフォニアに進んだのが痛手でしたemoticon-0107-sweating.gif

普通のピアノ曲は右手がメロディーで左手が伴奏のことがほとんどなのですが、バッハの曲は両手がメロディーなので難しいです。そして、メロディーが2つのインヴェンションでさえややこしいのに、シンフォニアはメロディーが3つや4つになるので、ややこしさマックスで、弾いていて頭はこんがらがるし、手はつりそうになります。

roboにはソナタも難しいし、シンフォニアはあり得ないくらい難しいです。私も練習に付き合っていて、頭痛がしてきたくらいです。しかし、将来、名曲をきれいに演奏するには、基礎がやはり大事だと思うので、永遠に時間はかかりそうですが、いつかはこの2冊を突破させたいと思ってはいます。

シンフォニアの次の平均律はさほどややこしくないようですし、ソナタが終わると、「バイエル→ブルグミュラー→ソナチネ→ソナタ」と続いて来た練習曲は終わりになって、いよいよ名曲を練習する日々になっていきますから、それが、すごーく楽しみですemoticon-0159-music.gifこれからも、Y音楽教室の親切なF先生にお世話になっていきたいと思います。

e0365597_20183917.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-02-27 08:43 | Comments(2)

新車を購入!

我が家の車はもうすでに10年も乗っていて、カーナビの情報は古いし、車検もしょっちゅうだし、ガタが来ているところもあちこちあるようです。それで、今回roboが中学生になることを記念する意味もあって、新車を購入することになりましたemoticon-0157-sun.gif

と言っても、庶民的なファミリーカーを買うだけのことなので、自慢する程のことではありません。ただ、私の要望で、中が広々した車がいいとか、スライドドアがいいとかいうのは、叶えてくれましたし、色も大人っぽく黒がいい(汚れが目立つのに!)といったことも叶えられました。ちなみに、私が運転するなら小さい車がいいのですが、主人しか運転しないので、ゆったりした車を選ぶことができました🚙(家族3人しかいないのに、6人乗り)

roboの方は新車ならなんでも嬉しいようで、「やったー!人生初の新車だー!最近いいことばっかりだなぁ。」と言っています。

しかし、実はroboにとって今回は、人生初ではなく、2回目なのです。前回、新車を購入した時は、まだroboが1才半だったので、覚えていないのです。

ところで、前回車を買うきっかけになったのは、事故で以前乗っていた紺色の車が廃車になってしまったからなのです😱💦

roboが1才半の時、紺色の車に乗って家族で箱根旅行に行きました。箱根湯本のあたりで渋滞していて、止まっていたのに、後ろの車から突然追突されて、紺色の車の後部がぐしゃっとつぶれてしまいました。幸い主人と私は軽いむち打ちになっただけだし、赤ちゃんにはむち打ちがないそうなので、roboは何ともありませんでした。

後ろから追突してきた黒い車の運転手は若い男性で、つとめている会社の女性社長を助手席に乗せていました。その中年の女性社長の犬も同乗していて、その犬の動きに注意を奪われて、前の車(私達)が止まっているのに気付かず、アクセルを踏んでしまったのだそうです。

運の悪いことに、その日は雨が降っていたので、つぶれてしまった後部に積んだ荷物はびしょぬれで、宿に着いた時は9時過ぎになっていましたemoticon-0107-sweating.gif

おまけに、その若い男性社員は保険に入っていなくて、弁償金などの交渉が難しく、結局、女性社長が弁償金を支払いましたが、充分なものではありませんでした。

それにしても、あの若い男性社員と中年の女性社長(結構きれい)はどういう関係にあったんだろう、とゴシップ的な想像をしてしまいます。だって、社長の犬を連れて、箱根に向かうなんてプライベートな旅行ですよね😜

まぁ、過去にはそんなこともありましたが、roboは4月の中旬に届くという新車をウキウキしながら待っていますemoticon-0100-smile.gif


キャス・キッドソンのマグカップには、たっぷり飲み物が入ります☕
e0365597_21431287.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-02-26 08:46 | Comments(0)

偶然ではないこと

以前の記事でroboがY君というクラスメートに対して接触過敏を起こして、学校に行くのが気が重いとまで言っていたという話を書きました。

その後、roboはずいぶん我慢をしていたようなのですが、やはり、耐えられないと私に訴えてきました。それで、「じゃあ、お母さんが先生に頼んでみるよ。」と言うと安心した様子でした。

しかし、いつもなら、私が「自分で先生に相談するように。」と言えば、自分で先生に相談できるroboなのに、今回はなぜ自分では相談できなかったのか不思議に思い、そのことをroboに聞いてみると、「だって、僕もY君を差別しているのは悪いと思うから。」と言っていました。Y君が決して悪気ではないし、優しい子だということをroboもわかっているのです。

他の子に対しては、拒否反応は示していないのに、接触の頻度が高いY君にだけ、拒否反応を示しているのは確かなので、roboが良心の呵責にさいなまれる気持ちは私にもわかりました。

それで、昨日の朝、学校に行って私から担任の先生に事情を話し、介入していただいたところ、roboは安心して1日過ごすことができたようです。

ところで、この人なつっこいY君は打てば響くような機敏な反応を示すとてもユニークな才能あふれる男の子です。絵がとてもうまくて、風景を描く絵のコンクールでは大賞を取っています。しかも、ただうまいだけでなく、独特の世界観のある絵を描きます。

以前、スポーツのギフテッド(タレンテッド?)と思われるS君とのトラブルの話を書きましたが、このY君も芸術のギフテッド(タレンテッド?)かと思われます。私はたまたまこの善良で才能あふれる2人の男の子のことを記事にし、はたと気付いたのですが、これは偶然ではなかったのだと。

私がわざわざ記事に書こうと思うほど、行動面にインパクトがあり本人も持て余すほどのエネルギーに満ちあふれた2人なのだと思います。色々なお子さんとの出会いがありましたが、これほどまでに光るものを感じさせる子はなかなかいません。将来が楽しみなお子さん達ですから、日本の教育がこのようなお子さん達の才能を思う存分発揮できるように導いてくれることを願うばかりです。

信楽焼の急須はとても使いやすいです。
e0365597_10043997.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-02-25 08:27 | Comments(0)

roboの誕生日

昨日、2月23日はroboの12才の誕生日でした。人気ブログ「キラキラのある日々」の記事に、2月23日は「富士山の日」として静岡県の学校はお休みなのだと書かれていていて、なんだか嬉しくなってしまいました😆yukoさん、ありがとうございます。なんと縁起のいい日にroboは生まれたことでしょう。富士山にあやかってroboの人生に幸福が訪れてくれるといいなと思います🗻

しかも、この日は日本の皇太子浩宮様の誕生日でもありますから、再来年からは天皇誕生日として日本中が国民の休日になるかもしれません。(現在、今上天皇の御退位について検討中なのでわかりませんが。)

ところで、roboは12才になったわけですが、やはり精神年齢的にはとても12才に達しているとは思えません。はっきり言って、2分の1の6才だって達していないかもしれませんemoticon-0107-sweating.gifよく発達障害の人の精神年齢は実年齢の3分の2から2分の1などと言いますし、2Eの人も発達のアンバランスがあるようなので、roboもそうなのだと思います。

40代でティーンエイジャーなみの精神年齢なんてことはよくあることのようです。でも、精神年齢が低いことは悪いことばかりではないかもしれません。いくつになっても、何かに目を輝かして取り組めたり、常識にとらわれない発想ができたりする場合もあるかもしれません。だから、私はこれから、そういうroboのいい面は大事にしながら、生きていく中で必要なことはきちんと学ばせたり教えていったりしようと思っています。


roboは自分でイメージしたLEGOのロボットを誕生日までに完成させることにしていました。丁度注文していたパーツが昨日届いて、ギリギリ間に合いました!

これが昨日届いたパーツ達です。
e0365597_17053423.jpg


そして、これがroboなりに完成させた水陸両用ロボットです。ヤッターワンを再現したらしいです(笑)
e0365597_17440137.jpg


いつもブログを訪問していただき、ありがとうございます。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by robo223 | 2017-02-24 08:27 | Comments(0)